2015年05月03日

第151回天皇賞(春)の予想

京都11レース 第151回天皇賞(春)

◎デニムアンドルビー 〇キズナ ▲アドマイヤデウス
△カレンミロティック・サウンズオブアース

見解
牡馬相手に互角の走りを見せる「角井歌劇団」の女優たち。ラキススは大阪杯でダービー馬キズナに快勝。今度はデニムアンドルビーが主役だ。2年前のジャパンカップ2着以降は、一貫して古馬中距離GTを使う。さすがに馬券圏内には入着なし。牡馬の壁は厚いか。そう思った前走の阪神大賞典で新境地を見せる。GTホースのゴールドシップの2着。牝馬が3000メートル超のレースを使う事自体まれなのに、ここできっちりと結果を出した。デニムアンドルビーは実はステイヤー適正があった。驚きましたね。さすが牝馬のウオッカで日本ダービーを制した「角井歌劇団」。歴史と伝統の淀の3200。デニムアンドルビーの差し脚が歴史を変える。

ただ、さすがに単勝は無いかな。複勝、2連複、ワイドで勝負。
posted by 雷庵博人 at 09:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。新潟競馬場で、帰省旅行総費用の33%を、ここだと決めてたデニムちゃんの複勝へブチ込みました。
石鹸のお風呂でイソジンうがいさせておくれ。と願うばかりです。
Posted by ディーン・カミングス at 2015年05月03日 11:17
>>ディーン・カミングスさん
こんばんわ。何とも残念な結果になりましたね。

>>石鹸のお風呂でイソジンうがいさせておくれ。と願うばかりです。
すばらしい表現。ありがとうございます。

何となく、竹下景子の「モモ子シリーズ」を連想しました。
Posted by 雷庵博人 at 2015年05月03日 23:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック