2011年02月17日

らんまんラジオ寄席・公開録音(2011年2月13日)

2011年2月13日に、東京・赤坂にあるTBSラジオ第一スタジオで行われた「らんまんラジオ寄席」の公開録音に参加いたしました。

radio yose.jpg

ラジオ寄席


最初に1階のホールで、爛漫のハッピを着たスタッフの方から、入場整理券を受け取りエレベーターで8階へ。空いている席に案内され、録音開始を待ちます。整理券は100枚配布されていました。

まず、開口一番で前座さんが登場(名前失念)。上方言葉で「初天神」を。滑らかな話しぶりで、聴きやすかったです。

その後TBS赤荻歩アナウンサーが舞台に登場。公開録音の説明と爛漫の商品説明。CMタイムです。爛漫の会員になるとお得な情報が送られてくるそうです。その後、ディレクターさんが拍手の練習を行いました。そして番組開始。まず最初に2月27日放送分。

落語 春風亭百栄「桃太郎・後日譚」
漫談 ユリオカ超特Q
落語 橘家文左衛門「千早振る」

放送前なので詳しい感想はここには書きません。文左衛門師匠が、放送ではとても使えないようなブラックな芸能ネタや相撲ネタ(歌武蔵師ネタw)を披露。どうやって、編集するんだろうか。「千早振る」
はサゲが秀逸。是非、放送をお楽しみに。

続いて、3月6日放送分。

漫才 ロケット団
動物ものまね 江戸家まねき猫
落語 柳家さん喬「抜け雀」

さん喬師。さすがです。

13時開始の録音は15:30頃に終了。その後は、整理券を使用した「お楽しみ抽選会」。爛漫製品が振舞われました。

ちなみに、10〜11シーズンの第一スタジオでの公開録音はこの日で最後でした。
posted by 雷庵博人 at 19:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 落語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サイドバーのツイッターで「えっ!?」と羨ましく思いましたが、そうですか、行けたんですね!
とは云え、「どうせ当たらないだろう」と、今まで送ったことなかったんですよ。
まずは送んなきゃいけませんよね。

一連の流れがよく解りました(笑)。今後はもし当たっても常連顔できますね(爆)?
雷庵リークス、ありがとうございます。

どれも気になりますが、二つ目時代に追いかけてた百栄師匠と、さん喬師匠の『抜け雀』ってのが激しく気になります。

O.A.が楽しみです♪ありがとうございます。
Posted by 中林20系 at 2011年02月18日 21:19
>>中林20系さん
懸賞はまず「出す」所から始めましょう!11〜12シーズンはハガキの鬼になってください。

あと、今回の収録からTBS内で食事を取ることができなくなったそうです。なので、収録前に昼食を済まして下さいとの事。赤坂サカス周辺に「吉そば」がありました。

>>百栄師匠と、さん喬師匠の『抜け雀』
百栄師匠の「桃太郎・後日譚」は相変わらず3匹がグルで、犬が嫌な犬でした。ケーン!
さん喬師匠の『抜け雀』、心が温まるようなステキな高座でした。ぜひ、オンエアーをお楽しみに。
Posted by 雷庵博人 at 2011年02月18日 22:39
ICレコーダで録音なう!

百栄さん、さすがに無頼な感じが出てて可笑しかったです♪
ある意味、民事に暴力団を利用しない様にとの啓蒙に使えませんかね(笑)?後々まで居座られてるし…。この辺、そこが問題なんですよね。
でも警察には“刑事さん”は居ても“民事さん”は居ないんですよね。
この辺りが法の抜け道ですよね。

後半の、犬が“(語尾に)ワンワンと付けてない”ところへの突っ込みとか(笑)。

柿は好いですよね♪
Posted by 中林20系 at 2011年02月27日 20:25
>>中林20系さん
確かに。総○屋とか街○車とかにも当てはまりそうですね。

>>後々まで居座られてるし…。
「おしぼり」とか「観葉植物」とか。

>>後半の、犬が“(語尾に)ワンワンと付けてない”ところへの突っ込みとか(笑)。
あの演出はさすが百栄さんだワン。ねえ、キジの旦那。

ケーン!
Posted by 雷庵博人 at 2011年03月01日 20:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック