2008年01月29日

パウエル投手がソフトバンクに入団

オリックスバファローズのオフィシャルサイトにジェレミー・パウエル投手獲得のお知らせ という記事が掲載されています。2008年の1月11日の事です。

パウエル古巣オリ決定、住居も神戸の古巣(日刊スポーツ大阪版 1月12日)
古傷の右ひざの状態などを確認後に正式契約となる。兵庫・神戸の住まいもオリックスに在籍した3年前と同じ物件に決定した。
つまり、この段階では正式契約ではない事が窺い知れます。神戸での住居も決まっていたんですね・・・。

そして今日1月29日にソフトバンクのオフィシャルサイトにこんな記事が。

ジェレミー パウエル投手 獲得のお知らせ
<本件に関する報道関係の皆様からのお問い合わせ先>
 福岡ソフトバンクホークス株式会社 広報室
 ※一般の方からのお問い合わせにはお答えしかねますのでご了承ください


前巨人パウエル2球団と合意? オリに続きタカも獲得発表(読売新聞1月29日)
ソフトバンクの竹内孝規・常務執行役員は29日、既にパウエル側と正式に統一契約書を交わしたことを明らかにした。その上で「(パウエル側と入団を合意したとされる)オリックス側とは、何も話していない。王監督には(パウエルを)調査の対象にしていると常に報告していた」と話した。今後のオリックス側の問い合わせなどについては「ないのではないか」とした。


詰めを欠いたオリックス=代理人も不可解−パウエル問題(時事通信2008年1月29日
ソフトバンクの竹内孝規球団常務取締役は、オリックスが既にパウエルの獲得を発表していたことは認識していた。「しかし、報道をうのみにせず、目と耳で確認するのは当然のこと」とし、「獲得できるか調査していた中で契約合意にいき着いた」と説明した。(中略)交渉がまとまりかけていた選手に他球団が接近した道義的問題が残る一方、混乱を招く原因をつくったパウエル側の代理人の考えを確認することも必要だろう


パウエルの代理人がダブルクロス(二枚舌)って事ですかね。



続きを読む
posted by 雷庵博人 at 21:14| Comment(5) | TrackBack(10) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

中田翔効果

2008年の1月。プロ野球の主役は北海道日本ハムファイターズの高卒ルーキー中田翔選手だ。

日ハムの選手がオフシーズンとはいえ、連日スポーツ紙の一面を飾る日が来るとは。感慨深い。

なんといっても中田のキャラクター、発言、すべてが「紙面になる」。小遣い30万円、彼女います、母ちゃんに怒られた、卒業式号泣、日サロ行きました等々。

まさに大物。西岡とは違う意味でマジ大物w

私が指摘したいのは、そういったマスコミに取り上げられる以外の「中田翔効果」を考察したい。

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 21:04| Comment(5) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

鉄腕・稲尾和久さんが逝去

西鉄ライオンズのエースとして知られ、シーズン78試合登板・42勝をいう記録を達成した稲尾和久さんが70歳で逝去されました。

ご冥福を申し上げます。

関連記事
稲尾和久 公式サイト
さよなら稲尾さん惜しまれて鉄腕逝く(日刊スポーツ11月14日)
鉄腕逝く 稲尾和久氏が悪性腫瘍で急死(スポニチ11月14日)
稲尾メモリアル −栄光のプロ野球人生−(九州日刊スポーツ)

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 21:21| Comment(4) | TrackBack(3) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

稼頭央も大輔も東尾さんの弟子です

私は野球に関して言えば、パ・リーグ7割、高校野球1割、大学野球1割、社会人野球1割で脳内ハードディスクの要領を使い果たしてしまいます。それほど高性能のハードディスクではないので。なので、セ・リーグやメジャーリーグの情報というのはよっぽどでない限り脳内に入り込まないのですが、さすがに2007年のワールドシリーズは注目せざる終えません。

コロラドロッキーズvsボストンレッドソックス

コロラドには松井稼頭央(セクシーショートストップ・命名は文化放送の斉藤一美アナウンサー)

ボストンには松坂大輔(スマイルモンスター・命名は文化放送の斉藤一美アナウンサー)

2人とも東尾修監督に育てられ今がある選手です。
にしけたしみんなんかは、今シーズン5位だった事を忘れてワールドシリーズに夢中なのではないでしょうか。それ程2人がライオンズ在席時の活躍は忘れられないものでしょう。いや、忘れてはいけない。

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

ファイターズが2年連続パリーグ優勝

チバテレビで観戦。
ニッカン式ボックススコア
いけPさんknobさん優勝おめでとうございます!ファイターズは強いね。まず負けない。小笠原・新庄・岡島が退団しても、金村・八木がローテから外れてもまず負けない。効率よく得点し、守りが磐石。投げるピッチャーがきっちり仕事。こういうチームはまず負けない。本当に強い。

選手が昨年のアジアNO1で「勝利の方程式」を選手が身に付けましたね。監督やコーチが指示を出さなくても「この場面で自分のやるべき仕事は」をきちんと頭で解った上で、プレイで実践できる。そら、負けませんよ。

あの日ハムがかつての「森ライオンズ」のような野球をする。東京時代からのファンはどう思っているんだろう。


続きを読む
posted by 雷庵博人 at 21:27| Comment(6) | TrackBack(11) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

Vのシナリオ(西武ライオンズ)

Vのシナリオ 西武ライオンズ応援歌
作詞・作曲はチャゲ&飛鳥 歌うのは ばんばひとふみ

最初は、文化放送のアナウンサー(当時)梶原しげるさんが唄っていましたが、にしたけしがあまりに「常勝軍団」になってしまったので急遽、文化放送が用意したのですよ。作詞・作曲が飛鳥涼さん、歌うのはばんばひろふみさん。

♪ウォーウォー 時代の火付け役
 ビートを刻んだ 石毛のバット

♪ウォーウォー 不思議なピッチング
 今日も東尾 魔法が冴える

♪吼えろライオンズ 研ぎ澄ました牙が光る
 揺らすたてがみを レオ! レオ!

♪ウォーウォー 工藤の左腕がうなる
 消える魔球が ミラクルカーブ 

♪ウォーウォー リーグの仕事人
 漢(おとこ)太田にゃ 情けはいらぬ

♪ウォーウォー 伊東の華麗なプレイ
 勝利の女神を惚れさせた

♪ウォーウォー アジアの超特急
 郭が投げれば 風がまう

♪走れライオンズ 何処までも続く大地に
 爪を残して レオ! レオ!

♪ウォーウォー スティーブの芸術スイング
 チャンスに強い お祭り野郎

♪ウォーウォー 秋山の鉄人リスト
 ジェットを積んだ 打球が消える

♪ウォーウォー 命は森が持つ
 ゲームの終わりは 笑顔で締める


あと印象に残っているのは

♪ウォーウォー 嵐のマウンドで
 渡辺魅せます 超特急

♪ウォー ウォー 清原 スーパーヒーロー
 夢を叶える 大アーチ.
続きを読む
posted by 雷庵博人 at 00:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

オリックス松山コーチの長女が作家デビュー

さすが、パ・リーグ。
いや、この手の話題は大抵パ・リーグでしょう。

近鉄・吹石の娘が女優デビューとか
ソフトバンク・景浦の娘がモデルデビューとか

オリックス松山コーチ長女が作家デビュー(日刊スポーツ大阪版8月13日)
オリックス松山秀明守備走塁コーチ(40)の長女聖奈さん(神戸女学院中3年、文芸部所属)がこのほど作家デビューし、単行本の「魔法つかいマータ」(新風舎、税込1218円)を出版した。

 同書は聖奈さんが小学校3年時に執筆したもの。イラスト付きの小学校低学年向けで、タレントのベッキーも帯カバーにメッセージを寄せている。聖奈さんは「魔法を信じる心をいつまでも忘れないで欲しい。1人でも多くの笑顔が見られれば」とコメント。

 清原と同期のPL学園では主将を務め、全国制覇した同コーチも「小さい頃から読書好きでしたが、本を出すなんて夢にも思わなかった。私自身も勇気づけられます」とエールを送った。同書は現在、新風舎ホームページ(http://www.pub.co.jp/s/singpoosha/)など、インターネットのみで販売している。


続きを読む
posted by 雷庵博人 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

ガトームソンさん@毛生え薬で野球人生アウト

D・P・G! D・P・G!(AA略)

鷹・ガトームソンが「飲む発毛剤」で日本球界初の薬物違反(サンスポ8月11日)
■フィナステリド
 「飲む発毛剤」に含まれている成分で、筋肉増強剤使用の痕跡を消す作用がある。世界反ドーピング機関(WADA)の禁止薬物リストに掲載されている。近年問題となるケースが多く、スケルトンの米国有力選手が服用し、スポーツ仲裁裁判所(CAS)から1年間の出場停止処分を科され、06年トリノ冬季五輪の出場を逃した。日本では「プロペシア」という名で万有製薬から発売されていて、価格は1錠250円が目安。医師の処方箋が必要だが健康保険は適用されない。女性に効果はない。


福浦(ロッテ)と和田ベン(西武)は神!
髪は長い友達!
ガトームソンはいますぐ「カロヤン」に切り替える!

日刊スポーツのベタ記事に「白○チーフトレーナーが自己都合で退職」って記事を読んで「何故、この時期に」って不思議に思ったんだけど、そういうことだったのですね。


続きを読む
posted by 雷庵博人 at 22:43| Comment(2) | TrackBack(2) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

ダルビッシュ投手とサエコさんが「なか○し」婚

無論、タイトルの○には「よ」が入りますからねw
「なかよし」婚ですよ。

二人の愛の結晶であるお子様の健やかな成長を心よりお祈り申し上げます。びっくりするぐらい美形なお子さんになるんでしょうねぇ。非常に楽しみです。

妊娠二ヶ月って事は、モロにシーズン中。交流試合の頃に夜の交流戦かぁ。若いっていいな!

各誌の記事を読み比べてwktkしますか。

それにしても、スポニチのスクープ!
ダルビッシュ サエコと“直球愛”(スポニチ8月7日)
中田氏=直球愛 中田氏は無論「職業旅人」

ダルビッシュ10勝ヒーローインタビューで結婚報告(スポーツ報知8月9日)
ダルビッシュはまず「最初からヒーローインタビューを狙っていました」とあいさつ。ダルビッシュ有「お騒がせして申し訳ありません。結婚を前提に女優のサエコさんとおつきあいをさせてもらっています。ぼく自身すごくうれしいことに、子供を授かりました。家族が増えることになると思います。(サエコも)今日の試合を見てくれてると思います。今日は勝つと約束したので。ファンのみなさんも僕たちを暖かく見守ってください」
生暖かく見守りますよ(・∀・)ニヤニヤ

「続きを読む」以降は大人の時間ですので、18歳以下の方は「続きを読む」をクリックしないで下さい。

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 21:32| Comment(3) | TrackBack(1) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

金村大丈夫か?

自分はマリーンズファンですが、フーズフーズで育った世代。なのでファイターズは仲間です。

80年代〜90年代、「ライオンズブルーに歯が立たない」在京パ・リーグのマイナー球団仲間。本拠地移転で活路を見出だし、地域に根差し、ファンに愛され、遂にチャンピオンシップ制覇。

そこまで共通項目があればもはや同士。

その同士のエース金村がめった打ち。昨年の「勝ち投手の権利を持って、4回2/3で降板ブチ切れ事件」があっただけに、本当に心配だ。

金村、このまま終わるな!もう一度エースのピッチングを見せてくれ!

参考文献
フーズフーズの魂(KNOBLOG)
フーズフーズ
ファミスタ【フーズフーズ的】検定

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 20:05| Comment(2) | TrackBack(7) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

水島新司先生を野球殿堂へ!

日刊スポーツの欄外のスミのほうに載っている『アマ・プロ野球「私もひと言」』

朝日新聞の「声」ほどではないが、根強いファンが多い。(狂想さんリスペクト)

そんな中『アマ・プロ野球「私もひと言」』の常連投稿者で、鎌倉市から西武ドームに松坂大輔目当てで通勤する野球大好き熟女、松本篤子さん(74歳、神奈川・鎌倉市)から実にエキサイティングリーグ・パな提言がなされたので、当ブログで紹介したいと思います。

参考文献
『アマ・プロ野球「私もひと言」』にひと言! 12

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 22:12| Comment(6) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

祝!田中幸雄選手2000本安打達成

これまでは、堅守・俊敏・小柄といったショートのイメージを一新させた184センチ、91キロ「コユキ」。丸太のような腕で思いっきりボールを引っ叩く。強肩を活かしたダイナミックな守備。

まさに、日本のショートストップ像を一変させた先駆者。ついに2000本安打を達成!本当におめでとうございます。

田中幸雄2000安打達成(スポーツ報知2007年5月17日)
日本ハム・田中幸雄内野手「きれいなヒットで飾ることができて本当に幸せ。打った瞬間から、込み上げてくるものを抑えるのに必死だった」

 日本ハム・大社啓二オーナー「多くのファン、関係者、選手仲間から愛された選手であり、この快挙は多くの人の祝福を得られるだろう。これを通過点として新たな飛躍につなげてほしい」

 日本ハム・藤井純一球団社長「日本ハム一筋の22年間で、数々の記録を打ち立ててきた選手だが、まさに金字塔といえる記録達成をともに喜べることは何物にも替え難い。本当におめでとう」

 日本ハム・高田繁ゼネラルマネジャー「入団時は監督で、区切りの時にも球団にかかわれていることはうれしい。ここ数年は控えに回り、故障もあって大変だったと思うが、その分、喜びも大きいはず。大したもの」

 日本ハム・大沢啓二元監督「仲人もしているし、おめでとうの言葉以外見つからない。一つの球団でなかなかできることではない。これを財産にして今まで世話になった球団に、指導者としても恩返ししてほしい」
それにしても、日本ハムファイターズ初の生え抜き選手の名球界入り。北海道移転、昨年の日本一とともに歴史に残る快挙ではないでしょうか。

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 23:37| Comment(3) | TrackBack(8) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

裏から渡す獅子を見た

亜星もしげるも泣いてるぞ。
あやまれ、手塚先生に謝れ。
オズラも思わず脱帽。

もう情けなくなるよ。
たしかに私は西武ライオンズは嫌いですよ。
そりゃもう、オールドロッテファンならご存知の「俺に近づくな西武ファン」という気持ちで一杯です。

そうはいっても、愛憎入り混じった感情。
たとえ千葉県在住でも、気持ちはにしたけしみんだし、子供の頃の西武球場の思い出(花火とか秋山の鉄人リストとか)はいつまでも色あせないし、やはり一度は好きになった球団。

なのでこの調査結果はもうため息しか出ない。

西武現金供与:新たにアマ5選手に計6160万円 調査委(毎日新聞2007年4月3日)
プロ野球・西武ライオンズのアマチュア2選手への現金供与問題で、球団が設置した調査委員会(委員長・池井優慶応大名誉教授)は4日、球団創立の78年10月から05年6月までの27年間に、新たに5人の選手(外国人1人含む)に対し、契約金の前渡し金などの名目で計6160万円を支払っていたことを公表した。また、入団選手の高校、大学、社会人野球の監督ら延べ170人に謝礼として計1億3500万円を同じ期間に支払っていたことも明かした。(中略)中間報告によると、5選手には契約金や報酬金の前渡し、海外渡航時のせんべつ金の名目で、1人当たり30万〜約2800万円を渡していた。アマチュアの監督らへの謝礼金は、1人当たり10万〜300万円の現金か商品券を渡し、その額は年間約500万円に上った。中には1000万円や500万円、410万円の高額の支払いも1回ずつあった。高校、大学野球の監督や関係者への支払いも学生野球憲章に抵触する。(以下略)【立松敏幸】


4月7日追記
いわゆる「一場問題」以前には、手段はどうあれ「囲い込んだスカウトは仕事のできるスカウト」という価値基準の下、スカウティング活動が行われた時代がありました。その時代の常識を現在の常識で裁くのはまったく合理的ではありません。ヒステリックな魔女狩りになる恐れがあります。

西武現金供与:新たな金銭問題 関係者コメント集(毎日新聞4月4日)
▽ロッテ・バレンタイン監督 過去の間違いが見つかったからといって、今からは何もできない。我々がすべきは、これから間違いを起こさないようにすること。起きたことに集中するのではなく、これからどうすべきかだ。
このコメントが最も適切なコメントだと私は思います。(この文章だけ真面目で、周りの文章から浮き上がって見えるのは気のせいです)

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 23:32| Comment(8) | TrackBack(3) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

パ・リーグ6球団、開幕一軍発表される。

いよいよ開幕を目前に控え、各チームの開幕戦出場選手登録がパシフィック野球連盟より公示されました。

パ6球団の開幕戦出場選手
開幕戦出場選手のお知らせ

マリーンズはなんと言っても「背番号54」でしょう。




続きを読む
posted by 雷庵博人 at 22:13| Comment(9) | TrackBack(1) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

千のネタになって

2007-0310-2108.jpg♪私のブログのネタで泣かないで下さい。
今回のエントリーで当ブログ「雷庵博人の遺書いで口に吸え」が1000回投稿を達成致しました。これもひとえに読者の皆様のお引き立てのお陰です。本当にありがとうございます。今後ともこれまで同様のご愛顧の程を!今後とも「清く・正しく・悪ふざけ」を続ける事を誓います!

そして、私の人格形成に多大な影響を与えてくれたばかりではなく、今日という記念すべき日に「ネタ」を与えてくれた西武ライオンズ球団さまに心より感謝いたします。

西武球団裏金:「奨学金と思った」早大選手の父親(毎日新聞3月10日)
「奨学金のつもりで受け取った」
「一○選手とはお金の意味が違う。あくまで借りたつもりだった。別の私立大学に行っておけば、こんなことにならなかった。息子を躍らせた西武は許せない」を流行語大賞にしたい気持ちで一杯です。自分のことを棚にあげる59歳の父、素敵やん。

ちなみに、一○投手は栄養費で中野のキャバクラで英気を養ったそうです。

あとW大のA選手と思われる、神戸出身で東北地方の高校出身の外野手東京六大学のサイトで2006年の成績を調べたけど、大した成績を残していないんだよね。そりゃ打ち切るよね「栄養費」。背伸びして早稲田に行かずに、素直に東北地方の大学に推薦入学すればよかったのに。

西武現金供与:東京ガスの木村投手が会見、事実認めて謝罪(毎日新聞3月10日)
B投手は東京ガスの木村雄太投手。
また木村か。「言葉にできない」

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 21:22| Comment(16) | TrackBack(2) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

中村紀洋は球団事務所に行くべきだ

ノリよ、清原さんの言うとおり球団事務所に行って直接交渉したほうがいいぞ。野球界でしか通用しないブランドなんて社会では何の役にも立たない。今のノリがハローワークに行った所で「年俸8000万円」の仕事なんて一つも無いぞ。

「頭冷やせ」清原がノリに説得電話(日刊スポーツ1月11日)
清原「頭を冷やせ! 今年も一緒に野球しよう」

清原「人には言えないいろんな事情があると思う。でも今年、もう1回ノリと一緒に野球がしたい。オレも進退を懸けて戦う。オリックスで2人力を合わせて頑張ろうやないか!」。

清原「男なら納得できなくても折れないといけない時がある。このままだと野球を辞めないといけなくなる可能性もある。弁護士をはさんだことで真意が伝わってないかもしれない。ここは少し頭を冷やして、ノリがスーツを着て会社行って『すみませんでした、野球やらせてください』と一言謝ったらすむ話だと思う。オレも気持ちはよく分かるから」。

清原「やっぱり野球選手は野球でしか表現できない。グラウンドで結果を出すしかない。今回減った分は、来年倍以上にしてもらったらいいやん。このままでは天国の仰木さんも泣いてると思う」。

清原「あのころの初心に帰って、もう1度頑張ろうや。ノリがいなくなるのは考えられへん。オレは信じてるよ」。
朝この記事を読んで涙が出そうになったよ。まったくもって清原さんの言う通りだよ。

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

前川容疑者

元近鉄バファローズのエースが、こんな幼稚で稚拙な人間で本当に悲しい。そもそも、自分で轢いた被害者と口論ってありえない。本当に大バカヤローだ。

「無免許だったので怖くなって逃げた」
逃げたら追いかけられます。警官相手に逃げ切れると思ったのでしょうか。警察はそんなに簡単ではありません。「11月31日」と言えばどうにかなる近鉄バファローズのフロントとは違います。反省しているなら、ここにサインしろ!

「接触事故」だけならそれ程でもないと思いますが、「無免許」「ひき逃げ」「業務上過失傷害」まで乗っかると間違いなく裁判で実刑(追記、かどうかは現段階ではなんともいえません)
そして「被害者と口論」。
示談が成立せず裁判長の心証が悪くなる予感。
オリックスの前川投手を無免許、ひき逃げで逮捕(朝日新聞2007年1月7日)
無免許運転で女性をはね、逃走したとして、大阪府警南署は7日、プロ野球オリックス・バファローズの投手、前川勝彦容疑者(本名・克彦)(28)=大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目=を道交法違反(無免許、ひき逃げ)と業務上過失傷害容疑で逮捕した。前川容疑者は「無免許だったので怖くなって逃げた」と供述しているという。前川容疑者は98年に免許を取ったが、スピード違反などを繰り返し、02年に免許を取り消されていた。調べでは、前川容疑者は6日午後2時ごろ、大阪市中央区心斎橋筋2丁目の御堂筋の交差点で、乗用車を無免許で運転中、横断歩道を自転車に乗って渡っていた同市港区の歯科衛生士の女性(28)に衝突。女性を転倒させ、両ひざの打撲など約1週間の軽傷を負わせたが、救護せずに走り去った疑い。前川容疑者は事故後、車から降りて女性と口論。現場近くの駐大阪韓国総領事館を警戒していた府警機動隊員が事故を目撃し、免許証の提示を求めたが、従わずに再び乗車して走り去ったという。乗用車のナンバーから所有者が前川容疑者と分かり、同署が6日夜から事情を聴いていた。
交通違反、交通裁判に関して興味のある方はこちらのブログをご参考に
今井亮一の交通違反相談センター2
無免許ひき逃げのオリックス前川投手 どうなる?
無免許ひき逃げのオリックス投手 続報

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 01:39| Comment(3) | TrackBack(13) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

若獅子ミニファン感謝の集い

2006年11月23日に行われた「西武ライオンズファン感謝の集い」は盛況のうちに幕を閉じました。その中で今回は西武第二球場で行われた「若獅子ミニファン感謝の集い」の様子をご報告したいと思います。

参加選手は黒瀬春樹内野手、松阪健太外野手、星秀和内野手、藤原虹気投手の4名。お目付け役で渡辺久信に軍監督が出席。試合進行はNACK5のライオンズ中継でおなじみの千代綾香(ちよあやか)さん

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 22:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

2006ライオンズファン感謝の集い

2006-1123-1335.jpg西武第二球場開放中!ファンが選手が練習で汗を流し、試合で成長する大地でキャッチボールしてます。
実にいい雰囲気ですね。

100人を超えるファンや子供たちが、楽しそうにキャッチボールをしています。何よりのファンサービスです。野球はまずキャッチボール。キャッチボール以上のコミュニケーションはありません。こういうシンプルだけど、主催者のメッセージが直接伝わる企画は大歓迎です。室内練習場も開放され、みんな「自分が選手だったら」という脳内シュミレーションしながら、野球を体感しています。

ボビーもこのファンサービスは太鼓判でしょう。
ロッテも見習えよ。

キャッチボールの間隙を縫うように
僕は走った
西武第二球場を
稼頭央のつもりで走った
左打席から一塁ベースを
井原さんの教えを守って
左足で踏んだ
セカンド、サードと疾走する
ホームベース付近で
記念撮影する人たちを
キャッチャーに見立てて
ホームイン
第二球場でベーランをしたのは
僕一人だったのはナイショだよ

「続きを読む」以降は松坂大輔選手会長のあいさつ

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 13:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

西武ライオンズファンクラブの改革

私は千葉ロッテマリーンズを応援し、かつファンクラブにも入会していますが、同時に西武ライオンズのファンクラブにも入会しています。本日、ライオンズファンクラブよりお知らせ(L-magazine)が郵送されました。

なぜ私は、ライオンズファンクラブに入会するのか。ひとつは「安くマリーンズ戦を観戦する」。二つ目は「混雑しない内野自由席でじっくり観戦する」。三つ目が「来場ポイントで招待席を獲得(゚Д゚)ウマー」。

この無料招待券(魔法のチケット)があれば「今日は涌井とダルビッシュの先発かぁ。ヒマだし見に行くかな」と財布の中身を気にする事無く、それこそ当日にツッカケをはいて、混雑とは正反対の客席で野球を楽しむ事ができるのです。まさに「パ・リーグ」の野球観戦です。

チケットを事前に入手する必要なく、チケットを購入するのに、スタジアムに入場するのに、一切並ぶ必要のない、ストレスとは程遠いのが、パ・リーグです。(昨今、福岡・札幌・千葉はそうもいかなくなりました)

無論、球団経営としてこのままでいい訳がありません。西武ドームの平日ナイターでも有料入場者が15,000人ぐらいは欲しいところです。しかし、お金を払って観戦している人の人数は、かなり少ない。

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 20:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする