2018年02月17日

第35回フェブラリーSと第52回小倉大賞典の予想 #keiba #競馬

第35回 第35回フェブラリーS

◎テイエムジンソク 〇ゴールドドリーム ▲ケイティブレイブ
△ベストウォーリア・サウンドトゥルー

見解
ゴールドドリームは非常に強い。羽生結弦選手のように「連覇」が期待される。名前がゴールドドリーム、まるで羽生結弦選手のようだ。出遅れても府中の直線の長さを考えれば、十分に差し切るだけの能力はある。とはいえ、このレースに関しては、強い馬よりも応援したい馬の馬券を買う。幸い競馬には2着入線でも的中の連複がある。テイエムジンソクの先行力はここでも通用する。「充実期に入ったクロフネ産駒は負けるまで買い続ける」(クロフネ産駒は低迷したらスランプが長い)という馬券格言がある。これだけ堅実で先行力がある馬はそうはいない。お金に余裕のある方はゴールドドリームとテイエムジンソクの2頭軸マルチで三連単がよろしいのではないでしょうか。

「続きを読む」以降は第52回小倉大賞典の予想。

11レース 第52回小倉大賞典

◎マサハヤドリーム 〇トリオンフ ▲ストレンジクォーク
△ダッシングブレイズ・スズカデヴィアス・サトノアリシア

見解
逃げ・先行馬が揃い、ハンデの軽い差し馬を狙いたい。人気のトリオンフは早めに仕掛ける。それをマークする(であろう)マサハヤドリームから夢馬券。小倉芝【2000】なので、もしかしたらメイショウカイドウのような「小倉の鬼」かもしれない。
posted by 雷庵博人 at 18:56| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。