2015年12月25日

第138回中山大障害と第10回阪神カップの予想

中山10レース 第138回中山大障害

◎アップトゥデート ○サナシオン ▲アポロマーベリック
△マキオボーラー・エイコーンパス

見解
障害戦5連勝のサナシオン。これは相当に強い。しかもサンデーレーシング。ついに、社台グループは障害界でも頂点を極めるのか。そこに立ちはだかるのは、中山グランドジャンプでレコード勝ちのアップトゥデート。ノースヒルズの生産馬だ。休み明けはマイナスだが、強い馬は関係なく強い。そんなの関係ねえ。オッパッピー。

来年2月に引退する松田博資調教師。土曜日は中山大障害にエイコーンパスを、日曜にには有馬記念にラストインパクトをそれぞれ出走させる。松田博資師は、現役騎手時代は障害騎手として鳴らした。しかし、最後の最後まで中山大障害だけは勝てなかった。調教師として最後の中山大障害を、エイコーンパスで勝ったらドラマだなぁ。

「続きを読む」以降は第10回阪神カップの予想

阪神11レース 第10回阪神カップ

◎テイエムタイホー ○ビッグアーサー ▲ウリウリ
△アルマイオリ・アクティブミノル・ダノンシャーク

見解
リピーターが激走するのが、このレース。芝の1400に適性のある馬、阪神コースに適性のある馬が毎年のようにやってきます。キンシャサノキセキ、キンシャサノキセキ、サンカルロ、サンカルロ、リアルインパクト、リアルインパクト。麻雀の七対子みたいですね。

普通に考えればビッグアーサーなんでしょうけど、この馬は来年は香港スプリントに出走します。それぐらい強い馬。テイエムタイホーは、阪神コース【5014】、芝1400【1303】と好走歴があり、いかにもリピーターっぽい。
posted by 雷庵博人 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック