2007年08月02日

世界過去ネタ発見!(雄山vs味皇)

あまりにも「スーパーひとし君」になりすぎたせいで、「ザ・ワイド」打ち切りな俺がやってきましたよ。過去に、裕木奈江ネタを書いた事を自分で確認したところ、あまりにもアナーキーな過去の自分を見つけたので、ミーツアゲイン(エコー希望)

ここから過去ネタ
「食いタン」「美味しんぼ」は食べ物で問題事を解決する漫画という共通項がありますが、「食いタン」の方に「美味しんぼ」への敵意を感じるのは私だけでしょうか。

まあ、最悪の場合、味皇村田源二郎と海原雄山に白黒付けてもらうとして。

いや、味皇と雄山が主役キャラの漫画って相当面白いぞ。「おせん」のサイドストーリーで「おちよさん」が成立している昨今、「雄山vs味皇」が存在してもいいのではないだろうかね。


続きを読む
posted by 雷庵博人 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

発掘!雷庵博人

このブログの読者の方の中に、考古学を生業にしている方やファンの方がいらっしゃる事でしょう。今日のエントリーはそういった皆様にを不快にするかもしれません。はじめに謝罪します「ごめんなさい」

この記事を読んでふと思ったのですよ。
1903年発見のミイラは古代女王だった(日刊スポーツ6月27日)
エジプトのホスニ文化相は27日、カイロ市内で記者会見し、南部ルクソールの「王家の谷」で1903年に発見された女性のミイラは、古代エジプト第18王朝のハトシェプス女王(在位紀元前1503年ごろ〜同1482年ごろ)だったと発表した。フランス公共ラジオによると、エジプト古代最高評議会のザヒ・ハワス事務局長は「エジプトの歴史上、最も重要な発見の一つ」と絶賛した。(以下略)
インターネットの記事では確認できませんが、紙面に掲載された記事にはこう書かれていた。
鑑定によると、女王は太り気味で、糖尿病を患った上、がんのため50歳で亡くなったという。
考古学って随分と下世話な学問だなぁ。やってることが市原悦子の「家政婦は見た」や、ヨネスケの「隣の晩ごはん」とあんまり変わりない。そこまで観察されるのかと小一時間w。

太り気味、糖尿病、がん。まさに「メタボリックこんにちわ」

そして、ハトシェプス女王の次に王位を継承したトトメス3世。考古学者の吉村作治氏によると
トトメス3世はハトシェプスト女王が亡くなると、ダーンと爆発します。ハトシェプスト女王がやったところ…神殿とか葬祭殿とかからハトシェプスト女王の名前を全部削り取った。この削り方がちょっと怖いんです。文字の通りに削りますからハトシェプスト女王と書かれていたのがわかる。軍とタイアップして一気に平和主義を崩し、軍国主義、軍事遠征をなんと王の間に17回も行ったんですね。

トトメス3世
実権を掌握してからはハトシェプストの業績を抹殺している。
どうみても、市原悦子がふすまから除きたくなる家です。ほんとうにどうもありがとうございます。

参考資料
ハトシェプスト
吉村作治エジプト博物館 第2回 「エジプトのナポレオンと呼ばれる理由」
不思議少女ナイルなトトメス

「続きを読む」以降は雷庵博人が雷庵博人の過去ネタを発掘します。発掘!あるある雷庵博人。

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

渡辺美里の10yearsを聞くと思い出す事

人間誰しもが琴線に触れる曲が存在すると思うのですよ。私の琴線に触れるのは渡辺美里さんの10yearsです。以前のブログ
高校3年生の時、女に振られたときに毎晩聞きながら泣いていたから。
とコメントしていますがこれネタではなく事実なんですよ。

youtubeでうっかり10yearsのライブバージョンを聞いたらおもひでぽろぽろ。15年前の高校3年生当時の感情がダダ漏れ。
続きを読む
posted by 雷庵博人 at 22:46| Comment(3) | TrackBack(2) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

やさしさライセンス(その2)

「やさしさライセンス」というのは、元々が言葉遊びのような経緯で誕生した言葉です。

今から3年ぐらい前、神○坂のデイサービスセンターで働いている時でした。カンダムおたくで同級生のゴトウ(仮名)と意気投合した私は、いつもゴトウ(仮名)と馬鹿話をしていました。休み時間なんかは煙草を吸わない私が禁煙スペースに行くほどでした。

それでも勤務中も馬鹿話がしたくなるものです。そういう時は利用者を介して馬鹿話です。いかにも仕事をしていますという印象を管理者に与えるべく。

何より、直接言うより利用者をワンクッション入れることで、相手を笑いのあり地獄に引きずり込むという。

介護従事者としては恥ずべき行為ですが、そういった状況の中でも、私やゴトウ(仮名)は非常に利用者受けが良かった事は記述したいと思います。私とゴトウ(仮名)の馬鹿話が利用者を朗らかにしていたから。

例えば、ゴトウ(仮名)目当てに通っていたおばあさんに

「ゴトウ(仮名)さんは『オッス!オラ悟空』と言うと、とても喜びますよ」

「ゴトウ(仮名)さんは『ただのザクとは違うのだよ、ザクとは』(この場合はメモにセリフを書き、読んでいただきました)と言うと喜びますよ」

と耳打ち本当にゴトウ(仮名)にそう言ったのでした。東京の空の下、今でもお元気でいらっしゃるのでしょうか。


続きを読む
posted by 雷庵博人 at 23:13| Comment(4) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

やさしさライセンス

やさしさってなんだろう?
やさしさって何?

そんな葛藤をお持ちの読者の皆様こんばんわ。
あなたの雷庵博人です。

やさしさってのは「相手に気づかれない」事だと思いますね。何をするでも「相手に気づかれない」。さりげなく相手を気遣う。

その配慮ってのがやさしさだと私は思いますが、皆様はどう思われますでしょうか?

やさしさって何だろう?
皆様の忌憚の無いご意見、コメント欄にてお待ちしております。


続きを読む
posted by 雷庵博人 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(1) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

お知らせ

4月より千葉県東総地方に引っ越す事になりました。
引越し予定日は27日です。なので今日から荷物の梱包作業を本格的に行います。

本日、パソコンの梱包を行います。そうなると1週間は、パソコンに触れない生活になります。(29・30日は東京に戻って仕事をする、千葉に行くのは31日)

なので更新は勿論、コメント返しやトラバ返しは大幅に遅れる事になります。

そもそも向こうに着いて、ちゃんと接続できるかどうかと言う不安もあります。(これが一番の悩みです。文章はかけても、パソコンの知識は皆無なので)

なので可能な限り携帯やネットカフェで書き込みと閲覧をしようと思いますが、これとて限界があります。

いやー、大変だ。まあどうにかなるとは思いますが、そういう事なので、読者の皆様ご理解頂けますようよろしくお願い致します。

それまでは、これまで興味の無かったカテゴリーや、読んだ事のない日付の文章をお楽しみ下さい。

posted by 雷庵博人 at 23:59| Comment(9) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

ツキってのは何だろうね?

「運がいいとか悪いとか」
人間誰しも、さだまさし氏の様につぶやいた事があるだろう。

その意味で言えば私は本当に運がない。
・二度面接に行き、好感触だった会社から不採用通知orz。
・携帯電話が原因不明の故障で、内蔵データ全て消去。バックアップデータなしで一からやり直しorz
・マリーンズの開幕戦、チケット取れずorz
・フェブラリーステークスorz

特に面接ねぇ。入社後の配属とか具体的な話も出ていただけにね。いや、本当に何をやってもだめな状態。去年からずっとこんな感じ。

この先の人生、どうなるんでしょうか?
もっとも、新興宗教や開運グッズには手を出しませんw。お金ないし。

いや、本当に。難儀な人生ですよ。


posted by 雷庵博人 at 19:13| Comment(4) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

ほうれんそうブログ(2月11日)

最近思いついた事を色々書いてみますか。連日大ネタばかり書いても疲れますからね。「何とかしなさいよ」

何度聞いても「米朝協議」って桂米朝一門について熱く語る会合にしか聞こえないんだよなぁ。
議題「ざこば師匠はなぜすぐにムキになって泣くのか」

最近「ハリセンボン」が普通に可愛く見えます。見られることで研かれるのでしょう。角野卓造や死神がキュートに見えるというのは、もう少し論じられて良いのではないでしょうか。宮沢りえ・田中麗奈(なっちゃん)以来の関心事です。ハリセンボンには勢いとインパクトを感じます。短期間でこの変貌はどうよ。

ただ、はるかもはるなも「お笑い芸人」なので女の子指数が高まるというのは、商売あがったりの可能性もあるわけです。

山田邦子が、「女を捨てたアナーキー」(ひょうきん族)→「頼りになる姉御」(やまだかつてないTV、幸せにしてよ)→「結婚」(普通の人になる)というフラグを立てたお笑い界。青木さやか、山田邦子化5秒前って気がしません?

そう考えると清水のミッちゃんと野沢直子は偉大。

「続きを読む」以降もだらだらとひとりごとが続きます。


続きを読む
posted by 雷庵博人 at 21:31| Comment(4) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

ほうれんそうブログ(2007年1月2日)

「ほうれんそう」ブログです。「ほうれんそう」とは会社組織で何より重んじられる「報告・連絡・相談」の事です。(2007年卒業の新社会人予備軍向けに書いてみました)

この所、当ブログを「カンタベリー」「福袋」といったキーワード検索でご訪問頂く事が多くなりました。
皆様、福袋の方は無事ご購入できましたでしょうか?
カンタベリーの福袋を持ったラグビーファンが、大学ラグビーの準決勝戦を観戦するのが青山界隈の新年ですからね。

カンタベリーハウス青山店の1万円の福袋、毎年大人気です。昨年までは私も恒例行事のように購入していましたが、今年は購入しませんでした。

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 19:19| Comment(3) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

なぜ書くのか?

最近、散歩をするのが楽しくて仕方がない。なぜか?散歩をしている時は散歩以外の事を考えなくても済むからだ。イヤホンから聞こえる文化放送に耳を傾け、歩けばよい。それ以外のことは何にも考えなくても良い。部屋にいるとうつ傾向が強くなる私にとって大変ありがたい行為である。

そしてもうひとつ、アイディアが浮かんでくるのだ。降りてくるといっても良い。普段使わない脳細胞が歩く事で刺激されるのだろう。

そういえば生前、中島らもさんが仕事部屋のマンションで風呂掃除や料理作りをするとギャグが思い浮かぶとエッセイに書いていた。

それと同じような経験を今日したのだ。


続きを読む
posted by 雷庵博人 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

思いついたことを書いてみました

玉川美沙風に朗読してねぇ〜。

りとぐらって覚えてる?
年生の時に図書館で読んだよ
りとぐらは大きなカステラを食べるんよ
ビー色の帽子がぐらで
うこんの帽子がぐりだよ
どもの頃の思い出を語ってみたよ
ーん懐かしいなぁ
んな絵本を読んでたよーとか
わしく聞かせてね。コメント欄で。あと
リックしてね。アレをクリックしてね。ぜひオススメよん。あっ
ゆうは聞かないで。その辺は大人の事情ですよ。雷庵博人も31歳ですからー。
旦「お茶ドーゾ」。話を変えてみたよ。うふふ。あと懐かしいと言えば
ララが立ったでお馴染みの、アルプスの
ょうじょハイジ。でしょー、懐かしいよね。
いきょうスポンサーはカルピスだよ。「カルピスまんが劇場」
ぇ、懐かしい〜。「カルピスまんが劇場」「カルピスこども劇場」もよろしくねぇ。

今日はちょっと読みづらかったかもしれないけど、これも大人の事情だよ。今日は「手抜き人生Z」のイケダ君風に〆るよ。今日はとってもそんな気分なんだ。

ってことで今日はここまで。
それじゃあね、ばいばい。
どぴゅ!



posted by 雷庵博人 at 18:10| Comment(4) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

時代が俺に追いついた(裕木奈江リスペクト)

1月16日に裕木奈江の主演ドラマを妄想したところ、1月20日発売の夕刊フジにこんな記事が掲載されていました。

「女に嫌われる女」裕木奈江、国費でギリシャへ(夕刊フジ1月20日)

一段とスケールアップした裕木奈江さんを最大限リスペクト。個人的には出し惜しみ写真集「UNRELEASED FILMS」(砂漠に下半身が埋まっているやつ)のリベンジを果たして欲しい。もっと分かりやすく、勇気を出して二回目の脱衣、ってか脱衣してちょ。

そして「新ポケベルが鳴らなくて」オンエアー。「クロネコヤマトのCMに復帰」これで三冠王だ、味の三冠王やぁ〜!(最後、彦麻呂風に〆)

「続きを読む」の後は日ごろ考えていることを取りとめも無く。



続きを読む
posted by 雷庵博人 at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

桃井かおりの頭に木が生えているマンション

中央線や西武線沿線にお住まいの方なら一度はご覧になられたことがあるのではないでしょうか。桃井かおりの頭に木が生えているマンションの広告を。

最初にあのチラシを見たこちはびっくりしましたね。
「落語の『あたま山』じゃあるまいに」

桃井かおりの頭に木が生えると、マンション購買層の購買意欲を刺激することができるのでしょうか。私にはこの因果関係がわかりません。マーケティングに詳しい方に是非ご教授して頂きたいと思います。求む。自称、少年マーケッター五郎@しりあがり寿。

しかし、このCMを考えたクリエイターは天才なんだろうね。

桃井かおりの頭に木が生えたマンションのCMの動画
posted by 雷庵博人 at 21:21| Comment(2) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

私は素直に負けを認めます(負け犬のオーボエ)

今日、仕事中に「負け犬のオーボエ」という言葉が急に頭に浮かびました。

「負け犬のオーボエ」

なんと、ポップでキャッチーな言葉なんざんしょう。
小西がピチカートを再結成するぐらいキャッチーだと思いませんか?

でもね、googleとyahooを検索したら「負け犬のオーボエ」というタイトルのブログがすでに存在するのですよ。

これは私の負けでございます。

まさしく俺が負け犬のオーボエだよ。
まさにツームストン。

まっさきに妄想したのは「オーボエを片手に微笑む裕木奈江」だったのはナイショだよ。

ところで、オーボエってどんな音がするの?
続きを読む
posted by 雷庵博人 at 20:53| Comment(2) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

イチローうまいねぇ

イチローの演技はかなりのものだと思います。びっくりしました。

駐車場で投げたサインボールと車の中のマッチが謎解きのヒントなのでしょうか。


posted by 雷庵博人 at 21:36| Comment(4) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

おめでとう、俺 その2


2005-1126-2130.jpg同じ年の同業者(11月28日生まれ、お誕生日おめでとうございます!)と高円寺の「ぼちぼち」で飲んで食べて。

前回同様、彼はまた伝説の言葉を残しました。(「続き読む」以降は11月29日に書かれたものです)
続きを読む
posted by 雷庵博人 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おめでとう、俺


2005-1126-1855.jpgぬるめの温泉に浸かって、何も考えない。

贅沢ですなぁ〜。

お誕生日おめでとう、俺。な旅はまだまだ続く。

ここの温泉は「岩盤浴」と「茶色で塩分の強い温泉」が名物です。

天然温泉 むさし野湯らく
http://www.tennen-yuraku.co.jp/

「続きを読む」以降は11月29日に大幅に加筆したものです。
続きを読む
posted by 雷庵博人 at 19:07| Comment(4) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

高橋尚子選手が東京国際女子マラソン優勝

高橋尚子選手、東京国際女子マラソン優勝おめでとうございます。素晴らしい走りでした。他のランナーが止まったかのような素晴らしいスパートでした。

私は高橋選手のファンです。

これまでの実績と成績、それを実現するための練習と努力。これには敬意を表したいと思います。実に立派です。そして何よりあの天真爛漫な笑顔。本当「かけっこ大好き」なんでしょうね。シドニーオリンピックのサングラスを投げ捨ててのスパート。格好良かったです。

しかし、東京国際女子マラソン直前の会見で、負傷していることを公表したことには「おやっ」と思いました。「だったら、走っちゃだめじゃないか」

まさか、高橋選手が「万が一、負けた時の予防線」を張る訳もなく、「相手を油断させるための駆け引き」でもないでしょう。「本当は走れる状態ではないのだが、主催者・関係者・スポンサーサイドの『諸般の事情』で走らざる負えない状況」なのかと邪推しました。

しかし、実際は周囲は止めたが、高橋選手がどうしても出たいと言うことで出走に踏み切ったようです。11月21日に放送された「報道ステーション」では高橋選手のスパートを見て、主治医が頭を抱えて机に突っ伏す場面が放送されていました。これが現実なのでしょう。とても走れる状態ではなかったと。
続きを読む
posted by 雷庵博人 at 21:49| Comment(2) | TrackBack(3) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

日本体育大学と私

参考文献 手抜き人生 筋肉と筋肉で語り合う
http://blogs.dion.ne.jp/ikeike/archives/2288346.html

 イケダさんのブログを読んで、世田谷区深沢と横浜市の健志台は21世紀最後の秘境であると改めて実感いたしました。異文化コミュニケーションは駅前留学しなくても、十分可能です。

 私は日体大の学生さんたちとは、ささやかながら交流がありました。本日はそんな話をしようと思います。以前勤務していた福祉施設には、さまざまな学生さんが「実習」でいらっしゃっていました。福祉系の専門学校・ヘルパー養成校・そして教員過程を選択した大学生も数多く来ました。(教員過程を選択した学生は、福祉施設での実習が義務付けられている)その年はなぜか連日、日体大の学生さんたちがやってきました。平たく言えば「筋肉vsアルツ」の異種格闘技が連日繰り広げられたのです。(なぎなたvs剣道には負けるけど)

 日体大の学生が口々に言っていたのは「授業料が高すぎる」です。相当高いのでしょう、全員が言っていました。また、日体大に入学する為の予備校があることも、そのとき初めて知りました。そこの予備校の授業料も相当、高いそうです。

 あと、当時はシドニーオリンピックの直後だったせいか、北島康介の話題がでていました。
「水泳以外はたいしたことがない」
陸上や体操は並、球技はドヘタだそうです、。まあ、水泳で世界一になればまったく問題ないですね。あと
「北島は授業料免除の上に、学校から報奨金をもらっている。実にうらやましい」
というのもありました。嫉妬は人間を成長させるスパイスです。

 普及体操部(ひろみちお兄さんがOB)の学生はリノリウム張りの床でバク転・バク宙を披露しました。日体大魂です。チアリーディング部の娘の話も感動的でした。頼まれたら断らないそうです。だから、炎天下の相模原球場や平塚球場で真っ黒に日焼けしながら「おお牧場は緑」に合わせて踊ったり、真冬の駅伝やアイスホッケーで寒さに震えながら笑顔でチアーしていたそうです。まさしく、日体大魂。あと少林寺拳法の達人が言いました「親父は自衛隊の楽団に所属していて、東京競馬場でG1分ファンファーレを演奏したことがある」まさしく日体大はあまり関係ないか。まあ、そんな話です。

以上、イケダさまに敬意を表してせーの「どっぴゅ〜ん」

「続きを読む」の後は今日の千葉ロッテ、ちょっといい話。
続きを読む
posted by 雷庵博人 at 21:52| Comment(12) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

「第1回古畑任三郎文学賞」設立への道(その1)

古畑任三郎のテレビシリーズは2006年のお正月で終了します。三夜連続で、しかもそのうち一日はイチロー選手が出演。これ以上ない晴れやかな幕引きになりそうです。私は大の古畑マニア。毎週ドラマを見ることを本当に楽しみにしていました。唐沢寿明のクイズ王や石黒賢の元超能力少年とか印象に残っていますね。あと、松本幸四郎が主演の時のトリック「ガルベス君は実は日本人」あれは違う意味で印象に残っています。

個人的には「さよならおたかさん」のおたかさんのセリフ「あなたはどうして、頭の上に洗面器を乗せているのですか?」の答え。いまでも気になっています。おたかさん、どうか獄中から答えを教えて下さい!

さて、古畑任三郎の思いで話を始めると尽きないので本題に入ります。脚本家の三谷幸喜氏は多忙を極めており、新たな古畑作品を執筆することが不可能なようです。無論、過去の作品をビデオやDVDで楽しむことは可能ですが、やはり新作が読みたくなるが人情。そこで、全国から古畑マニアが「俺の古畑」の思いを込めた作品を公募で募集して、優秀な作品を映像化するというのはどうでしょうか?名づけて「古畑任三郎文学賞」

応募条件は
1 主人公が古畑任三郎
2 400字詰め原稿用紙換算で5枚以上50枚以下。
の2つ。老若男女、プロアマ問わず、広く公募します。古畑が犯人のトリックを見破ぶ従来のミステリー・謎解き物が主流になるでしょう。当然、今泉や西園寺。向島巡査も活躍してくれるでしょう。あと、事件のない時の古畑。刑事になる前の古畑の青春ストーリーや古畑の幼少時代のエピソードを作品にしてもいいかもしれません。ここまで来ると「スターウォーズ」ですね。無論、従来の古畑任三郎のイメージに囚われることなく自由な発想で書いてもかまいません。何せ、古畑任三郎は架空の刑事ですから。もっと言えば、古畑が刑事である必要はありません。

恩師から受け継いだ中華料理店が地上げのピンチ。悪徳不動産屋から料理対決を迫られる古畑。果たして彼は愛する店を守ることができるのか「調理師・古畑任三郎」

主人公の古畑は年に一度、クリスマスの日に別れた妻と娘と再会する。そのクリスマスの日、娘と同乗した飛行機が政治犯にハイジャックされる!彼は乗客とそして愛する娘を助けることができるのか?全米興行成績NO1「ダイ古畑任ハード」

僕ならこう書きますけどね。主人公の古畑任三郎は何のとりえもない高校生。クラスのマドンナ今泉慎子に夢中だ。そんな古原は今泉のを引くために文化祭で友人の西園寺や向島と共にバンドを結成するのだった。「バンドは女にモテル」この言葉を真に受けた古畑の暴走は止まらない!はたして、古畑はステージの上から今泉に告白できるのか?巨匠大林宣彦が描く青春ラブストーリー!「バンドやろうぜ!古畑任三郎」主題歌はもちろん、「サンボマスター」だ!

過去にも古畑パロディを書いていました。良かったらご覧ください。

宮○コレクション 5 2002年1月1日
今夜のハイライト(警部捕古畑任三郎)
http://www.h2.dion.ne.jp/~raian/gon/gon07.htm



まあ、最後は完全に「ネタ」なんですけど。
「古畑任三郎文学賞」は実現したいなぁ。できれば百夜書房で。どうよ?来春入社予定の若人よ。
posted by 雷庵博人 at 22:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする