2005年12月01日

地に堕ちた獅子を見た

今日発売の日刊スポーツによると、西武ライオンズの伊東監督と黒岩球団代表が子供じみた痴話喧嘩をおっぱじめ、球団が大変な事になっているそうだ。

西武内紛、伊東監督「辞めさせる気か」(日刊スポーツ12月1日)

まるで昔のロッテじゃないか!1995年、広岡GM(当時)とバレンタイン監督(当時)が権力闘争を繰り広げたあの時と全く一緒だ。
このブログを見ているライオンズファン(いるのか?)。このままだと来年、楽天より弱くなるぞ。今すぐなかまを集めて西武ドームに行け!そして歌え!

♪伊東〜伊東勤 勤と一緒に俺らは戦う 勤と一緒に夢を叶えるんだ〜

このメロディだとロッテファンも歌えるぞ!

「続きを読む」の後は12月3日に加筆
posted by 雷庵博人 at 22:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

にしたけし城、陥落5秒前

城内から内通者が出るんじゃ、落城も時間の問題。このままいくとライオンズは、取り返しのつかないほど弱くなる。
西武の守護神・豊田がFA宣言へ(日刊スポーツ11月4日)
http://www.nikkansports.com/ns/baseball/f-bb-tp0-051104-0027.html

タイトルを受賞された選手の皆さん、本当におめでとうございます!しかし、ロッテからベストナインに4人選ばれるなんて、本当に夢のようです。

新人王 久保康友
ベストナイン
二塁手、堀幸一 三塁手、今江敏晃 遊撃手、西岡剛
外野手、マッド・フランコ

なぜか、ボビーに厳しいスポニチ。よもや、球団のプロパガンダではあるまい。(個人的には、スポニチの記事の方が、ボビーサイドの言い分より共感できるのですが)株式会社千葉ロッテマリーンズのBSとPLを見たい。「総収入がこれだけの組織で、一人の人間の人件費に5億円はあまりにも高すぎる」と言うようにに具体的に持論を展開できるのです。
ボビー 3年12億円を拒否!(スポニチ11月4日)
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2005/11/04/04.html
複数の球団関係者によるとボビーサイドは倍増の5億円、総額3年15億円を要求しているという。ボビー本人はカリスマ的な商品価値から当然と思うかもしれない。だが、ロッテは慢性的な赤字球団。今季は昨年比で2倍以上の観客を動員し、37億円から29億円まで赤字を削減したとあり、球団内から「誠意を持って大幅アップしたのにさらに要求してくる。これでは本末転倒」と悲鳴が出るのは当然だった。 だからマネーゲームには乗らない方針だ。(中略)95年の解任時にはファンの暴動が起きたが、今回はボビー側のつり上げによるもので、球団が責任を問われることはない。最悪退団になっても、それは日本一監督の決断である。

posted by 雷庵博人 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

八木君はスゴイ!来年はファイターズが要注意だ

今シーズン、キャンプに参加せず、ロクに練習していないダルビッシュが5勝。来シーズンは相当活躍するでしょう。そして、自由枠でとんでもない実力はルーキーを獲得するようです。

創価大の八木が20奪三振で完全試合(日刊スポーツ11月2日)
http://www.nikkansports.com/ns/baseball/amateur/f-bb-tp5-051102-0038.html
2日、関東地区大学野球選手権・準決勝の創価大(東京新大学)−白■大(関甲新)で、創価大の八木智哉投手(4年=日本航空)が自身初の完全試合を達成した。大学・社会人ドラフト(11月18日)の希望入団枠で日本ハム入りが確実な八木は、この日は最速147キロ直球とスクリュー、スライダーを低めに集め、毎回全員の20奪三振を記録した。投球内容は三振20、内野ゴロ2、内野直1、捕邪飛1、外野飛球3。試合は1−0で勝った。
※■匡の王が品、右に鳥

相手の白■大はかなりの強豪校。特に、飯原外野手はドラフト候補です。それを相手に完全試合なんだから八木君は相当実力をつけましたね。これで、鎌倉・正田・須永がローテーション入りして、中継ぎの建山・マイケル・横山、抑えのリーがしっかりすれば相当勝てるでしょうねぇ。無論、怪我人が出なければの話ですが・・・。
posted by 雷庵博人 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

楽天の監督問題に関して

田尾監督の解任問題に関して、他の方のブログを読む機会がありました。そこで今日はこの件に関して思ったことを素直に書きます。

野村克也さんが楽天の監督就任を決意した理由が「カツノリ」だとしたら、カツノリを獲得した人物はグッジョブだ!

私は、楽天球団が本拠地最終戦の試合の最中に「田尾監督、解任」をプレスリリースしたことに対して怒っています。せめて、試合開始前に会見を開くべきだったと思います。球団の都合で、イーグルスファンが田尾監督へ「1年間お疲れ様」「今日までありがとう」と別れの言葉を投げかける機会を奪う権利はないからです。まあ、田尾さんの次に監督を引き受けてくれる方の返事が遅くなって、このタイミングになったのかもしれませんが、それだって「球団の都合」です。実に失礼な話です。日本シリーズの最中に『西武、森監督辞任』ってニュースが流れた以来の不手際だよ。

 「続きを読む」の後もこの話題。
続きを読む
posted by 雷庵博人 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

楽天って失礼な会社だよね

楽天が田尾監督を解任へ、成績不振理由に(日刊スポーツ9月25日)
http://www.nikkansports.com/ns/baseball/f-bb-tp0-050925-0043.html
「成績不振を理由に田尾安志監督(51)を今季限りで解任する方針を固めた」事そのものは間違いではないと思いますが、何も本拠地最終戦の最中にニュースリリースしなくても。これはどういう意図なのでしょうか。田尾監督はもちろん、ファンに対しても失礼です。楽天はこの手の不手際が非常に多いです。この点が解消されない限り、永遠に負けつづけるでしょうね。選手の意識改革の前に三木谷オーナーの意識改革が必要でしょう。まあ、田尾監督ベビーフェイス,三木谷オーナーヒールというプロレス的なブックを狙って書いているのであれば大したものですが。

新監督は誰になるのでしょうか。楽天の不手際を見てると、引き受けてくれる人がいるのか疑問です。もし、野村克也氏が監督就任するなら、10月3日の高校生ドラフトは平安高校の炭谷銀仁朗捕手をドラ1で獲得して欲しいですね。ノムさんが育てた最高傑作「古田敦也」を超える可能性のある捕手を、育てる過程を見てみたいからです。

話が変わりますが、私が応援しているチームは開幕から不振です。

このままだとプレーオフ進出が厳しい、JOMOサンフラワーズ
○JOMO 63−48シャンソン化粧品●
●JOMO 56−58 三菱電機○
●JOMO 66−95 富士通○
●JOMO 64−83 日本航空○

日光・神戸アイスバックス、中国のチームには勝って欲しい
●アイスバックス 0−5 日本製紙クレインズ○
●アイスバックス 1−4 王子製紙○

セコムラガッツ、自動降格だけは避けて欲しい
○ワールドファイティングブル 18-13 セコムラガッツ●
ヤマハ発動機ジュビロ - セコムラガッツ
(18;00試合開始)

posted by 雷庵博人 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(6) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

かわいそうなオツ

昭和の時代、上野動物園のゾウの花子はその悲劇性から「かわいそうなぞう」として語り継がれた。

平成、かわいそうな投手がいる。ノーヒットノーランを9回2アウトまで達成しながら最後の一人にヒットを打たれ大魚を逃した。そして今日。9回打者27人を完璧に抑えこみ「完全試合」を達成したはずだった。なのに、味方のライオンズは9回まで0点。試合は延長戦、10回表にヒットを打たれ、結果は「1安打完封勝利」
「かわいそうなオツ」

西武:西口がリーグトップタイの16勝目 楽天は2連敗(毎日新聞)
http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/pro/news/20050828k0000m050116000c.html
◇あわや完全試合…西口
 西武・西口が延長十回、先頭の沖原に投げたスライダーが右前にはじき返されると、青一色で埋まる右翼スタンドから悲鳴が上がった。九回まで完全試合。プロ野球史上初の延長戦での完全試合の可能性が消えた瞬間だった。西口は過去2回、無安打無得点試合まであと1死まで迫りながら、記録を逃している。

「続きを読む」の後はジョニーへの伝言
続きを読む
posted by 雷庵博人 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

仙台をロッテで塗り潰せ(1)


2005-0820-1141.jpgMr.カラスコ、大絶参行水中!
posted by 雷庵博人 at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

松坂VS和田、真夏の決闘(2)


2005-0810-1726.jpg2人とも本調子ではありませんでした。6回裏、和田がKO。フェルナンデス、タイムリー。カブレラ、同点2ラン。和田、勝ち越しタイムリーで1点リード。7回表、今度は松坂KO。西武が逆転した時はこのまま行くと思いました。的場のツーベースを足がかりに、松坂のワイルドピッチで同点。そして、バティスタの逆転ホームラン!凄い試合でした。8回表、的場のホームランも効いた。城島不在でライオンズを2タテ!2005年のホークスに死角なし!

写真が「ライオンズコスプレ」のカーネル・サンダースなので説得力がありませんが。
posted by 雷庵博人 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松坂VS和田、真夏の決闘(1)


2005-0810-1732.jpgエースのブライドよりも、同世代のライバルへの想いよりも、チームの勝利を優先できるか?大輔!
posted by 雷庵博人 at 17:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月31日

有銘おめでとう!(2)


2005-0731-2135.jpg今日の勝利で、楽天球団史上初の完封勝利、楽天球団史上初の月間勝ち越しの記録的勝利。沖原のタイムリーが効果的でした。
posted by 雷庵博人 at 21:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有銘おめでとう!


2005-0731-2131.jpgプロ入り初勝利が初完封、ナイスピッチング!ストレートに勢いがあって、適度に荒れていたからライオンズ打線は的を絞れなかった。フォークとスライダーが効果的でした。無論、ストレートに威力があったからこその完封劇。
posted by 雷庵博人 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有銘vs涌井@インボイスSEIBUドーム


2005-0731-1727.jpg♪楽天イーグルス〜
涌井ー有銘の投げ合いは本当に楽しみです。しかし、日曜日なのにこの客入りですよ。
posted by 雷庵博人 at 17:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

ホークス強い!


2005-0730-2131.jpgホークスは最強です。ロッテがまともに勝負して勝てる相手ではありません。おそらく今日は正攻法で横綱に挑んではね返されたのでしょう。

だとしたら、明日は舞の海のように奇襲戦法しかありません。「利き手はヤメロ!ブルガリア」は使えませんが「王シュレット」と「苺みるく」は(以下自主規制)
posted by 雷庵博人 at 21:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

インボイスSEIBUドーム(1)


2005-0720-1704.jpgカブレラ地蔵。それにしても、この球場は40〜70代の女性が、招待券片手に一人で来場することが多い。何故なのかは不明。

面白い写真を撮影しようとも思いましたが、試合が面白いのと「にしたけしみん」が面白くないので今日は1枚です。

●ライオンズ 0−3 オリックス○
オリックスのいい所ばかりが目だった1戦。1番サード塩崎の起用が大当たり!セカンド平野、サード塩崎、ショート阿部真の鉄壁の守備とパウエル(JP)のストレート・カーブ・カットボールを低めに集める投球術。菊地原ー大久保のリレーも完璧。にしたけし(西武)はホームランがないと負ける大味な野球しかできない球団になってしまった。巨人みたい。広岡・森時代を知る雷庵には、寂しい限り。たけし(にしたけしの略語)はきちんとした野球をしないといけない存在なのに。強いたけしにこそ「♪西武には負けられな〜い」の歌が引き立つという話。委細は「雷庵通信」で書きます。こちらもご覧下さい。ブログしか見ないってのは書き手としては寂しいので。
posted by 雷庵博人 at 17:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

福岡ソフトバンクホークスさん優勝おめでとうございます(棒読み)

ホークスさんは本当に強いですね(棒読み)

○ホークス 4×−3 ライオンズ●
松中が1試合3本塁打、まるで近鉄が優勝を決めた時のブライアントによる「4打席連続ホームラン」(西武球場でもダブルヘッダー)の再現だよ。松坂が粉砕された以上、今シーズンのライオンズは「投了」。ありません。

●マリーンズ 0−1 オリックス○
こちらも「投了」ありません。最低でもプレイオフ進出できるようですが、レギュラー1位は難しいでしょうね。逆転1位が不可能になったら若手に経験を積ませつつ、戦力外のベテランは誰かをシビアに見極めて頂きたい。

若手フェチ専用スタメン(浦和で実績を残した選手を中心に)
1番(ニ)西岡・2番(遊)塀内・3番(一)福浦
4番(三)今江・5番(左)竹原・6番(中)大松
7番(捕)里崎・8番(右)サブロー・9番(指)青野

日刊スポーツの首都圏版に掲載されている「アマ・プロ野球『私もひと言』」ではパ・リーグのプレイオフ批判がかつての「レッドパージ」のように吹き荒れています。「5割以下のチームがプレーオフに出場できるのはおかしい」といった内容。全部で6チーム参加のアイスホッケー日本リーグでは、シーズン4位のコクドが4年連続でプレーオフで勝ち上がり「優勝」してしまいました。それでも、ホッケーファンはプレーオフ制度に不平を一切言いませんでした。少なくてもプレーオフ制度に対する理解度は、ホッケーファン>野球厨ですね。

雷庵の見解は「リスペクトするべき数字は『シーズン3位』であって『勝率5割』ではない」「勝率5割でもBクラスじゃ意味がない。5割厨は逝ってよし!」です。

どうぞ末永くお幸せに!
中原氏と加藤貴子さん、グアムで挙式(日刊スポーツ)
http://www.nikkansports.com/ns/sports/nba/f-sp-tp5-050715-0033.html
posted by 雷庵博人 at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

連勝止めろ!勝ちは見飽きた

「頼むからやめてくれ!王」
(もう、いいじゃないか。頼むから負けてくれって話だよね。ビールの値段が普段の半分でも、普段の倍飲めるわけじゃないしね)
ソフトB、プロ野球史上34年ぶりの15連勝(日刊スポーツ)
http://www.nikkansports.com/ns/baseball/f-bb-tp0-050706-0038.html
シーズン最多連勝記録は54年(昭和29年)8月から9月に記録した南海と、60年6月に大毎が記録した18連勝。

ちなみに、シーズン最多連敗記録は98年、千葉ロッテの18。

日ハム3連戦は本当に酷い試合ばかりだ。結果よりも内容重視で言えば、救い様のない試合をしている。欲しいのはタイムリー。頼むよ。1本打っていれば楽勝してるはずなんだから。楽天に負けても不思議じゃない。
posted by 雷庵博人 at 00:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

5月18日放送のライオンズナイター

で愉快な会話が交わされていました。松坂選手が打ったボールが阪神ベンチ飛び込みました。その打球は選手に直撃しました。当たってしまったのは上坂選手でした。
斎藤一美アナ「背番号43、上坂選手ですね」
解説の佐野重樹「あー、上坂ですか。ならいいです」
一美「それは何故ですか?」
佐野「彼、先輩にあいさつしないんですよ。だからバチが当たったんじゃないですか」
一美「そーですか。まあ上坂選手はこれとは比べ物にならない大きな『バチ』が当たってしまいましたが」

車に乗ると赤星より速い上坂メンバーは、先輩に挨拶をしないそうです。

こんな感じでスポーツ実況で面白い解説・実況を聞いた方はドシドシ書き込んで下さい。特に千葉テレビの倉持明氏の名解説を切望しています。

執筆日記
早稲田ー明治を書くも、法政ー慶應は書けず。サラブレを読んだり新聞を読んだり昼寝をしたりのだらけた日常。
posted by 雷庵博人 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

ライオンズナイターなのに「マリーンズ大特集」

5月2日に放送された、文化放送ライオンズナイターデラックス「マリーンズ大特集」は衝撃的だった。以前のライオンズナイターで「他球団」を特集するプログラムを放送するのは絶対にありえない事、これだけでもライオンズナイターの変化を感じられる。

L栗山、M今江の電話インタビューの後はマリーンズ・チアパフォーマー、新星「M☆SPLASH」のディレクター・中山麻紀子さんがスタジオ生出演。

旬のゲストを読んで面白い話を引き出せれば、という企画意図だと思ったのだが,そうではないようだ。

ライオンズコメンテイターの中川充四郎さん、文化放送鈴木光裕アナウンサーと中山さんのやりとりの中から。
続きを読む
posted by 雷庵博人 at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月31日

考える事は皆一緒

昨日のブログを楽天イーグルスに送信してみようかな。
楽天が異例の要請「戦力補強に協力を」(日刊スポーツ)
http://www.nikkansports.com/ns/baseball/f-bb-tp0-050331-0047.html

マリーンズのスカウト会議(サンケイスポーツ)
http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200503/bt2005033003.html
 ロッテが大阪市内のホテルで編成会議を開き、投手では福井商・林啓介、柳ケ浦・山口俊、駒大苫小牧・松橋拓也、野手では愛工大名電・柴田亮輔、市和歌山商・川端信吾と、選抜に出場している高校生5選手をリストアップした。1月の編成会議では大阪桐蔭高・辻内崇伸投手、平田良介外野手、亜大・松田宣浩内野手を挙げており、この8選手から絞り込んでいく。

それでも、辻内選手・平田選手の両取りを希望したいですね。
posted by 雷庵博人 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴールデンイーグルス救済プロジェクト

今からでも遅くない、拡張ドラフトを実施しよう!
雷庵が選ぶ各球団のゴールデンイーグルスへの提供選手リストを、ジーコジャパンネタだらけの今宵、ブログで公開。

イーグルスに足りないのは「全て」のポジション。11球団から満遍なく補強しよう。まずはパ・リーグ

ライオンズ 眞山龍 投手 24歳
99年ドラフト2位、仙台育英OB。先発で。 
ホークス  田之上慶三郎 投手 34歳
01年最優秀防御率。右の先発候補。
ファイターズ 西浦克拓 外野手 31歳
落合を引退させた男。長打力がある4番候補。
マリーンズ 喜多貴志 外野手 25歳
ルーキーイヤーに2試合連続サヨナラヒット。
バファローズからは2人
相木崇 投手 27歳
02年に2試合連続完封。右サイドスロー。
三木仁 内野手 26歳
大学時代はスラッガーで鳴らした。
続きを読む
posted by 雷庵博人 at 00:50| Comment(2) | TrackBack(1) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする