2006年11月13日

宮田隆さんがオリックス入団

マリーンズのドラフトを変えた宮田隆さんが、オリックスバファローズに入団する事が明らかになりました。

オリックス低迷脱却へフロント強化(日刊スポーツ大阪11月13日)
編成部門では、宮田隆氏(44)が編成部長に就任。宮田氏は昨年12月までロッテで同職を務めており、その経験、人脈を生かして新人のスカウティングやトレードを統括する。
ネット上で「宮田さんがロッテを退団する」「どうもオリックスに行くらしい」と噂が流れていましたが、これらは事実だったようですね。


続きを読む
posted by 雷庵博人 at 20:39| Comment(5) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

2006アジアシリーズ決勝

2006-1112-1913.jpg5回裏終了 F0ー0B
試合終了 F1−0B
ファイターズ、アジアシリーズ優勝おめでとうございます!



ファイターズ先発、ダルビッシュが1安打9奪三振の好投。ラ・ニュー先発シュ・ウェンションも2安打ピッチング。投手戦になりました!

参考資料
魅惑の雷庵博人通信 2006年11月12日501号


続きを読む
posted by 雷庵博人 at 19:28| Comment(0) | TrackBack(10) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

フレッシュオールスター(2)

2006-0720-2122.jpg野球最高!若い才能を満喫。今後の観戦テーマもできました。来て良かった。

試合終了
●パ4ー8セ○

最優秀選手 ヤクルト・飯原
優秀選手
中村(D)脇谷(G)岡田(サ)松崎(E)

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 21:30| Comment(2) | TrackBack(1) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フレッシュオールスター

2006-0720-1929.jpg5回裏終了
パ3ー6セ

今年はバッターに逸材が多い!D新井良・中村一のパワー、サーパス岡田・F陽のスター性、S飯原のシュアなバッティング、T前田・G脇谷の守備見所充分。もう、入場料の元を取った!

posted by 雷庵博人 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

西武ドーム・ファンプレゼント

2006-0701-2029.jpgあぶくまのミネラルウォーター、当選致しました。

500で良かったですね。2〓持ち帰りは単なる罰ゲームです。
あぶくま洞の招待券も頂きました。しかし、遠すぎて行けません。
posted by 雷庵博人 at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インボイスSEIBUドーム

2006-0701-1910.jpg5回終了
L7ー2Bs

Bs先発、金子はスローカープに特徴があるだけに、フォアボールで自滅したのはもったいない。塩崎のタイムリーエラーも痛かった。

posted by 雷庵博人 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

ほしをみるひと(その2)

試合終了
○L6ー3By●

心技体全てが充実している、アレックス・カブレラが3打席連絡ホームランの偉業を達成!恐いのはアクシデントだけだ。

それにしても、ベイスターズはどうしてしまったのか?一か八かの「ヤマカン野球」をやっている。これでは「運よく勝つ」以外に選択肢がない。
posted by 雷庵博人 at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほしをみるひと

2006-0617-1205.jpg人気グラビアアイドルの、ほしのあきさんです。

西武球場、内野にはまだまだ空席がございます。

500人規模の「タネダンス」はさすがに笑える。

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

試合終了

2006-0613-2144.jpg神宮球場

○スワローズ9ー7ファイターズ●

ファイターズの中継ぎ投手が流れを止めました。

球場が狭いので、ホームランが両チームで6本出ました。



続きを読む
posted by 雷庵博人 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガッツさん

2006-0613-1730.jpg♪立ち上がれ小笠原
勝利の為に
島国が生んだ
和製大砲

かっとばせー
小笠原
神宮球場 6時プレイボール
両チームの先発投手
Sゴンザレス
Fダルビッシュ
posted by 雷庵博人 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

宮島さん演奏中

2006-0531-1825.jpg2回表、森笠のタイムリーでカープ1点先制。
外野芝生席ではスクワットができません。

宮島さんは名曲


それにしても、江藤ってコロッケとか鳥のから揚げとか揚げるの上手そうな顔してるよね。近所のスーパーの惣菜売り場の主任顔してる。
続きを読む
posted by 雷庵博人 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

平野恵一選手のスーパープレイ

結局M−Bsの三連戦は自宅観戦でした。(L−Hも)ギャオの無料動画配信は便利ですね。そんな中で最も印象に残ったのは、5月6日の試合で飛び出した、オリックスバファローズの平野恵一選手のフェンス直撃のダイビングキャッチです!

平野恵の闘志がオリ連勝呼んだ (デイリースポーツ5月7日)写真は真横から直撃
三回裏、今江の一塁後方へのファウルフライを平野恵が追い、フィールド・ウイングシート前でダイビングキャッチ。その勢いのまま顔面からフェンスに激突した。この際、顔や胸を強打して交代、習志野市内でレントゲン検査を受けた結果「胸骨骨軟骨損傷、右腰部肉離れ、右股関節ねんざ及び右手関節ねんざで全治3週間」と診断された。幸いにも骨には異常はなかったが、牧田と入れ替わる形で登録抹消が決定された。

オリックス平野恵の体張ったプレーに奮起(日刊スポーツ5月7日)写真は背中越しに直撃
ボールは離さなかった平野恵だが、もちろん起きあがることはできない。「たんか! 早く!」。一塁手の北川が血相を変えた。中村がスパイクを脱がせ、ベンチから飛び出した首脳陣、控え全員が名前を呼びながら無事を祈った。「ショックでした。勇気あるプレーだけれど、選手生命にかかわるプレー。何とかしてあげられなかったのかと思えて」と北川。敵将のバレンタイン監督が「今まで見た中で、最高のファインプレーのひとつ」とたたえたスーパープレー。ストレッチャーで運び出された169センチの小さな体に、ナインは白星を誓った。


正直申し上げて、「いいものを見たな」と言うよりも「カメラが捕らえた衝撃映像」の事故シーンのような気持ちになりました。「死んだ」と思いました。とにかく命に別状がないようなので一安心です。顔面からフェンスに直撃しながらも、グラブからボールを離さなかったはまさしくスーパープレイスです。「木口小平は死んでもラッパを口から離しませんでした」という言葉を思い出す。

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 20:52| Comment(3) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

新庄詣で(2)

2006-0426-2112.jpg手前の赤いリストバンドの選手が新庄。

試合終了
○L3ー2●

7回裏、ダルビッシュキラー石井義の流し打ちでレフトポール際に運ぶ技有りの勝ち越しホームラン!ダルビッシュはマウンドにひざまずく。

posted by 雷庵博人 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新庄詣で

2006-0426-1806.jpg新庄は全打席ホームラン狙い。狙い球をのがさすフルスイング。そのかわり、狙い球以外は見逃しかファウルで逃れる。その姿はまさに狙撃手、ゴルゴ13のようだ。

posted by 雷庵博人 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

新庄選手が引退を表明

もしいらっしゃるのであれば、現場で観戦した方のコメントをお待ちしております。

マジなんでしょうか?いや、このタイミングで引退発表って。うーん、05年で登録名SHINJYO引退。06年から登録名を漢字に戻すとか。

日本ハム新庄が今季限りでの引退を表明(日刊スポーツ4月18日)
日本ハム新庄剛志外野手(34)が18日、東京ドームでのオリックス戦後のお立ち台で、今シーズン限りでの現役引退を表明した。「みなんさんにご報告があります」と自らマイクを手にすると「今季限りでユニフォームを脱ぐことを決めました」。2回に、セラフィニから2号ソロを放った際には、広報から恒例の「打法命名」のコメントが回され「28年間思う存分、野球を楽しんだぜ。今年でユニホームを脱ぎます打法」と記されていた。さらに7回には満塁本塁打も放っていた。


posted by 雷庵博人 at 22:07| Comment(2) | TrackBack(4) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

楽天が逆転負け

2006-0404-2136.jpg楽天は8回までリードも中継ぎ投手が打ち込まれ逆転負け。

○L6ー3E●

写真はヒーローインタビューを受ける平尾内野手と正津投手。

posted by 雷庵博人 at 21:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すみぎんカード

2006-0404-1734.jpgすみぎんのプロ入り初ホームランを記念に制作されたカードです

でも今日のスタメンキャッチャーは細川。



posted by 雷庵博人 at 17:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

今年の注目選手は楽天の西谷尚徳内野手 

まずはこちらの記事をご覧下さい。

楽天西谷が埼玉の小学校で1日先生(日刊スポーツ1月28日)

楽天・西谷が一日先生…「人としての大切さ」を熱弁(サンスポ1月28日)

シーズン中も西谷先生(スポーツ報知1月28日)

現役選手なのに先生っていい感じですね。
西谷は明治大学の頃から好きな選手です。
セカンドの守備範囲が広いし、
なかなか空振りしないし、
しぶとさがあって、
右打ちも上手、
なにより、キャプテンシーがある。
なにせ、一場が戦線離脱したチームをまとめた。
そして、一場にもメールでフォローする。
なかなか、できることではありません
今年はやってくれると思います。
土橋のような「いぶし銀」を目指して。
酒井のような「職人」を目指して。
西谷ならできる。西谷ならできる。

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

「まいど!」よ永遠なれ!

日本ハム“ガンちゃん”岩本が引退(日刊スポーツ1月23日)
お立ち台での「まいど!」の決めゼリフに「ガンちゃん」の愛称でファン親しまれ、かつてはエースとして活躍。プロ16年間で63勝を挙げた。

「まいど!」
「1000円でよろしいですわ」
(当時、東京ドームでは毎月1回、内野指定席が1000円で発売されていた)
等印象に残るフレーズで記録よりも記憶に残る投手でした。

全盛期、ストレートとカーブのコンビネーションはまさに絶品。(ロッテ打線が)打てる気がしませんでした。

2ストライク、追い込まれるとロッテの応援団が
「おい!分かってんだぞ。どーせカーブだろ!」
そう野次ると、ガンちゃんは100キロそこそこのスローカーブで堀を三振に仕留めたのでした。

そんなガンちゃんもある日を境にぱったりと勝てなくなり、そして戦力外通告。

さすがに「まだやれる」とは思えないけど、なんだから寂しいですね。長い間お疲れ様でした。
posted by 雷庵博人 at 21:33| Comment(2) | TrackBack(1) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

仰木彬さんが死去

心よりご冥福を申し上げます。

前オリックス監督の仰木彬氏が死去(読売新聞12月15日)

前オリックス監督の仰木彬さん死去(日刊スポーツ)

「報道ステーション」で第一報を聞き、頭の中が真っ白になっています。

現役時代は曲者セカンドで鳴らし、

近鉄バファローズ時代は野茂を
オリックスブルーウェーブ時代はイチローを
スーパースターを育てた。

「10.19」の時も「がんばろうKOBE」の時も
正々堂々、最後まで胸を張った。

打てる手はすべて打った。
奇策もマジックもあった。
シビアだけど、人情がある。
パ・リーグのサムライがまた一人天国リーガーに。

仰木さん、さようなら。

「続きを読む」の後は故人を偲んで

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 23:25| Comment(2) | TrackBack(6) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする