2008年09月05日

ドラフトの目玉、田澤投手がメジャー流出というが・・・

正直ちゃんちゃらおかしいと思うんですがね。

今秋ドラフト超目玉、新日石・田沢米流出(日刊スポーツ9月5日)

じゃあなんで、2002年のドラフトの目玉で、自由枠候補だった多田野数人投手がメジャーに挑戦した時に同じように「流失、断固阻止」って意見が出なかったんですかね。

まったく納得できないですよ!

多田野がメジャーに流出した時点で、NPBは四の五のメジャーに文句が言えないんです。

「うわぁ、これは正論だ。たまげたなぁ」

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

Hondaが大逆転でサヨナラ勝ち

080830_210733.jpg東京ドーム・都市対抗野球
○Honda(狭山市代表)6×-5 日本新薬(京都市代表)●

5-5の同点で迎えた9回裏。先頭の吉岡が放った打球は左中間へ。レフト・センターが交錯、打球はレフト・センターの頭を越えフェンスへ転がる。その間にバッターランナーが一挙ホームイン。

最後は呆気ない幕切れも、見応えのある好ゲームでした。

posted by 雷庵博人 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

祝!山本昌投手200 勝達成

見事な完投勝利。本当にお見事です。

岩瀬がいないとはいえ、最後まで山本昌を交代しなかった落合監督の采配。ここ一番で迷いがないですね。
続きを読む
posted by 雷庵博人 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

都立が甲子園に行くのはやっぱり夢なのだろうか

西東京も東東京もベスト8で終了しました。
西東京で最後まで残ったのは都立小平高校。ここは2006年にベスト4進出という快挙を成し遂げた学校で「夢よもう一度」と期待したのだが、さすがに世の中と日大系列は甘くない。

それにしても西東京。
ベスト4進出高
日大二・日大三・早稲田実業・日大鶴ヶ丘

3/4日大系列ですよ。なにこの変態っぷりw
さすがに、予想とかする気にならない。
興味は皆無といっていい。

「まさにツームストン」

 このご時勢に「テンコジ友情物語」でG1を盛り上げようとする新しい日本に比べれば
、「3/4日大系列」はドラゴン告訴のようなものか。まだマシって。

「それなら俺と大森でWJを訴えてやるって」

ええっと、何の話だっけ?

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 21:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 野球全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

桑田真澄さん引退と松井秀喜師匠の結婚

海の向うから両極端なニュースが飛び込んできました。「おめでとう」と「お疲れさま」を言い間違えないようにしなければ「お日柄も良く ご愁傷様」だと映画になってしまうが。

桑田が現役引退…プロ23年目40歳目前の決断(スポーツ報知3月27日)

挑戦し続ける男、桑田真澄がついにボールとグラブをマウンドに置く日が来た。その野球人生は明と暗の繰り返し。

PL学園での全国制覇、盟友清原和博とのKKコンビは高校球界の大看板だった。そんなさわやかな二人に運命のいたずらが襲う。ドラフト当日、清原が憧れ、入団を切望した読売は桑田を指名した。桑田は大学進学が囁かれ、どの球団も指名を見送ったのだ。読売を除いて・・・。

読売巨人軍入団時からダーティなイメージ。桑田の運命は流転する。2年目に最優秀防御率のタイトルと沢村賞を獲得するも、その後はスポーツ用品メーカーの社員に暴露本を出版され、登板日漏洩疑惑で謹慎処分。バブル期の不動産投資失敗による多額の借金、そしてアニータ・カステロさん。

どこまでも運命に翻弄される。そして1996年。三塁線の小フライをダイビングキャッチし、右ひじ側副靱帯断裂の大怪我に見舞われる。普通なら、ワンバウンドした打球を処理するものだが、桑田の運動能力の高さがノーバウンドでの捕球を可能にしてしまった。何たる皮肉。

そして1997年。復帰登板の際、跪きマウンドに右ひじをつける。桑田は本来、純真な野球小僧。そのことを自らの右ひじと引き換えに日本中に改めて知らしめたのだ。何たる皮肉。

右ひじを故障してからは本来の投球ができなくなってしまった。そんな状態で2002年に再び最優秀防御率のタイトルを奪取。まさに超人。

しかし、プレイヤーとして輝いたのは残念ながらこの年が最後。2006年に読売を退団。その後は自信の夢であるメジャーリーグへの挑戦。そして2008年3月26日にその挑戦は終了する。

もし、借金がない状態で、90年代にメジャーリーグへFA移籍していたら野球界の歴史は替わっていたのかもしれない。

こうやって球歴を振り返るだけで、書き手の心が踊る選手はそうはいない。やはり、桑田真澄は偉大な野球小僧なのだ。

スポーツ報知の記事より引用
12日に当地を訪れ、開幕メジャーを信じて19日に帰国した家族には、テレビ電話ですでに引退を伝えた。画面の向こうで涙をぬぐう真紀夫人と、「違う球団でやらないの?」と強いまなざしで問う長男・真樹君がいた。桜美林高入学を4月に控え、25日から野球部の練習に参加し始めた息子に、桑田は言った。「僕についていた野球の神様が、今度は真樹につく番なんだ。とっても強い神様だから、きっと、もっと野球がうまくなるぞ」父親に迷いはなかった。
ミスターについていた野球の神様は一茂にはつかなったり、ノムさんについていた野球の神様はカツノリにはつかなかった歴史がありますが、さて桑田親子はどうか。父PL、息子桜美林なので縁がないわけではないだろうが・・・。

「続きを読む」以降は松井秀喜師匠の結婚



続きを読む
posted by 雷庵博人 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(3) | 野球全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

プロ野球2008 セ・パ順位予想

2008プロ野球開幕記念!明日20日にパ・リーグ開幕を控えた今日19日に相応しい企画です。LOVELOGトラバーのお題が『今年のプロ野球の優勝チームは?』なのです。珍しくタイムリーなお題ですね。ってかトラバーに参加するのは今回が初めて。まずは気の毒なリーグのペナントレース予想から

セントラルリーグ
1位 読売ジャイアンツ
2位 中日ドラゴンズ
3位 阪神タイガース
4位 東京ヤクルトスワローズ
5位 横浜ベイスターズ
6位 広島カープ

クライマックスシリーズ優勝 中日ドラゴンズ

ハンデがあってクライマックスシリーズ敗退
読売哀れw くやしいのうw くやしいのうw

これ以外に予想の仕様がない。
せいぜい、4位と5位がひっくり返るぐらいか。
横浜は三浦にしろ寺原にしろ「12勝10敗」がデフォなピッチャー。東京ヤクルトは増渕・加藤・村中・リオスとブレイクすれば15勝の可能性のある秘密兵器的なピッチャーが4人いる(無論、4人とも秘密のままシーズン終了する可能性大)期待値の高さで4位東京ヤクルト、5位横浜としました。Aクラス3つは能書きいらないですよね。書く気すらないしw

6位予想のチームはエースと四番が抜け、本当にお気の毒様としか言いようがない。そういう意味で「 かくさしゃかいにまけないよ」を書くべきは広島カープのスライリーではないかと小一時間。まあ、セリーグは気の毒ですよ。局地的な試合の勝敗で一喜一憂できても1年間楽しめるかというとね・・・。

井端はいいバッター( ´w`)
川相さん帰りますよー[ー。ー]っ
は収録されていません。当たり前の話ですが・・・。


「続きを読む」以降はパ・リーグ大予想

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 21:16| Comment(4) | TrackBack(6) | 野球全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

クライマックスシリーズの制度が変わります

どうしてクライマックスシリーズは毎年制度を変えるのでしょうか?それも特定の球団へ便宜を図るかのように。
「リーグVチームに1勝」パがCS見直し案を了承
(読売新聞2月12日)
パ・リーグは12日、理事会を開き、今年のクライマックスシリーズ(CS)第2ステージは昨年の5試合制から6試合制に変更し、リーグ優勝チームに1勝のアドバンテージを与えるという、セ・リーグ提案の見直し案を全球団一致で了承した。
元々パ・リーグ独自の制度で始まったクライマックスシリーズでは「シーズン1位チームに1勝のアドバンテージ」だったので、パ・リーグからすれば「元に戻った」という印象なのかもしれません。
CS見直し案は先月の実行委員会でセ側が提案し、パも検討を了承。この日の理事会では、各球団からリーグ優勝チームにメリットがあった方がいいという意見が相次ぎ、全球団がセ・リーグ案に賛同した。
いかにもセ・リーグがいい事を言いました見たいな印象を受けたのは単なる僻み根性です。



続きを読む
posted by 雷庵博人 at 20:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 野球全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

【訃報】加藤博一さん・清水明美さん

さすがに、昨日・今日は堪えた。辛いよ。
書きたくないけど、書かないと前を向けない。
だから書く。

早すぎたスーパーカー 加藤博一氏逝く(スポニチ1月22日)
加藤博一さん肺がんで死去、56歳の若さで(日刊スポーツ1月22日)
子供の頃見たテレビの野球中継でブラウン管の中にいる選手が亡くなるって、淋しいね。
あんなに明るい前向きな解説者もそうはいない。
スーパーカートリオが鬼籍。信じられない。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 21:45| Comment(8) | TrackBack(1) | 野球全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

マスターズリーグ札幌ー東京

080102_180436.jpg五回裏の終了

札幌 6-2 東京

初芝神がショートを守っています


試合終了
○札幌 6- 2 東京●
続きを読む
posted by 雷庵博人 at 19:38| Comment(2) | TrackBack(1) | 野球全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

○日本ーチャイニーズタイペイ●@東京ドーム

071203_190633.jpg東京ドームのパブリックビューイングです。
昨日の日本vs韓国戦をテレビ観戦。これは家でテレビを見ているではないと思い東京ドームまで来てしまった。

オーロラビジョンに映し出されるテレビ朝日の画像+音声よりも、文化放送(AMラジオ)の音声の方が早い。

新井のデッドボールがファウルと判定。(1回表)。よし!抜けたザマミロ(1回表、新井が先制タイムリーヒット)

審判がことごとくチャイニーズタイペイよりな判定

試合終了
○日本 10−2 チャイニーズタイペイ●

日刊スポーツ式スコア


・きを読造
posted by 雷庵博人 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(15) | 野球全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

北京五輪野球予選 ○日本4−3韓国●

上原のピッチングでようやく平静を取り戻した。
それまでは、口も利けないほどの緊張感。
(テレ朝の解説者の東尾さんも無口になってたしw)

すごい試合でした。
こういう試合を素直に観戦できない人は不幸ですね。
純粋に野球を楽しみました。

北京五輪野球予選 日本ー韓国(日刊スポーツボックススコア)

正直、8回裏は藤川をだせばもっと楽に勝てたよね。

韓国の「メンバー表が直前にがらっと変わる」、「ボールに当たりに行く」(避けないとストライクじゃないの?)とクオリティを発揮されていらっしゃって何よりです。




続きを読む
posted by 雷庵博人 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

●上武大0ー2東洋大○

071113_172833.jpg明治神宮野球大会準決勝
5回裏終了
上武大0-0東洋大

白熱の投手戦!


試合終了
●上武大0-2東洋大○

9回表、東洋大が相手タイムリーエラーで先制、大野のタイムリーで追加点。東洋大先発の大場は堂々の完封勝利。前日の東海大戦完投に続き今日は完封。すざまじいスタミナと底力。
posted by 雷庵博人 at 17:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

●八戸大2ー3早稲田大○

071113_141311.jpg6回表終了
八戸 2-3 早稲田

早稲田の斎藤投手は5回2失点で交代

試合終了
●八戸2-3早稲田○

早稲田大は斎藤ー大石のリレーで八戸大に得点を許さず、5回表に田中幸長のタイムリーで挙げた虎の子の1点を守りきった。

八戸大打線は6回以降、大石の豪速球の前に1安打に
抑えられた。
posted by 雷庵博人 at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

鷺宮製作所-新日本石油エネオス

2007-0830-1402.jpg5回裏終了
鷺宮 3ー1エネオス

3回表、エネオス。吉浦のソロホーマーで先制

5回裏、鷺宮。関の2ランとセンター悪送球の間に一点追加


試合終了
○鷺宮 6-1 エネオス●
続きを読む
posted by 雷庵博人 at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

名門!第三ジョージア州立大学野球部

首都大学野球連盟の2007年度秋季リーグ戦の日程が発表されました。

当ブログのレギュラーメンバー(常連容疑者)には、ジョージア州立大学の卒業生が数多く存在するので、あえてこのネタを取り上げたいと思います。

これは凄いですよ。ジョージア州立大学で公式戦が開催されるのですぞ!

第二週
9/15(土)
筑波大−ジョージア州立大 (10:30)
帝京大−東経大 (13:00)
ジョージア州立大学野球場

9/16(日)
東経大−帝京大 (10:30)
ジョージア州立大−筑波大 (13:00)
ジョージア州立大学野球場


ジョージア州立大学野球場をgoogleマップで

最寄り駅からタクシー以外に観戦方法がないw

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 22:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 野球全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

またもや没収試合だ!

以前、ドカベンこと香川伸行氏が監督を務めた福岡美咲ブラッサムズ
2006年3月25日 公式戦初戦。4回裏1点を返してなお攻撃中、出場未登録の元プロ野球選手市場孝之を代打に起用して没収試合
とか、沖データ・コンピュータ教育学院が沖データが未登録の選手を代打に送り、没収試合など没収試合はごくまれに見られるのですが、今日6月22日にも没収試合が誕生してしまいました。

参考資料
没収試合は存在する!

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

伊吹文明文科相は神!

 文科省ダメ出しも高野連改定拒否(スポーツ報知5月12日)
日本高野連の脇村春夫会長(75)が、伊吹文明文科相(69)に“ダメ出し”された。11日、国会内で面談し、スポーツ特待制度に関する救済措置について説明したが
「野球だけがダメというのは現実から離れている」とピシャリ。その後、出席した自民党文部科学部会・文教制度調査会の合同会議でも「学生野球憲章を見直すべき」など厳しい指摘を受けたが、脇村会長は「高校野球としてどうすべきか対処していきたい」と“初志”を貫徹する考えを示した。永田町で繰り返された度重なる“ダメ出し”にも、脇村会長は頑として首を縦には振らなかった。まず、伊吹文科相に「スポーツに優れている人が特待制度を受けるのは、大いにあっていいと思う。野球だけがダメというのは現実から離れている」と、日本学生野球憲章に違反するスポーツ特待制度を禁止している高野連の姿勢に、批判的な見解を示された。さらに、特待制度の基準設定に関し「授業料の免除などは他のスポーツもあるので、バランスを考えながら基準作りをしてはどうか」との提言も受けた。だが、脇村会長は「高野連には学生野球憲章があり、歴史的な問題、野球留学の問題もある。他のスポーツとの関係というよりは、高校野球としてどうすべきか対処していきたい」と独自路線を貫く考えを示した。


伊吹大臣GJ!
高校野球の実情を余す事なく描いた、田中誠先生は神!高野連に読ませたいこの1冊



個人的にツボに入ったのはこのコメント。

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 23:03| Comment(5) | TrackBack(0) | 野球全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

かんぽの湯 旭九十九里温泉

2007-0415-1409.jpg宿の後ろは太平洋だよ

せっかくの休みなので、かんぽの宿 旭九十九里温泉の日帰り入浴でのんびり温泉につかってきました。露天風呂は潮の香が漂い、遠くからは波の音が聞こえ、いい感じです。さすがに簡保で設立した宿だけあって、設備は充実しています(深読み可能)。「メンテナンスにいくら掛かるんだ」と思わせるジャグジーの数々。

なにより良かったのは超ぬるめの「寝湯」。温水プールぐらいの温度のお湯に寝た状態で入浴できる。これがいい。時間を忘れうたた寝する喜び。一杯引っ掛けた後、こたつで寝るような気持ちよさ。

ロッカーで着替えていると「いやー汗が出ますねぇ」と満面の笑みで話しかけるお父さん。聞けば「柏から車で2時間半かけて来た」そうで、「気が向くと入りに来るんですよ」と。そのお父さんは、かんぽの宿 旭九十九里温泉に入浴するためだけに車を飛ばしてきたそうで。それだけリピーターが多いのでしょうねぇ。

自分はペーパードライバーなので(この地域で生活するにははっきり言って不向き)、宿から駅までの送迎バスを利用するのですが、その車中で常連のおばあさんと運転手さんがいい感じで会話をするんですよ。

婆「最近○○さんこないねぇ」
運「入院していたって聞きましたよ」

運「今度、ここにコンビにできるそうですよ。そういえば駅前のコンビニ、無くなっちゃいましたね」
婆「あっこは駐車場がないからだめだっぺ」
運「ああ、やっぱり駐車場がないとだめかぁ」

いいっしょ?こういうの。

さて僕が「かんぽの宿 旭九十九里温泉」に到達するまでに色々あったわけで。

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

野球界にはノリ分と狼主分が足りない

「野球界には鉄分が足りない」
そんな意見を耳にする。しかし、どうだろうか。福岡ソフトバンクホークスに移籍した小久保裕紀はリーダーシップを発揮。横浜ベイスターズの佐伯貴弘は不本意な成績で終わった昨年の汚名返上をすべく、それぞれ懸命にキャンプを過ごしている。牛島和彦は断固として飛行機に乗らない。

「野球界にはアンダースロー分が足りない」
そんな意見を耳にする。しかし、どうだろうか。千葉ロッテマリーンズの渡辺俊介は優勝に貢献し、「アンダースロー論」という著書を出版。下敷領悠太は法政大学から日本生命に入社。昨年の日本選手権準優勝に貢献した。

「野球界にはナックルボーラー分が足りない」
そんな意見を耳にする。しかし、どうだろうか。広島カープに入団したフェルナンデスは115`の巨体を揺らしナックルを操る。「ビールを飲んだ方がボールが揺れる」と言うから面白い。阪神タイガースの渡辺亮はナックルを習得すべく日々研鑽している。

さて、そんな昨今。
「野球界はノリ分と狼主分が足りない」
そんな意見を耳にする。

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

「感動、興奮、スポーツを支えるもの」

1月27日、築地本願寺にて行われた仏教文化講座を拝聴してきました。

「感動、興奮、スポーツを支えるもの」とのタイトルで、根來泰周師(弁護士・日本プロフェッショナル野球組織コミッショナー)が話をなされていました。

参考資料
築地本願寺
根來泰周 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


続きを読む
posted by 雷庵博人 at 16:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 野球全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする