2012年12月27日

年忘れ市馬落語集(2012年12月26日)

121226_212039.jpg【落語】
柳亭市馬 「二番煎じ」
春風亭一之輔 「鈴が森」
立川談春 「粗忽の使者」

<中入り>


【第一部 三波・村田の世界】
チャンチキおけさ
花と竜
大利根無情
皆の衆

【第二部 昭和歌謡大全集】
あの娘が泣いてる波止場
おんな船頭唄
ソーラン渡り鳥
おんなの宿
夜霧の第二国道
宗右衛門町ブルース
別れの波止場
夜行列車

【アンコール】
赤いランプの終列車

(歌謡ショー出演者)
唄 柳亭市馬
ゲスト 林家たけ兵
司会 加藤浩(オフィスエムズ)
演奏 クミ伊藤とニューサウンズオーケストラ
三味線 恩田えり
コーラス マーケットホース
構成 田村友美(春日プロモーション)

最後、出演者全員がステージに上がりカーテンコール。

いい、最高。落語も一流、歌も一流。最高の時間を過ごせました。帰宅するお客さんが「すごいね」「市馬ってのはエンターティナーだね」と口々にしながら、家路に着いていました。

落語一流、唄一流。いやぁ、市馬さんはさすがです。個人的には、唄一流、話芸一流のさだまさしさんとのコラボレーションを期待したいです。

posted by 雷庵博人 at 08:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 落語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
唄モノもさることながら、落語も演目や出演者など、完璧ですね。
しかしこれ、ハコはどこですか?よくチケット取れましたね。

年末だからとりあえず『芝浜』かな?と思い、一杯飲りながら志ん朝DVDで。
このひとの語りは音楽的リズムを感じます。

で、人情系大根多も面白いんですが、個人的には軽い噺が好きなんですよ。
で、『化け物使い』を聴いて〆る、と。
志ん朝師匠の『化け物使い』、最高です♪目線で表現するシーンがある噺はもう!『文七元結』だけでなく軽い噺も最高ですね。

芸術です。





Posted by 中林20系 at 2012年12月27日 21:11
>>中林20系さん

中野ゼロホール(大)でした。キャパは1500人。空席がややありました。

>>唄モノもさることながら、落語も演目や出演者など、完璧ですね。

仰る通り。もう、贅沢極まりない落語会でした。
Posted by 雷庵博人 at 2012年12月28日 05:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/387815135
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック