2015年10月04日

競馬場が新宿コマ劇場になる日

先週、中山競馬場で行われたセントライト記念。勝ったのはキタサンブラック。オーナーは歌手の北島三郎さん。

北島三郎さんの愛馬V 菊花賞へ「勝ったら馬場で歌う」(朝日新聞2015年9月21日)
千葉・中山競馬場で21日にあった朝日杯セントライト記念で、歌手・北島三郎さんの愛馬キタサンブラックが優勝し、菊花賞に向け秋の好スタートを切った。北島さんは「いい馬に巡りあえて幸せ。けがをせず、菊花賞に向かってほしい」。春は皐月賞3着、ダービー14着とあと一歩で大レース制覇を逃した。次は菊花賞。「勝ったら歌わせてもらいます」と悲願達成の場合の「ライブ」を改めて公約した。京都競馬場で北島さんがノドを披露することができるかどうか。キタサンブラックの走りにかかっている
キタサンブラックが菊花賞を勝つと、サブちゃんが一曲歌ってくれるそうです。京都競馬場が新宿コマ劇場に変わる日も近いですね。
そういえば、前川清さんが所有するコイウタがヴィクトリアマイルカップを勝った時は、歌わなかったよな。

♪あなたのそばで 走れるならば 辛くはないわ この東京ダート

さて、昨日(9月26日)阪神競馬場で行われた夕月特別。アスカビレンが1着。本賞金を加算し秋華賞出走へ一歩近づきました。さて、アスカビレンのオーナーは神田紘爾さん。シンガーソングライターの小椋佳さんです。アスカビレンが秋華賞制覇で小椋圭さんが一曲歌うというのはどうでしょうか。最終レースが終わった後に「少しは私に愛を下さい」を歌っていただきましょうか。

♪少しは 私に 当たりを馬券を下さい

ロッコウオロシにさっそうと1着ゴールイン!

【POG】ロッコウオロシ産駒が初勝利(デイリースポーツ2015年9月26日)
中山に“ロッコウオロシ”が吹いた。6番人気のアポロジョージア(牡、美浦・尾形和)がゴール寸前で前の2頭をかわし、デビュー勝ちを果たした。タイムは1分36秒8。道中は3〜4番手を追走し、4角を勢い良く回ると直線の急坂で力強く差を詰めた。父ロッコウオロシは05年の凱旋門賞馬ハリケーンランの子で、産駒はJRA初勝利。田辺裕信騎手は「初めての競馬でもしっかり対応してくれた。最後はよく伸びてくれたし、馬に頑張る気持ちがある」と精神面を評価した。なお、好スタートから主導権を奪った8番人気キングハートが半馬身差の2着。さらに首差の3着は2番手から運んだ1番人気マイエクトミューズだった。
ロッコウオロシという種牡馬がいたことすら知りませんでした。しかし、これはおめでたい話ですね。それでは1曲お聞きください。

オマリーの六甲おろし
posted by 雷庵博人 at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック