2008年03月01日

大神雄子選手がWNBA目指してる!(2007年度版)

いよいよ満を持して大神雄子選手がWNBAに挑戦します。

大神がWNBAに挑戦 バスケ女子日本の司令塔(中日新聞2月29日)
バスケットボール女子日本代表の司令塔、大神雄子(25)=JOMO=が米女子プロリーグのWNBAに挑戦することが29日、分かった。関係者によると、5月に開幕するシーズンを目指して渡米し、昨季のリーグ覇者のフェニックス・マーキュリーなどの入団テストを受ける。ことしの全日本総合選手権でフェニックスの監督らが視察に訪れた。合格すれば、1997年から2季プレーした萩原美樹子以来2人目のWNBA日本選手になる。以前から「競技するうえで最大の目標」とWNBA入りを熱望した大神は昨秋、日本女子で初めて日本協会にプロ選手登録した。JOMOは米挑戦の際に2重契約とならないよう、契約の見直しや全面的な支援を約束した。抜群の得点力と機動力を誇る大神は、愛知の桜花学園高から2001年にジャパンエナジー(現JOMO)に入り、04年アテネ五輪に出場した。

入団テストを経てという事なので、まずは合格する事が絶対条件です。向うの一流どころとは、サイズでは見劣りするかもしれませんが、スピードと技術で勝負するポジションなので、どうにかなるとは思います。いや、どうにかして下さい。世界で最も熱いリーグ、WJBLの代表として。でっかいプレーで本場のバスケファンを魅了して下さい。


関連記事
大神雄子選手がWNBA目指してる!(2006年5月4日)

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

Wリーグファイナル第五戦

080228_205409.jpg●JOMO 65-84 富士通○

富士通レッドウェーブがファイナル初制覇!
優勝おめでとうございます!


委細は後日記載致します。


続きを読む
posted by 雷庵博人 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

Wリーグプレーオフ第四戦

080224_130802.jpg今日も白熱した好ゲーム!
試合終了
●富士通 58-86JOMO ○

1Q 19-21
2Q 9-22
3Q 17-22
4Q 13-23

ひまわり娘は気持ちが強い。

観戦レポートは明日書きます。今夜は少し飲ませて。
なので一言だけこの試合は本当に面白かった!

40分間誰も諦めない、40分間誰も手を抜かない、40分間必至に走ってボールを追いかけまわす。

当たり前だけど、当たり前ができないスポーツ選手のほうが実は多かったりする。

なのでこの試合を現場で見たのは本当に幸運。
選手の皆さん、ありがとうございました!

まさか勝てるとは思わなかったw

2月28日に行われる第五戦、見逃す手はないです。
年度末で大変だとは思いますが、首都圏在住のスポーツファンの方は必見ですよ。絶対に損はしないはずですので。


続きを読む
posted by 雷庵博人 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

Wリーグファイナル第三戦

080224_142728.jpg試合終了
●JOMO 55 78 富士通○

1Q 9ー13
2Q 15ー16
3Q 11ー17
4Q 20ー32



参考資料
ゲームレポート(WJBL)
ボッスクスコア(WJBL)
大山妙子blog

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 15:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

富士通がオールジャパン三連覇

080113_145930.jpg教育テレビをご覧の皆さん。女子バスケは面白いんです!

試合終了
●JOMO 70-80 富士通○

1Q21-20
2Q19-16
3Q16-20
4Q24-14

今日は富士通の矢野良子祭。一人で35得点ではJOMOは打つ手なし。
続きを読む
posted by 雷庵博人 at 17:33| Comment(2) | TrackBack(1) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

●日立ハイテクーJOMO○

071111_164504.jpgJOMO山田久美子選手(192p118kg)のフリースロー


試合終了
●ハイテク 69−87 JOMO○
1Q 19−30
2Q 23−21
3Q 11−21
4Q 16−15

ハイテクが良く粘った試合も自力の差は歴然。後半はJOMOの独壇場。ハイテク今シリーズいまだ勝ち星なし。JOMOは首位固めに成功。2Q内海娘がブザービーターでスリーポイントを決めたのが印象的。これでハイテクの反撃意欲が延滞した。

ボックススコア
続きを読む
posted by 雷庵博人 at 16:51| Comment(10) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

●トヨタ自動車ー日本航空○

071111_142313.jpg


試合終了
●トヨタ 52-67 JAL○
1Q 12-14
2Q  8-15
3Q 17-20
4Q 15-18

JALがきっちり守って、トヨタの得点を許さず。

ボックススコア
続きを読む
posted by 雷庵博人 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

女子バスケ人気の起爆剤になるか

この手のスポ根ドラマは上戸彩が独占していたわけですが、「跳べ!ラビッツ」は石原さとみ(157センチ)が主役。ということは、当然ポジションはポイントガードなんですよね?

さとみバスケ選手に!実在のチームで“新スチュワーデス物語”(サンケイスポーツ7月19日)
さとみが新世紀の“スチュワーデス物語”に挑む! 女優の石原さとみ(20)=写真=が、来年初夏公開の映画「フライング☆ガールズ」(仮題、瀬々敬久監督)に主演することが18日、分かった。実在する日本航空のバスケットボールチーム「JALラビッツ」をもとに、恋に仕事に生きる現代のキャビンアテンダントの姿を描いた青春コメディー。バスケシーンは臨場感たっぷりで、本物のバスケ選手との対決シーンも見どころだ。映画のもとになったのは、大ヒットドラマ「スチュワーデス物語」の作者である深田祐介氏が、現役キャビンアテンダント(CA)でありながらアテネ五輪出場を果たした「JALラビッツ」の選手たちに迫った小説「翔べ!ラビッツ」(文芸春秋社)。“新世紀スチュワーデス物語”と銘打たれた作品で、映画はこれらの選手たちが引退したラビッツの数年後を描いた物語だ。


ちなみに「JUMP!GIRL」(仮)ではエキストラを大募集中です。

それにしても、バスケ選手でスッチーでオリンピック代表ってのはもう、漫画の主人公の世界。それを成し遂げたんだからナツさん(薮内夏美さん)カナさん(矢代直美選手)は凄いの一言。

そうそう女子バスケの世界では、宝塚歌劇団のように選手を「コードネーム」で呼ぶのが慣例になっています。

主人公のコードネームは何て名前になるんでしょうかねぇ。


続きを読む
posted by 雷庵博人 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

永田さん三木さんが引退

両選手とも本当にお疲れ様でした。
委細は4月23日以降に書きます。

永田&三木が引退を表明!(シャンソンVマジック公式サイト)
2007年4月19日、シャンソン化粧品静岡本社にて行われた「引退セレモニー」で、シャンソンの栄光の歴史を築いてきた、永田睦子(30)と三木聖美(28)の両選手が現役を引退することを明らかにした。(中略)永田選手は「12年間、温かい人たちに囲まれて、シャンソンでプレーできたこと、本当に幸せに思います。ありがとうございました」三木選手は「18歳で入社して10年間、この歴史あるチームで、自分自身本当に成長させてもらったと思っています。皆さんの応援に後押しされて、ここまで頑張って来られました。ありがとうございました」とあいさつし、笑顔で会場を去った。


シャンソン永田、三木が引退(静岡日刊スポーツ4月22日) 
Wリーグ・シャンソン化粧品を長年支えた永田睦子(30)三木聖美(28)が、現役引退する。21日までにチームのホームページで表明した。永田は94年に純心女高から入団。五輪2大会出場、昨季まで10年連続リーグベスト5など、シャンソンのみならず日本のエースとして活躍した。三木は96年に名古屋短大付から入団。ベスト5を2度、フリースロー賞1度獲得するなど、ガードとしてチームをけん引した。永田は入団2年目の95年に新人王、ベスト5を獲得。97年からは10季連続でベスト5に選ばれるなど、99年に10連覇を達成したシャンソンの大黒柱として活躍を続けた。99年のWリーグ開幕後は6季連続の得点王。強靱(きょうじん)な体を生かした得点力は日本代表としても際立っており、アトランタ、アテネの両五輪に出場した。昨季終了時に引退を示唆し、10日には北京五輪予選を控える日本代表候補を辞退していた。正確なプレーが持ち味の三木は、98年にフリースロー賞に輝き、98、99年にはリーグベスト5。00年にはアジア大会日本代表として金メダルを獲得した。今年1月には結婚し、シャンソン初の既婚選手となっていた。両選手とも近年は故障と戦っていたが、最後までレギュラーの座をキープ。勝利への執念は、若手の手本だった。

シャンソンVマジッ娘(中の人が永田睦子さん)

シャンソンVマジッ娘@blog(中の人永田睦子さん)


続きを読む
posted by 雷庵博人 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

日本バスケ界に夜明けが来るのか

最悪、俺たち在野のバスケファンがどうにかしないといけないだろう。少なくても「今のバスケ協会」に不平不満がある人々を全力で支援する受け皿を作らないと。

無論、大半のバスケファンは「今のバスケ協会」に不平不満がるという前提でネタを書いていますが何か?

大変ためになるサイトの数々【バスケ好き達よ!】改革運動スレ【立ち上がれ!】
石川武専務理事の退陣を求めるスレ
日本バスケットボール界のまとめ

みんなでこのブロガーさんに声のお守りを!
日本中のバスケ好きよ!力を貸してくれ!(追記あり)
バスケファンのみなさん、
連名で協会にNO!をつきつけませんか?

やわらかい表現になってしまいますが、
「私たちは、日本バスケットボール協会の
正常化を希望します」
「日本のバスケを腐らせないでください!」
という見出しの下に、
協力してくださるサイト、ブログを列記させてください。


続きを読む
posted by 雷庵博人 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(2) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

6連敗から3連勝、JOMOサンフラワーズが逆転優勝

06−07シーズンはまったくと言っていいほど女子バスケを見ませんでした。観戦できたのがオールジャパンの準決勝2試合だけ。Wリーグはレギュラーもセミファイナルもファイナルも見ていません。

01−02シーズンのファイナル以来、JOMOを見続けていますが、これほど試合を見ないシーズンは初めてですね。理由は2つあって、ひとつはセコムラガッツを優先して観戦したから。もうひとつは代々木第二体育館からアスベストが検出され改装工事で使用できなかった事。この二つです。特にファイナルが船橋ではなく代々木の二体だったら、確実に観戦したのですが・・・。うーんこういう引きの強さを含めて「スポーツ観戦の醍醐味」なのかもしれません。

試合を見ていないので、漠然とした感想しか言えないのですが

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

全日本総合バスケ準決勝(2)

○富士通レッドウェーブ96一76トヨタ自動車アンテロープ●

1Q 24ー22
2Q 19ー15
3Q 32ー17
4Q 21ー17

両チームともボールを動かし、スクリーンプレーでフリーの選手にシュートを打たせる美しいバスケ。点差程両チームの実力差はないと思いますが、3Qでシュートが尽く決まった富士通と、尽くリング嫌われたトヨタ自動車の勝負のアヤだと思いますが、富士通は見ていて負ける気がしませんでした。

富士通はどの選手もシュートスキルの高さを感じました。中川さんは凄いチームを作り上げました。


データはオールジャパン2007大会オフィシャルサイトを参考にしております。

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全日本総合バスケ準決勝(1)

2007-0106-1253.jpg○シャンソンVマジック84ー67JOMOサンフラワーズ●

1Q 22ー23
2Q 16一16
3Q 15ー19
4Q 14ー26

途中までは1点を争う好ゲームで「流石、クラシコ」と思いましたけどね。

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

ついにJOMOファンクラブ誕生へ!

JOMOサンフラワーズにオフィシャルファンクラブが誕生する!いやー、素晴らしいね。

ファンクラブ創設のお知らせ

詳しくはリンク先をご覧頂くとして、ディップオフキャンペーンのサンフラワーズの選手の背番号を会員番号に! ドラフト抽選でゲットしよう・「設立発起人会員(ティップオフ・パートナー)」の終身称号を入会者全員に進呈いたします!はファン心理をついたいい企画だと思います。通常の特典も個人3000円なら十分元は取れるでしょう。応援ツアー・練習見学・交流会・ホームゲームスタッフ等チームとファンの距離を縮める工夫がなされています。

柏近辺にお住まいの方は特にオススメじゃないでしょうか。


続きを読む
posted by 雷庵博人 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

大神雄子選手がWNBA目指してる!

大山妙子さんのブログで内海監督夫婦、大山さんと渡米していた事は確認済みなのですが、その目的がWNBAのトライアウトだとは夢にも思いませんでした。びっくりです!

大神がWNBA目指しキャンプ参加(日刊スポーツ5月3日)
アテネ五輪女子バスケットボール代表のPG大神雄子(23=ジャパンエナジー)が、WNBA入りを目指して2球団のキャンプに参加している。2日、山形大の監督で父の訓章氏が明らかにした。大神は4月22日に渡米して、昨季王者のサクラメント・モナークスのキャンプに参加。ジャパンエナジーの先輩、萩原美樹子さんが所属した同チームで高く評価された。今後はロサンゼルス・スパークスの練習にも加わる。スパークスは、NBAレーカーズのブライアントの父ジョー氏がbjリーグ東京アパッチとシーズンをずらして昨季最終戦から監督を務めており「スピードのある司令塔がほしい」と関心を寄せている。WNBAは今年9月に世界選手権があるため、例年より早く5月20日に開幕する。2人目の日本人WNBAプレーヤーが誕生するか注目だ。


続きを読む
posted by 雷庵博人 at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

Wリーグ入れ替え戦(2)

2006-0301-1632.jpg試合終了

○三菱電機 99ー76 アイシンAW●

テンポ良くパスを回した三菱電機が、江口のシュート、米林のスリーでアイシンAWを突き放す、アイシンAWは3Q後半から主力選手(浜口・島田・慶山)をベンチに下げ明日に供える。

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Wリーグ入れ替え戦

2006-0301-1501.jpg前半終了

三菱電機 49ー39 アイシンAW

三菱電機は2Qからディフェンスの立て直しに成功。0丸山がいい感じ。アイシンはファウルが多すぎる。

posted by 雷庵博人 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

富士通レッドウェーブが初優勝!

初優勝、おめでとうございます!
女子は富士通が初優勝/バスケット(日刊スポーツ1月8日)

富士通がシャンソン化粧品を逆転して51−49で競り勝ち、初優勝した。創部85年の富士通はWリーグでも優勝経験がなく、日本一のタイトルを初めて手にした。26−31で迎えた第3クオーターに3点シュートがよく決まって逆転すると、終盤は堅守で相手の反撃を封じ、逃げ切った。シャンソン化粧品は前半こそペースを握ったが、後半に入ると運動量が落ちてリズムを失い、最後まで立て直せなかった。


 テレビで観戦していました。あの客席の盛り上がりを見ると「現場で見たかったなぁ」と思いましたよ。
 前半はシャンソンペースでしたが、後半の第3クォーターで富士通がリバウンド・ルーズボールで互角に戦えるようになると、とたんにシャンソンの得点が下がり、富士通は効果的なスリーポイントが決まり始めました。

 NHKで解説の萩原美樹子さん、大山妙子さんとも控えめでいい解説でした。富士通の選手がフリーでシュートを立て続けに外すと萩原さんが
「(富士通の)中川監督が怒らないですね」
「フリーで外すと怒る監督さん」
と私情を交えていたのが微笑ましかったです。確かに、シャンソン化粧品で監督だった時は、もっと怒鳴り散らしていましたね。(JALのイムさんに蔵寝ればおとなしいですが)

 あと、シャンソン石川選手の突破を見て萩原さんが
「大山選手ならあれを止められるんですけど」
とJOMOの後輩で隣に座っている解説者を引き合いに出して、石川選手のすごさを解説されていました。

 富士通はフリーのシュートが決まっていればもっと楽に勝てたでしょう。しかし、チーム設立初タイトルですから普段の実力が発揮できないのかもしれません。

 やのりょうさん、まゆみさん、かおりさんの船引姉妹、三谷さん、そして意外なところでスリーを決めた畑さん、今さん。そして、見事に再起を図った中川監督、みなさんおめでとうございます。

 シャンソン化粧品は後半、永田さんのシュート以外で得点できなくなったのが敗因ですね。「困った時は永田頼み」は以前からの傾向でしたが、この試合ではそれが裏目になりましたね。

オールジャパン2006 女子決勝戦


続きを読む
posted by 雷庵博人 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

代々木第二体育館から


2005-1007-1923.jpg
○JOMO80ー72トヨタ自動車●
1Q15ー28 2Q20ー15 3Q21ー14 4Q24ー15
後半動きの止まったトヨタ自動車に対し、JOMOは大神を中心に川畑、内海、紺野のシュートで逆転。大きな一勝を掴んだ!しかし、後半たまちゃんがシンのスピードに付いて行けなかったのを見るのは辛かった。
posted by 雷庵博人 at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

スポーツ観戦の快楽に包まれ


2005-0909-2023.jpg凄い試合でした。JOMO伝統の「守って走る」バスケが蘇った!

○JOMO63ー48シャンソン●

帰宅後、2ちゃんねるのバスケ板やJOMOやWリーグのオフィシャル(特にボックススコア)を肴に一杯飲んでいるので、冷静な書き込みはできません。久しぶりに「ウマイ!」お酒さんを飲んでいます。

シン(JOMO#1大神雄子)は「自分で(シュートを)打たないと気が済まない」選手だったのが、この日は1Qで自分にマークを引きつけて、ラック(JOMO#11川畑宏美)にパス。ラックはノーマークでブザービーター(残り時間がない状態で決めるシュート)を決める。こういうパスに喜びを見出せるようだと、プレイヤーとして一回り大きくなれると思います。

マリ(JOMO#7紺野麻里@田無三中卒)も良かったです。「3ポイントがダメな日はすべてダメ」なプレイヤーだったのが、この日はディフェンスで粘り強く相手に食らいつき、オフェンスでも積極的に前に出てミドルレンジからのシュートを決めていました。プレイスタイルに幅が出ました。素晴らしい事だと思います。
posted by 雷庵博人 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする