2011年12月11日

徳永エリ・民主党参議院議員の参議院本会議での発言

朝日新聞に徳永エリ・民主党参議院議員の参議院本会議での発言が掲載されています。引用してみたいと思います。

朝日新聞(2011年12月10日)より引用
発言録9日 徳永エリ・民主党参議院議員 
一川保夫防衛相がブータン国王夫婦歓迎晩餐会に欠席し、同僚議員のパーティーに出席したが、あらかじめ欠席届を出していた。「こちらの方が大事だ」と発言したのも、同僚議員への気遣いだということは、皆さんも分かってるじゃありませんか。忙しい公務の合間を縫って大臣がパーティーに駆けつけると、支援者も喜んでくれる。(参院本会議)


有権者のみなさん、あなたの一票で政治は変わります。

国益よりも、国賓よりも同僚議員を優先させる。それが民主党です。
posted by 雷庵博人 at 18:35| Comment(8) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
結果的には売国奴内閣なんですよね、現状では。

最近「雄々!」と思ったのは片山さつき議員の
『NHK放送副総局長他が「韓流押し疑惑」に答えました!論評抜きでそのままお伝えします。』
ですね。

http://satsuki-katayama.livedoor.biz/archives/6456417.html

やるじゃん!みたいな。
本人が言いにくそうなところはコメントで皆さんが書かれまくってますし。

年末年始は実家で過ごしてますが、今年は紅白は観ないことにしようかと。
かといって格闘技(=今年もまだやってるんですかね?)は嫌いだし、隙間産業なお笑い系でもあれば観て、母と過ごすかな?と。
最後の手段=ラジオもありますし♪

Posted by 中林20系 at 2011年12月11日 19:52
>>中林20系さん
次の衆議院選挙で民主党公認議員は何人「当選確実」なんでしょうかね。楽しみでありません。

Posted by 雷庵博人 at 2011年12月11日 20:28
稲田女史が山岡・一川を吊し上げているのを、先日の熊本出張のフェリーの中で見ましたw
うちの選挙区の民主党のねえちゃんは結局当選だけが話題でしたわ。しかし前回落ちた自民党の大物氏ももう70代ですし、次の選挙はどがんすーかと思案しとります。
Posted by ふうけもん at 2011年12月13日 20:17
ホント民主党は玉石混淆というか、笑うしかない方が(苦笑)…とはいえ、世襲議員の目立つ自民党にも余計に困ったもんだし。
とりあえず都議会は民主党に頑張って貰わないと「表現規制」「築地」あたりで危ないのは確か…なので自分は、最善ではないけれど民主党も推している政党の一つだったりします。意見や情報にちゃんと応答してくれますしね、自分の選挙区の議員さんは。ガン無視のところよりは全然いい、と。
まぁ政治家の質は有権者の質といいますし、俗に「政治家を育てる」気持ちも無いといけないともいいますし…ともあれ都政報告会とか行くと実は面白かったりするです、ハイ。
みの拝
Posted by みの at 2011年12月13日 21:51
>>ふうけもんさん

>>うちの選挙区の民主党のねえちゃんは
B型肝炎訴訟の原告団の方でしたっけ?

>>次の選挙はどがんすーかと思案しとります
まさかの大仁田厚出馬
Posted by 雷庵博人 at 2011年12月14日 08:17
>>みのさん
東京都の政策に関しては、意見の相違があるのでここでは語りません。

>>まぁ政治家の質は有権者の質といいますし、俗に「政治家を育てる」気持ちも無いといけないともいいますし
これは大事な姿勢ですね。見習いたいものです。
Posted by 雷庵博人 at 2011年12月14日 08:20
おぉ「意見の相違」、これは又失礼しました。何分にも自分、知人友人親戚にサブカル創作関係者や生鮮食品関連の従事者が何人も居るものでついつい…何卒ご海容のほどを。
「意見の対立が感情の対立にならないようにつとめたいものです」という意味の、昔「刑事コロンボ」の中にあった台詞を十分に考えたいと思います(そういえば今年、コロンボ役の俳優さんも鬼籍に入られたとか。ご冥福を祈ります)。
「政治家を育てる」については最近聞いた話では「政治家に意見(とか文句)を言う人は沢山居ても情報をくれる人は意外に少ない」、ので「様々な客観的情報提供」は「政治家を育てる」のにつながるそうです。ふぅ〜ん、とか思いましたが、確かにそういう事もあるような?明日は地元の議員さんの報告会に行く予定です。
みの拝
Posted by みの at 2011年12月15日 19:24
>>みのさん
築地に関しては「移転しない方良い」と思っております。

>>「政治家に意見(とか文句)を言う人は沢山居ても情報をくれる人は意外に少ない」、ので「様々な客観的情報提供」は「政治家を育てる」のにつながるそうです
「情報をくれる人」で佐藤優さんを連想しました。
Posted by 雷庵博人 at 2011年12月15日 20:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/387814909
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック