2011年02月27日

ラグビー日本選手権決勝(2011年2月27日)

110227_140144.jpgいよいよキックオフ!


試合結果
●三洋電機 20-37 サントリー○

試合結果(JRFU)
マッチレポート(JRFU)


三洋電機はいつもの「相手の攻撃を押し返す守備」ができなかった。それだけサントリーの分析が確かなのだろう。普段の三洋電機の守備なら、まずお目にかかれない「真ん中をズッポシ抜かれる」が何度もあった。三洋電機は今シーズンで一番不出来だった。

三洋電機は#10入江の不調も大きかった。10-11シーズンは精彩を欠いたプレーが見られたが、決勝戦でもついに復活することはなかった。対面の#10ピシが要所でファインプレーを見せていたのとは対照的だった。やはり、トニー・ブラウン不在が響いたか。

サントリーはこの日をもって引退するグレーガンが引退の花道を飾り、見事勝利に貢献した。さすがにこのクラスの選手は動きが違う。うまい。

これでサントリーはトップリーグ、トップリーグファイナル、日本選手権決勝と三洋電機と3度戦い2勝1敗で三洋電機に勝ち越し。これは文句のつけようがない。個人的な好き嫌いは抜きにして賞賛する。
posted by 雷庵博人 at 14:04| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ・アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/387814744
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

闘話§ラグビー日本選手権決勝
Excerpt: 2月最後の日曜日は気持ちよく晴れ上がって、絶好のラグビー観戦日 和となった。決勝の対戦は2年前と同じ三洋電機対サントリーという もの。
Weblog: ひだまりのお話
Tracked: 2011-03-01 20:25