2016年02月20日

第33回フェブラリーステークスと第50回小倉大賞典の予想

東京11レース 第33回フェブラリーステークス

◎ノンコノユメ ○ベストウォーリア ▲ホワイトフーガ
△モーニン・コパノリッキー・ロワシャルダン

見解
脚抜きの良い前が止まらない湿ったダートで、追込馬を本命にするのはどうかと思うが、ノンコノムメの脚はG1級。信じられないところから飛んできて、きっちり差し切る。

「続きを読む」以降は第50回小倉大賞典の予想
小倉11レース 第50回小倉大賞典

◎アルバートドッグ ○テイエムタイホー ▲メドウラーク
△マイネルフロスト・ベルーフ・メイショウヤタロウ

見解
この所オープン特別で3着続きのアルバートドッグ。正直、人気先行型だと思うが、上り3ハロン33秒台の脚を使える馬で、ハンデ55キロは恵まれた印象。定年間近の松田博資調教師に重賞勝利をプレゼントだ。
posted by 雷庵博人 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

フェブラリーS予想 byびぜんや
Excerpt: ひと月ほど前、「JUGEMブログでJASRAC管理楽曲の歌詞掲載が可能になりました」というお知らせが出ていました。 これでこれからは予想の前フリ、または本文で歌詞を織り交ぜて書いてみたり、先取り展望..
Weblog: 週刊萌馬
Tracked: 2016-02-20 23:52