2013年02月28日

国宝・彦根城見学記(2013年2月27日)

130227_123302.jpg

ひこにゃんのお膝下、彦根城。国宝です。駅からまっすぐ歩くと彦根城にたどり着きます。堀があり、途中で佐和口多聞櫓が現れます。すると道路は右にクランク。普通ならまっすぐに直してしまうのでしょうが、彦根は城本位なのか江戸時代当時のまま。

城のそばには学校があります。国宝を眺めながら勉学にいとしむ。いい環境ですね。

全国で3例しかない、登り石垣を横目に見ながら急勾配を登ります。すると天秤櫓が。右に天秤櫓、左に鐘の丸があり、2つの櫓は橋でつながっている。珍しい縄張りです。しかし防御力は強大。左右の櫓と正面の橋から迎撃されるのですから、たまったものではありません。





こうしてたどり着いたのが天守。彦根城、いいですねぇ。決して広大ではありませんが、威厳があり趣があります。眺めているで飽きません。

ただしてっぺんまで登るのは難儀します。階段が狭く急なのです。登るのはまだしも下るのが大変。恐怖のあまり泣き叫ぶ幼子がいました。

130227_123748.jpg

彦根城天守より琵琶湖を望む。曇っているので視界は良好ではありません。

ちなみにこの日、ひこにゃんは彦根城にはいませんでした。月・水・金は定休日なのです。そのことを頭にいれた状態で次の記事をお読みください。

新年度予算案、彦根市微増365億4000万円 ◇ひこにゃん毎日登場へ2100万円(2013年2月26日)
彦根城での登場が週4回にとどまる人気キャラクター、ひこにゃんを毎日登場させるなどの施策を実施する。3月4日開会の市議会に提案する。現在、月、水、金曜日は登場を休んでいるひこにゃんは「会えなかった」という観光客の要望に応え、毎日登場させるようにするため、運営の関連経費として2100万円を確保した。
 ツイッターでのつぶやき
彦根城名物のひこにゃんは、本日は定休日でした。出勤日は火・木・土・日だそうです。雄琴のソープ嬢みたい。

今日の朝日新聞・滋賀版より引用「彦根市は25日、2013年度の当初予算案を発表した。(中略)主な新規予算、ひこにゃんの彦根城登場を毎日に拡大など=3400万円」 全国のひこにゃんファン歓喜!

ひこにゃんが、雄琴のソープ嬢みたいな「カスタネット出勤」だったのは予算の関係だったのね。
ひこにゃんが、ドアラ先生やつば九郎先生のように「おとなのじじょう」を口にする日が来るのだろうか…。
posted by 雷庵博人 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 大人の社会科見学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック