2014年01月16日

雷庵博人の「目指せ!シャーマンキング」(2014年1月16日)

雷庵博人の「目指せ!シャーマンキング」

オープニング
Shakatak Night birds

寒中お見舞い申し上げます。

リスナーの皆様、お元気ですか、雷庵博人です。

随分と冷え込んでまいりました。皆様、お体ご自愛下さい。

さて、最初の話題はこちら。

高橋真麻 ブログで破局報告「どうしても許せないことをされていた」(スポーツニッポン2014年1月7日)
元フジテレビアナウンサーの高橋真麻(32)が自身のブログで、交際していた30代のIT企業社長の男性と破局したことを報告。「どうしても許せないことをされていたのを私が知ってしまったのがきっかけです」と理由を明かした。ハワイ旅行中の高橋は現地時間6日夜(日本時間7日)にブログを更新。「この度、お付き合いを解消させて頂くこととなりました」と破局を報告し、「どうしても許せないことをされていたのを私が知ってしまったのがきっかけです」と続けた。“どうしても許せないこと”の詳細は明かさず、「信じていたので深く傷付きましたが、彼にはたくさんの知識や素晴らしい経験を与えてもらい、とても感謝しています」と“元彼”への感謝の言葉も。ハワイでは、傷心の高橋を友人らが励ましてくれたといい、「周囲の方達の優しさにも深く感謝しております」としている。「初めての恋が終わってしまったのは悲しいけれど私らしく、引き続き、明るく元気にお仕事を頑張りますので今後とも宜しくお願い致します」と前向きにつづった高橋。IT企業社長との恋については、2011年8月の交際発覚から折に触れてイベントなどで進展を報告していたが、「あと、今後恋が芽生えた時にはひっそりと育みたいと思います(笑)」と次の恋は“極秘交際”とすることを誓っている。
 >>「どうしても許せないことをされていたのを私が知ってしまったのがきっかけです」

なんだろう。凄く気になる。
高橋真麻が「たけのこの里」派なのに、彼氏が「きのこの山」を買ってきたとか?
とりの唐揚げに無断でレモンを絞ったとか?

なんだろうねぇ。

高橋真麻「破局告白」はギャラつり上げ作戦?(東京スポーツ2014年1月14日)

ありゃ、私引っかかっちまいましたか。

1曲目
高橋真麻 シンデレラハネムーン

他の女とのセックスの最中に「イク時に『シンデレラハネムーン』歌って」って言ったのが「どうしても許せないことをされていたのを知ってしまった」なのかな。

番組ではリスナーのみなさまからのメールをお待ちしております。リクエスト曲だけでもOKです!

「続きを読む」以降は性的表現が多分に含まれますので、18歳未満の方やそういった表現がお嫌いな方は絶対に「続きを読む」をクリックしないで下さい。



藤谷美和子を思い出した。

小泉元首相ビックリ!自宅応接室に侵入女…“進次郎氏目当て”か(サンケイスポーツ2014年1月12日)
神奈川県横須賀市の小泉純一郎元首相(72)宅に無断で侵入したとして、横須賀署は11日、住居侵入容疑で栃木県足利市の自称無職、近藤章代容疑者(33)を現行犯逮捕した。「許可を受けている」と容疑を否認している。昨年12月にも元首相宅を訪れ、「(次男の)進次郎復興政務官(32)に会わせてほしい」と話し、保護されていたという。元首相は当時外出しており、無事だった。東京都知事選の行方を大きく左右する存在として注目されている小泉元首相。それが、思わぬ“災難”でも、注目を集めることになった。横須賀署によると、11日午前7時25分ごろ、元首相の家族の女性が1階の応接室に入ると、椅子に見知らぬ女が座っていた。目が合うと、女は座ったままで軽く会釈をしてきたという。驚いた家人はすぐに外に出て、正門脇に1人いた警備の署員に「知らない人が家に入り込んでいる」と通報。署員が応接室に駆けつけてきても女は騒ぐ様子をみせず、そのまま現行犯逮捕された。室内が荒らされた形跡はなかった。女は靴を脱いで応接室に入り込んでおり、靴は庭から建物への入り口にある踏み石の上に、そろえて置かれていた。ところが、警備の署員は24時間態勢で正門脇に常駐しているにもかかわらず、不審な人物を目撃していなかった。また、玄関や窓に壊されたり、こじ開けられた跡も見つかっていない。いつの間にか警備をすり抜けて、応接室の椅子に“行儀よく”座っていたのだ。進入経路について同署は「捜査中」としながらも、家の裏の高さ約2メートルの塀を乗り越え、正門の署員から死角になっている鍵がかかっていない窓から侵入した可能性があるとみている。同署は捜査内容を踏まえ、警備方法の見直しを検討する。また、近藤容疑者は昨年12月16日夕方にも元首相宅前を訪れていた。この際は警備の署員に「進次郎氏に会わせてほしい」と話しかけた。署員はしばらく話を聞いていたが、言動に不審なところがみられたため、保護した。進次郎氏の“追っかけ”なのかは「不明」という。近藤容疑者は逮捕後、「許可を受けて入った」と話している。だが、供述に不審な点があり、同署は責任能力の有無についても調べている。
 >>椅子に見知らぬ女が座っていた。目が合うと、女は座ったままで軽く会釈をしてきたという。女は靴を脱いで応接室に入り込んでおり、靴は庭から建物への入り口にある踏み石の上に、そろえて置かれていた

礼儀正しいなwww

>>家の裏の高さ約2メートルの塀を乗り越え、正門の署員から死角になっている鍵がかかっていない窓から侵入した可能性があるとみている。同署は捜査内容を踏まえ、警備方法の見直しを検討する

2メートルの壁を乗り越えるって結構すごいな。

今回で2度目なんだ。すごいね。

2曲目
オオタスセリ 『ストーカーと呼ばないで』 アニメ PV

CM

ジングル「雷庵博人の目指せシャーマンキング」

増えすぎちゃって困るの。マスプロアンテナか。

“凄腕”ブリーダー書類送検…絶滅危惧種の魚28匹→1121匹に(サンケイスポーツ2014年1月15日)
絶滅の恐れがあり、国の天然記念物に指定されている淡水魚「ミヤコタナゴ」を譲り受けるなどしたとして、警視庁生活環境課は14日、種の保存法と文化財保護法違反容疑で、東京都荒川区の会社役員の男(60)ら3人を書類送検した。男は譲り受けたミヤコタナゴ28匹を1121匹にまで増やし、「増えすぎたので引き取ってほしい」と文化庁に連絡したことから発覚したという。男の書類送検容疑は2012年5月、国の許可を受けずにミヤコタナゴ28匹を、別の会社役員(54)から知人の男(66)を通じて無償で譲り受けるなどした疑い。3人とも容疑を認めているという。譲り受けた男は魚の飼育が趣味。専門書を読んだり熱帯魚店の店員に助言を受けたりして、ミヤコタナゴの飼育・繁殖方法を熱心に研究した。自宅には魚の飼育用に多数の水槽があるというが、ミヤコタナゴ専用の大型水槽を別に用意。温度や水質の管理に気をつかって飼育した。そのかいはあったようで、繁殖に成功して1年あまりの間に1121匹にまで増加した。男は「貴重な魚だったので、繁殖に夢中になった」と供述しているという。しかし、増えすぎたことで逆に困ってしまう。昨年7月に「ミヤコタナゴを飼っていたら増えすぎた。引き取ってもらえないか」と文化庁に相談。その後、文化庁の通報で警視庁が家宅捜索すると、男の自宅から1121匹、会社役員宅から493匹が見つかった。現在、都内の自然環境施設で保護されている。ミヤコタナゴは繁殖が非常に難しいとされており、文化庁の職員は「どうやって育てたのか知りたい」と驚いていたという。一体どうすれば大量繁殖が可能なのか。30年以上前からミヤコタナゴの種の保存に取り組んでいる栃木県水産試験場(栃木県大田原市)によると、栃木県内には自然環境下で1000〜1500匹が生存するだけ。天然のミヤコタナゴが激減したのは、生息地の水田周辺の環境変化や産卵するために必要な二枚貝「マツカサガイ」が減ったためだという。一方で同試験場では水槽で1万匹以上を飼育している。飼育には餌、フン、水質などの管理を毎日こまめに行う必要があるという。「まず、飼育の基本管理をしっかりやり、水槽や二枚貝もたくさん用意する。そのうえでヒーターやライトを使って冬場でも産卵させてやれば、短期間の大量繁殖も可能でしょう」と水産研究部の綱川孝俊さん(28)は話している。不可能ではないが、とても手間暇がかかることは間違いないようだ。「マニア恐るべし」か。

日大法学部・板倉宏名誉教授
 「天然記念物など希少動物を繁殖させたいという心理からか、同様の事件はまれに起こっている。3万円程度の罰金を命じられるのではないか」
これだけ増えたら、絶滅を危惧しなくてもよいのでは?

>>ミヤコタナゴは繁殖が非常に難しいとされており、文化庁の職員は「どうやって育てたのか知りたい」と驚いていたという

サカナ君以外にもすごい人がいるんだね。この世界には。

>>「まず、飼育の基本管理をしっかりやり、水槽や二枚貝もたくさん用意する。そのうえでヒーターやライトを使って冬場でも産卵させてやれば、短期間の大量繁殖も可能でしょう」と水産研究部の綱川孝俊さん(28)は話している。不可能ではないが、とても手間暇がかかることは間違いないようだ。「マニア恐るべし」か。

専業ではなく、仕事以外の趣味でやってこれだけ増えたんだから凄いよね。むしろ、国で表彰しても良いのでは?

3曲目
おさかな天国

CM

ジングル「雷庵博人の目指せシャーマンキング」

「さて、メールが届いております。東京都のラジオネーム『中林20系』さんからです。いつもありがとうございます」「雷庵さん、こんばんわ」「こんばんわ」「このニュースどう思いますか?」

下着手に取った男「においかぐため」で釈放(佐賀新聞2014年1月8日)
鹿島署は7日、佐賀県嬉野市塩田町の民家で女性用下着を盗もうとしたとして、窃盗未遂の疑いで緊急逮捕した男について、佐賀地裁が「嫌疑不十分」との理由で逮捕状の請求を認めなかったため、約6時間半後に釈放したと発表した。その後、住居侵入容疑であらためて逮捕した。逮捕されたのは杵島郡白石町深浦、無職西村鉄郎容疑者(67)。同署によると、6日午後4時半ごろ、民家1階バルコニーに干してあった女性用下着に手を伸ばしている男を近所の人が発見、声を掛けたところ逃走した。通報で駆け付けた署員が近くに止めてあった車を取りに戻ってきた西村容疑者を緊急逮捕した。西村容疑者は「手に取ったのは間違いないが、においをかぐためで、盗むつもりはなかった」と否認。裁判所に逮捕状を請求したところ、窃盗未遂罪の構成要件である故意性などが認められなかった。このため、住居侵入の容疑で再度、逮捕状を請求し7日夕に逮捕した。県警では昨年8月にも、道路交通法違反(信号機の損壊)容疑で緊急逮捕した運転手に対する逮捕状請求が認められなかったケースがあった。
結局は住居侵入で逮捕されたのね。

中林20系さんのメールをご紹介します。
これはもう!この手の犯行においての言い逃れの新機軸というか、現行犯逮捕に対する危険な前例を作ってしまったのではないか?とも。においをかぐためならOK…何かが間違ってるような気がするんですが。リクエストは鈴木ヒロミツさんの『でも、何かが違う』をお願いします。ではでは。
「盗むつもりは無かった」でセーフになる可能性ですか。この手の釈明が増えそうですね。

4曲目
夜明けの刑事 『テーマ』『でも、何かが違う』 鈴木ヒロミツ

CM

ジングル「雷庵博人の目指せシャーマンキング」

5曲目
中林20系トリオ with 初音ミク 『ご飯の時間だよ♪』

当番組のリスナー様。中林20系さんの作品。ご自身が楽曲製作にかかわられていらっしゃいます。パワープレーです。

さてエンディングです。雷庵博人の「目指せ!シャーマンキング」はオバンドーがミレニアムキングなら雷庵博人はシャーマンキング。そんな自意識過剰な思い込みで生まれたエントリーです異論反論オブジェクション、お聞かせ頂ければ幸いです。リクエスト曲もお待ちしております。

エンディングは【全日本女子プロレステーマ曲】BEAUTIFUL CHALLENGERSでお別れでです。それではまた。雷庵博人でした。

エンディング
BEAUTIFUL CHALLENGERS 全日本女子プロレスのテーマ
posted by 雷庵博人 at 23:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 「目指せ!シャーマンキング」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>>藤谷美和子を思い出した。

今どうしてるのか気になって検索してみましたが、wikiには…検索するんじゃなかった。
ずーっとテレビ観てないので、ゆうひが丘で止まってるんですよ、思い出が(笑)。
このひと、まじで病人なんじゃ…。


>>“凄腕”ブリーダー書類送検

ここまで個人でやれたんだから、放流して生きられそうな、かつ生態系を乱しそうにないところを見つけて放流すればよかったのになぁ…なんて思いました。
で、こういった事件なのに、サンスポだと記事文体の端々にサンスポ魂を感じられるところが(笑)。
エロ記事だけじゃないんですね、サンスポ魂は。


Posted by 中林20系 at 2014年01月17日 19:20
>>中林20系さん
藤谷美和子さん。治療と投薬が必用だと思います。

サンスポはどんな話題でも「下世話」な文章で記事にしてくれるので、とってもありがたいですね。
Posted by 雷庵博人 at 2014年01月20日 15:24
業界にほんの少しだけ関わってて、ヤマトヌマエビなら増やしたことありますが、タナゴ増殖だけでも凄いのにミヤコタナゴとは!ぜひ文化庁で雇って次はイタセンパラとアユモドキをw

>元首相の家族の女性が1階の応接室に入ると、椅子に見知らぬ女が座っていた
>正門脇に1人いた警備の署員に「知らない人が家に入り込んでいる」と通報
>署員が応接室に駆けつけてきても女は騒ぐ様子をみせず、そのまま現行犯逮捕された。
「影武者徳川家康」の「青蛙の藤左」ですね。わかります。

>「嫌疑不十分」との理由で逮捕状の請求を認めなかったため、約6時間半後に釈放したと発表した。その後、住居侵入容疑であらためて逮捕した
佐賀県警どたばたっすな。
Posted by ふうけもん at 2014年01月20日 20:57
>>ふうけもんさん
やはりミヤコタナゴの繁殖に成功した方は凄腕なんですね。
今のお仕事を退職されて後は、文化庁で貴重魚類の繁殖の仕事に従事してほしいですね。

>>「影武者徳川家康」の「青蛙の藤左」ですね。わかります。
これはすばらしい!

佐賀県警の今回の解釈は他県の警察にも影響を及ぼしそうですね。
Posted by 雷庵博人 at 2014年01月21日 08:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック