2010年12月06日

ヤクルト球団は社員を募集中!

日刊スポーツに身売り勧告され、よりによってサイバーエージェートを推奨されました。

チックショー!(小梅太夫さん)

ヤクルト身売りサイバーエージェント有力(2010年12月4日)
ヤクルトが球団譲渡を検討していることが3日、分かった。売却先にはインターネット総合サービスの大手「サイバーエージェント」が挙がっており、今日4日にも球団側が緊急会見を行う。ヤクルトは70年から球団を経営し、セ・リーグ優勝6度、日本一5度に輝くが、赤字体質に苦しんでいた。球団の売却は、04年にダイエーがソフトバンクに買収されて以来になる。破談になったものの、今年10月には横浜が住宅設備大手の住生活グループと売却交渉を進めるなど、プロ野球界は激動の時代を迎えた。
「サッカー日本代表監督、ペケルマン氏就任」でおなじみ。飛ばし記事を極度に嫌う日刊スポーツの渾身のスクープ記事です。

しかし、現時点ではヤクルト球団、サイバーエージェント共々否定しております。

ヤクルト身売り否定「一切ない」(日刊スポーツ2010年12月5日)
藤田社長は球団買収否定「まだ早い」(日刊スポーツ2010年12月5日)

日刊スポーツは誤報は誤報と認める、潔い新聞!

本紙4日付「一部報道」について(2010年12月4日) 
◆おわび 4日付一部地域で発行した1面で、歌舞伎俳優市川海老蔵が顔などに大けがを負った事件で、捜査関係者の話として、暴行を受ける前に女優香里奈さんと会食していたと報じましたが、その後の取材で香里奈さんが同席していたとの確認はとれませんでした。香里奈さんの所属事務所も「同席していた事実はありません。海老蔵さんとは面識もありません」と全面否定しています。事実確認が不十分なまま記事を掲載し、香里奈さんをはじめ、各関係者にご迷惑をおかけしました。おわびして、訂正します。
さて、そんな最中。ヤクルト球団がマイナビ転職に求人を出しているじゃないですか!


早速、検証しましょう。

営業(チケット企画営業/営業管理業務) ※嘱託社員
 意欲次第で、幅広い経験が積める環境。スポーツビジネスのプロへ、当社で成長しませんか。昨年、球団創設40周年を迎えた“東京ヤクルトスワローズ”。現在、その運営会社である当社も、気持ちを新たに、さらなるお客様満足に向けたサービス創出のため、営業力を中心とした体制強化を図っています。少数精鋭の組織なので、意欲次第で様々な経験を積める環境。新しいアイデアや意見も大歓迎です。スワローズの活躍を営業面でサポートしながら、スポーツビジネスのプロフェッショナルへと成長しませんか。

仕事内容
営業活動を通して球団運営をサポート
当社営業本部に所属していただき、あなたの経験や適性に応じて、以下の業務を担当していただきます。

<チケット企画・営業>
■年間シート企画・販売実務
■団体チケット企画・販売実務
■集客イベント企画/運営補佐などのサポート業務
※年間を通して新規売上高目標があります。
シーズン開始前に神宮球場の年間シートを企業のお客様に提案したり、シーズンを通したスポット的イベントの集客営業などをお任せします。まずは先輩のもとで一連の業務に携わり、仕事の流れを覚えていただきますが、習熟度に合わせ、大きな裁量で仕事をお任せしていきます。上記業務に関する契約書管理、各種伝票処理、販売統計、売掛金管理などを担当していただきます。

求める人材
≪スポーツ業界の経験は問いません≫

【応募資格】
■社会人経験3年以上
■基本的なPCスキルのある方(Word・Excelなど)
■以下のいずれかに該当する方
◎営業経験のある方(業界不問)
◎総務・営業事務などの経験があり、営業に興味のある方
※販売管理ソフトの使用経験者は尚歓迎

【求める人物像】
■スポーツが好きなだけでなく、スポーツをビジネスとして考えられる方
■自ら課題を見つけて能動的に動ける方

さすがにヤクルト球団。現状に甘んじることなくあくなきチャレンジスピリットをお持ちです。神宮球場に空席が存在するのは何かの間違い。

ヤクルト球団は意欲的に事業に取り組んでいる素晴らしい球団です。ただ、観客動員数に不自由しているだけです。

そんなヤクルト球団の至宝、つば九郎先生も即戦力社員を探しています。

「はいざらで てきーら のんだことあるひと」

これは恐ろしい即戦力。アイケルバーガーを越えた。

そんな訳で、拙ブログの読者の皆様。新橋のヤクルト球団でラクトバチルス・カゼイ・シロタ株ライフを満喫しませんか。

とってもリスペクトしている記事
フモフモコラム ヤクルト身売り報道が完全否定されたニッカンを、僕はまだ信じている件。
posted by 雷庵博人 at 22:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>アイケルバーガーを越えた。

アイケルバーガー!アイケルバーガー!わははははははは!
アイケルバーガー!

今、何やってるんですかね?
Posted by 中林20系 at 2010年12月09日 21:42
>>中林20系さん
>>アイケルバーガー
ウィキペディアによると「入団の経緯は、当時の監督関根潤三がラジオにて、『名前がおもしろくて獲ったんだよねー、なんて言ったっけ?開幕で暴投してすぐいなくなっちゃった』と発言している」そうです。味わい深いですなぁ。
Posted by 雷庵博人 at 2010年12月10日 21:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/387814679
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック