2010年06月25日

前代未聞、現役プロ野球選手が野球賭博に関与。

あまりのモラルの低さに唖然呆然。現役力士でさえ「相撲賭博」には関与していないと言うのに(実はいたりしてw)

プロ野球独立リーグ選手が野球賭博(デイリースポーツ2010年6月25日)
プロ野球独立リーグのジャパン・フューチャーベースボールリーグ(JFBL)に所属する大阪ゴールドビリケーンズの選手が野球賭博を行い、8選手が解雇されていたことが24日、明らかになった。既に警察の事情聴取を受けたとの情報もある。きょう25日にも、同リーグ関係者らが会見を開くものとみられる。野球賭博は暴力団の資金源になっていることが多く、大相撲では名古屋場所が予定通り開催されるかどうかなど、すでに社会的問題に発展している。もちろんプロ野球選手としても、あってはならない行為。JFBLの壁矢慶一郎代表はデイリースポーツの取材に対し、「今確認中なので何とも申し上げられません」と話したが、事実ならばリーグ存続にもかかわる大問題だ。



会見の様子
独立リーグ8選手が野球賭博関与で解雇(デイリースポーツ2010年6月25日)
プロ野球独立リーグ「ジャパン・フューチャーベースボールリーグ」の壁矢慶一郎代表らが25日午前、大阪市内で会見し、大阪ビリケーンズに所属する選手8人がNPBを対象に野球賭博を行っていたと明らかにした。同代表らによると、大阪ビリケーンズの村上隆行監督に16日夜、賭博のうわさを知らせる電話があった。翌日選手に確認したところ、8人の関与が発覚。21日に8人を解雇し、大阪府警曽根崎署へ出頭させた。村上監督らは「責任を感じているが、ほかの選手は潔白。試合をさせてやりたい」とリーグ存続への思いを話したが、試合日程やスポンサーなどへの対応は未決定という。
将来のプロ野球入りを目指して独立リーグで野球に打ち込んでいたであろう選手(ビリーケンズがキャリアハイで終わる事を選手は望んでいまい。さらに上を目指すのが本筋。)がなぜNPBを「駈けの対象」にできるのか。理解に苦しむ。

とにかく、残念の一言。
posted by 雷庵博人 at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/387814518
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック