2014年01月12日

JX-ENEOSートヨタ自動車(2014年1月12日)

2014年1月12日に代々木第一体育館で行われた、第80回全日本総合バスケットボール選手権・決勝戦。JX-ENEOS-トヨタ自動車戦をHNK・Eテレにて視聴した際のツイッターのつぶやきをまとめてみました。

試合結果
【バスケ】JX―ENEOS、2季ぶり18度目のV!(スポーツ報知2014年1月12日)
◆バスケットボール 全日本総合選手権第7日(12日、東京・国立代々木競技場)
 女子決勝でJX―ENEOSがトヨタ自動車を69―61で下し、2季ぶりの制覇で最多優勝回数を18に伸ばした。JX―ENEOSは序盤から間宮を中心にシュートを決めて、前半を39―28とリード。後半も渡嘉敷や吉田が効果的に攻めた。トヨタ自動車は守備で流れを変えようとしたが、得点が伸びずに2連覇を逃した。
 ボックススコア


続きを読む
posted by 雷庵博人 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月11日

JX-ENEOS-三菱電機(2014年1月11日)

2014年1月11日に代々木第一体育館で行われた、第80回全日本総合バスケットボール選手権・準決勝。JX-ENEOS-三菱電機戦をHNK−BS1にて視聴した際のツイッターのつぶやきをまとめてみました。

明日(1月12日)に行われる決勝戦への参考資料になればと思います。

ゲームレポート

ボックススコア

明日の全日本総合バスケットボール選手権。女子決勝戦はトヨタ自動車-JX-ENEOSです。昨年の決勝戦と同じ組み合わせになりました。間違いなく、手に汗握る熱戦になります。どうか皆様、代々木第一体育館ならびにテレビでご観戦下さい。
続きを読む
posted by 雷庵博人 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

Wリーグファイナル12‐13・第3戦第4戦観戦記

Wリーグファイナル2012−2013。国立代々木第二体育館で行われた第3戦と第4戦を観戦いたしました。いや、本当に熱い試合で、観客席の盛り上がりと歓声が今だに耳に残っています。

私は単なる女子バスケ好きですので、技術面や戦術面で語ることはできません。ただ、ほかのスポーツ観戦同様、楽しく書いていきたいと思っております。

印象的なプレイとして、第4戦の第4ピリオド。JX大神選手が1on1の局面でスティールを決め、相手選手から奪ったボールをドリブルで運び、そのままシュートを決めた場面。やはり役者が違うと唸った。ここぞという場面で、試合を決定づけるビッグプレーができる。さすがに大神はスーパースターだ。生まれ持ってそういう資質があるのだろう。

第3戦の試合前にツイッターで知人とこんなやりとりをしている。
おはようございます。大神選手、ようやく間に合った印象です。彼女の技術と経験と勝負勘。なにより「ここで決めろ」の場面での決定力。頼りになる存在です。今日勝って優勝したいです。応援、ありがとうございます。
第3戦は敗れたが、結果として大神が勝負を決めた。

こういうシーンが見たいからJXのバスケを見続けたい。本当、最高の選手たちだよ。

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

JX-シャンソン(2012年10月19日)

121019_194133.jpg国立代々木第二体育館 前半終了
JX 44-34 シャンソン

写真はJXチアリーダー。

試合終了

JX 84-70 シャンソン

終わってみれば、JXの完勝でした。

ゲームリポート

JXの選手の技術もさることながら、点差を詰め寄られても決して逆転を許すことがない試合巧者ぶりと、メンタルの強さ。シャンソンの選手とはここが違うと思いました。

つまらないファールと難しいプレーを選択してそれに失敗し、いまいちリズムの悪いJX。シャンソンは粘り強い守備で抵抗しました。渡嘉敷、間宮がゴール下でボールを持つとダブルチームで応戦。オフェンスでもインサイドでは分が悪いので、アウトから3Pを積極的に打つ展開。途中4点差まで迫りましたが、JXの「ここぞ」集中力の前に得点を加算することができませんでした。

追いすがっても、追いすがっても点差を縮めることができないシャンソン。4Qに入るととたんに動きが悪くなります。前半からの激しい守備で体力が消耗したのと、いくら頑張っても逆転できない(出来そうにない)事で気力を消耗したのでしょう。

勝ち続けるJXの選手と、そうでないシャンソンの選手。その差が出たのかな、そう思いました。

もう一つ、シャンソンの敗因はシュートの精度。3Pシュート38回、2Pシュート34回と徹底して外からのシュートを放ったせいか、シュート成功率が非常に低い。

JX 2Pシュートの成功率48.2% 3Pシュートの成功率57.1% 2P3Pの合計の成功率49.2%
シャンソン 2Pシュートの成功率47.1% 3Pシュートの成功率23.7% 2P3Pの合計の成功率34.7%

3回に1回しかシュートが決まらないんじゃ、得点を重ねることは難しい。

それにしてもJXのバスケは見ていて面白い。どうしてこんなにお客さんが少ないんだろう。もっとJXのバスケを大勢の人に見て欲しい。

何より選手の成長を見るのが楽しみでならない。

木林選手、この日は5ファウルで退場しましたが、ディフェンスでよく頑張っていました。シュートレンジが昨シーズンよりも広くなっています。あの身長で動けて、どこからでもシュートの打てるのは魅力ですね。

間宮選手、渡嘉敷選手。本当に強くなりました。当たり負けしなくなりました。「ここぞ」の場面でインサイド、ゴール下でシュートを決める。まさにチームの大黒柱です。間宮選手は入社4年目、渡嘉敷選手は入社3年目。それでいてこの存在感。本当に立派です。

もっとも、間宮選手はルーキーイヤーから「社長」って呼ばれていましたからね。もう素晴らしいですよ(爆笑)藤田伸二か小嶋敬二か間宮佑圭ですよ。日本の社長は。宮尾すすむもびっくり。現役プレイヤーで一番ヒイキにしています。(二番目は富士通の立川)

あと間宮選手はツイッターが面白いです。ぜひ、皆様フォローを。

この日の発見は岡本選手。3Pを6回投げて3回成功させました。成功率50%。これは立派な数字。JXははシューターが少ないので、貴重な存在です。

そして一人だけ次元の違う世界でバスケをしている吉田亜沙美選手。神様ですよ。女子バスケの。永田睦子(元シャンソン)以来二人目です。この選手を形容する言葉は「とにかく一度、生で観てくれ」それしかない。

以前は大山さん、浜口さん、川上さんと同級生がプレイしていたので「同士」という気持ちでしたが、最近では一回り以上年が違うので「保護者」の心境です。まあそういう年だしね(苦笑)。


続きを読む
posted by 雷庵博人 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

Wリーグ開幕戦 トヨタ自動車ーJX(2012年9月28日)

120928_185241.jpg試合開始前の国立代々木第二体育館

シートに身を沈め、これから始まるゲームに思いを馳せる。


試合終了 トヨタ自動車 66−75 JX

トヨタ 15 12 18 21 66
JX 22 13 18 22 75

ゲームレポート
ボックススコア

最後までどちらが勝つかわからない。まさに一進一退の試合。インサイドと守備から速攻で特典を重ねるのJX、スリーポイントシュートを立て続けに決めて追いすがるトヨタ自動車。しかし、JXは最後までトヨタ自動車に逆転を許すことなく逃げ切り。最後はJXの個人技と組織力で突き放す。

ボックススコアを見ると、トヨタ自動車はスリーポイントシュートを40回打ち、12回成功させている。成功率は30%。意外。もっと成功している印象があった。逆に言えば外一辺倒のオフェンスは「運」が大きい。無論、技術も必要です。スリーポイントシュートはスクリーンプレーが決まらないとシュートが打てません。ただ、ゴール下のシュートに比べスリーポイントシュートは、シューターのその日のデキに左右される。当たる人当たらない日がどうしても出てくる。なので「運」と書いた。

JXのインサイドは渡嘉敷、間宮と日本代表が2人いる。そこをついてインサイドから攻めるのは非常に困難。そうなるとトヨタ自動車は攻め手がどうしても外になる。

そこが敗因でしょうか。ただ、ディフェンスは前々から積極的に攻めるディフェンスでした。さすがにトヨタ自動車はいいチームです。


続きを読む
posted by 雷庵博人 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

WJBL開幕戦(2010年10月8日)

101008_191752.jpg前半終了
JX 31-29 シャンソン化粧品

今シーズンから、JOMOはENEOSと合併。

ルーキーのエネゴリ君がチアの一員に。


試合終了
○JX65-64シャンソン化粧品●

第4クォーター後半は背筋が凍るような壮絶な撃ち合い。

最後の0・1秒まで勝敗が決しない。まさに一進一退。
スカパー(スカイ・A sports+)でこの試合を見る事ができる人は、絶対見て下さいね。

WJBLオフィシャル
ボックススコア
ゲームレポート


続きを読む
posted by 雷庵博人 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

【女子バスケ】日本航空JALラビッツが来季限りで廃部

ある程度予想できていたことですが、やはり淋しいですね。ただ、10-11シーズンは存続なのでその間にチーム並びに選手やコーチの移籍が決まればと思います。

女子バスケットボール部『JALラビッツ』の廃部について




続きを読む
posted by 雷庵博人 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

JOMOサンフラワーズが2年連続ファイナル制覇

今シーズンはJOMOの試合をあまり見に行けなかった。

レギュラーシーズンでトヨタ自動車に負け越していたので、まさか【3勝0敗】で終わるとは夢にも思わず、当然のようにラグビーの決勝を選択しました。第5戦までもつれると思ったのですが・・・。

●トヨタ自動車 58-81 JOMO○
1Q 8-18
2Q 15-21
3Q 18-17
4Q 17-25

Wリーグ公式サイトのゲームレポート

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

富士通-JOMO@代々木第二(2009年9月24日)

090926_140111.jpg代々木第二体育館
WJBL開幕戦です。

○富士通67-53JOMO●
1Q 25-12
2Q 9-17
3Q 20-12
4Q 13-12

麻生太郎日本バスケットボール協会会長の挨拶が大人気でした。

アケさん(富士通・岡里明美監督)は、あそこまでぶっ壊れたチームをよくぞ立て直してきたね。JOMO相手にこのスコアで勝利は立派。追い付かれてまた突き放すんだから。今日だけで判断できないけど、プレーオフ行けるんじゃないかな。

JOMOはディフェンスは形になってたけど、シュートが決まらなかった。これじゃ勝てない。

参考記事
ボックススコア
ミラのダイレクトパス

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

JOMOサンフラワーズをみんなで応援しよう【09〜10シーズン】

拙ブログではこれまで、JOMOサンフラワーズに関する記事を記載してまいりまいたが、今シーズンも可能な限りアリーナに足を運び、記事を書いていきたいと思います。

さて、現在JOMOサンフラワーズはファンクラブ会員の募集を行っております。もうすぐ開幕戦、このタイミングで是非ご入会いただければと思います。

ファンクラブのご案内

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 19:15| Comment(6) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

JOMO山田久美子選手のサイン色紙

090613_093720.jpgJOMOサンフラワーズのファンクラブにて行われた、スタンプラリー特典にて山田久美子選手のサイン色紙を頂きました。

ありがとうございます。


posted by 雷庵博人 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

【ひまわり娘】長南・立川卒業、間宮入学

春は出会いと別れの季節です。

新人選手と平成21年度主将の発表がありました(JOMOサンフラワーズ2009年4月7日)
4月7日本社にて「平成20年度納会」を行い、新人選手と平成21年度主将を発表しました。

・平成21年度 主将 田中利佳(#8レン)
・退部 #4立川真紗美選手・#10長南真由美選手

新人選手
■ 間宮 佑圭選手(マミヤ ユカ・東京成徳高校卒・PF)
長南は正直、もったいないと思うけど今のままJOMO在籍だと6thマンで選手生活が終わっちゃうからね。移籍した方がいいと思います。新天地でも頑張っていただきたいです。そして立川。

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 12:13| Comment(8) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

JOMO、激闘を制してファイナル制覇

第3ピリオドの後半からBS1で観戦。そこからの試合展開、第4クォーター残り3秒でシャンソンが追いついてオーバータイム。そこでも互いに譲らず一進一退。JOMOは最後スクリーンで#8田中にスリーを打たてリードを奪う。シャンソンは#7相澤に全てを託す。ドライブでインサイドへ突撃する相澤を、JOMO#53林がブロック。両者相互接触。ファウルは無い。

床に背中をつけ、天井を見つめる相澤。
殊勲の林を囲むJOMOの選手達。

明暗分かれた。試合はJOMOが2点差で勝利

○JOMO107−105シャンソン化粧品●

言葉にするのも遠慮したくなるほどの、すごい試合だった。

ボックススコア
バスケ:JOMO、2季ぶり12回目V WリーグPO決勝(毎日新聞2009年3月10日)
JOMO、エース不在克服してV/バスケ(サンケイスポーツ2009年3月10日)
大山妙子さんのブログ
永田睦子さんのブログ


この試合は軽々しく言葉にするべきではない。
試合後の偽らざる気持ちだ。
それだけ、すごい試合。表現者が言葉を失う試合。
そういう試合がWリーグにはある。

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

●シャンソン化粧品68-102JOMO○(2009年3月8日)

090308_132323.jpgWリーグ ファイナル第3戦
国立代々木第二体育館

圧勝!最高に気分がいい。
でも、第四戦はキツイ試合になるよ。


●シャンソン化粧品68-102JOMO○
1Q(12-26)
2Q(18-22)
3Q(13-36)
4Q(25-18
関連記事
この試合のボックススコア

シャンソン102失点大敗/バスケット(日刊スポーツ静岡版2009年3月9日)

シャンソン藤吉佐緒里開花(日刊スポーツ2009年1月10日)
シャンソン化粧品にはWリーグの“長沢まさみ”がいる。3年目の藤吉佐緒里(21)の才能が、今季ついに開花。




続きを読む
posted by 雷庵博人 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

シャンソン化粧品- トヨタ自動車(2009年2月22日)

090222_161546.jpg第10回 Wリーグ プレーオフ・セミファイナル第2戦

国立代々木第二体育館

写真はトヨタ自動車アンテロープスの着ぐるみ

これから試合開始です。
試合観戦、楽しみたいと思います。

シャンソン化粧品-トヨタ自動車

1Q 10-13
2Q 14-18
3Q 18-16
4Q 12-16

トヨタ自動車リードで迎えた4Q。シャンソン化粧品が驚異的な粘りを見せ、同点に追い付く。残り時間が何秒もない状態で、トヨタ自動車#6田代のサヨナラスリーポイントシュートが決まる!劇的な幕切れ。

ボックススコア・Wリーグオフィシャル

「続きを読む」以降は2009年2月25日に加筆しております。

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 16:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士通-JOMO(2009年2月22日)

090222_145529.jpg第10回Wリーグセミファイナル第2戦
国立代々木競技場 第二体育館

●富士通64-74JOMO○

1Q 18-9
2Q 12-15
両チーム共リズムが悪く重い展開。
3Q 23-17
4Q 6-17
延長 5-15

4Qを同点で終了。延長戦に突入。JOMOはシュートを決め快勝!

関連資料
ボックススコア(Wリーグ公式)
JOMO、逆転で決勝進出/バスケWリーグ (サンケイスポーツ2009年2月22日)

「続きを読む」以降は2009年2月25日に加筆しております。

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

JOMOがオールジャパン5年ぶりの優勝!

090111_150219.jpg第75回皇后杯 全日本総合バスケットボール選手権 女子決勝。

試合結果
●富士通 62-86 JOMO○

JOMOは5年ぶりの優勝

1Q 14-16
2Q 13-30
3Q 14-23
4Q 21-17


続きを読む
posted by 雷庵博人 at 15:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

JOMO-トヨタ自動車(2008年12月6日)

081206_144803.jpgWJBLリーグ戦 船橋アリーナ
●JOMO75-78トヨタ自動車〇
残り1秒までどちらが勝つかわからない、白熱の首位攻防戦!
1Q 20-20
2Q 21-21
3Q 13-15
4Q 21-22




2008年12月7日追記
ボックススコアを見て愕然とした。トヨタ#15池田にいいようにやられてる。スリーポイント4本を含めて28得点。JOMOのセンター(#14山田、#15諏訪)がディフェンス対応できていない。この日はフェースガードを着用して出場したJOMO#1大神、40分のフル出場も9得点5アシストと「らしくない」成績。フェースガードの影響もあったか(後半には外している)。それを差し引いても、マッチアップしたトヨタ#1三浦の頑張りが素晴らしかった。スピード自慢の大神にも負けないスピードを見せた。

トヨタはインサイドを池田が制圧。三浦が大神を自由に仕事をさせなかった。ここが勝因。すきあらば#23鈴木、#8榊原、#3櫻田がばしっとシュートを決めてくる。途中、JOMOの時間帯に点差を詰められたが、リードを保ち逃げ切りを決めた。

1Qの入りが最悪でこりゃどうもならんと思ったが、どうにか立て直して同点で終了。2Q、3Qとまさに互角の展開。JOMOの時間帯に点差を詰めるが、トヨタは逆転を許さない。トヨタ2点リードで迎えた4Q。ラスト1秒まで勝敗の行方は分からなかった。



続きを読む
posted by 雷庵博人 at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

JOMO開幕戦を白星で飾る

081003_195054.jpgWJBL開幕戦
国立代々木第二体育館

JOMO 77-62 富士通

委細は後日記載しますが、JOMO#1大神雄子はミスター女子バスケで、JOMO#12吉田亜沙美は救世主様。そういった表現があながち誇張ではない。凄いよこの娘達は。

富士通の中川文一監督さんは手の内を隠した印象。


続きを読む
posted by 雷庵博人 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

大神雄子選手がWNBAデビュー

まさかロースターに残ると思わなかった。
シン(大神選手の愛称)には失礼だけど、田伏勇太ですらまるでダメだったからPGでは厳しいと思ったけど、シンは大したものだ。無論JOMOのバックアップがあっての快挙でしょうけど、本人も頑張ったと思います。

文字通り毎日がスペシャル。貴重な経験を積むシンの凱旋帰国(最初は北京五輪の予選でしょうか?)が今から楽しみです。

WNBAプレーヤーが柏市中央体育館船橋アリーナで普通にプレーすると思うと、いつもと替わらず、吉田救世主様亜沙美選手や田中二代目エース利佳選手とプレーすると思うと。wktk以外に言葉が見つかりません。

チーム券ではなく、有料でチケットを購入する人が増え、女子バスケブームが来ればと思います。

大神WNBAデビュー 開幕戦で4得点(スポニチ5月18日)

posted by 雷庵博人 at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする