2010年08月07日

吉田照美展 不思議な夢(2010年8月6日)

渋谷にあるBunkamura Galleryにて開催されている吉田照美展 不思議な夢を鑑賞。

terumi01.jpg

拙ブログの関連記事
吉田照美 不思議な夢


吉田照美さんといえば、「やる気マンマン」や「夕焼けニャンニャン」のパーソナリティや司会で知られていますが、2005年より油彩に取り組み三軌展に四度入選。今や画家Tim Yoshidaとしての活躍が目覚しい。

特に「ゲルニカを継ぐ物」と「分母がハチドリ、分子が地球〜平和の分数」が素晴らしかった。構成力と発想がTim Yoshida独自のもので、誰にも真似の出来ない作品に仕上がっている。

「象がE.Tに憧れて月夜に飛び立とうとする絵」は思わず買い求めようと思ったが、値段が非常に高額なので断念。

その代わりといっては何だが、ネコの表情が可愛らしいエコバッグを1800円で購入。主催者のご好意でTim Yoshida画伯にサインして頂いた。

terumi03.jpg


その際、画伯とお話させていただいた。しかも握手まで。本当にありがとうございました。これからはソコダイジナトコ聴かせて頂きたいと思います。

本来であればTim Yoshida画伯がギャラリーにいるのは8月8日(日)だけなのだが、展示期間中はいつもいるそうです。

私が訪問した8月6日は初代ソコトコ・アシスタントの枦山南美さん、文化放送アナウンサーの鈴木純子さん、「ラジオふるさと便」アシスタント青柳まゆみさんが会場にいらっしゃいました。 

小学校4年生から文化放送派のAMラジオリスナーとしては、盆と正月とスペシャルウイークが一緒になったぐらいうれしい瞬間でした。

会期は2010年8月11日(水)までです。
posted by 雷庵博人 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大人の社会科見学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック