2010年06月20日

2010ロッテのドラフトを考える(その3)

祐太、翔太に続く「第三の大嶺」が現れた。これは、期待せざるを得ない。

八重山商工初戦突破!大嶺いとこ力也2安打(スポーツニッポン2010年6月20日)
第92回全国高校野球選手権大会(8月7日から15日間、甲子園)の地方大会のトップを切って沖縄大会が19日、開幕した。4年ぶり出場を目指す八重山商工は具志川にサヨナラ勝ち。ロッテ・大嶺祐太投手(22)、翔太内野手(18)のいとこにあたる大嶺力也(3年)が2安打2打点と活躍した。帰ってきた主砲が、梅雨明けの沖縄の空にあいさつ代わりの快音を響かせた。4番の大嶺が6回の先制2点打を含む2安打。4点差を土壇場で追いつかれ、最後は相手の暴投でサヨナラ勝ちの辛勝だったが「監督から結果しか求めないと言われ続けた。最高」と試合後は笑顔がはじけた。ロッテの大嶺兄弟はいとこ。兄弟の母の弟が力也の父だ。祐太、翔太の2人とは兄弟同然に育ち、小学校時代に軟式野球の「八島マリンズ」で野球を始め、八重山ポニーズ―八重山商工と球歴も全く一緒だ。伊志嶺監督が「今まで見た子供たちの中で1番」とうなるほどの打撃センスで1年生から4番を任されたが、昨夏大会前に「練習についていけなくて」と突然退部してしまった。二度と野球はやらない」と一度は誓った大嶺だが1年間、祐太や翔太らに電話を繰り返した。復帰を迷う背中を押されて伊志嶺監督に直訴。「分かってた」と笑った指揮官は5月中旬にチームに戻ってきた大嶺を、翌日の練習試合から4番に座らせた。1年間のブランクもあって一塁守備はおぼつかないが「あいつは打てばいい」と指揮官。ぶっつけ本番の最後の夏に臨む大嶺も「大嶺家は野球しかない。昔からお世話になってる監督を最後に胴上げして、自分もプロに入りたい」。祐太、翔太そしてこの夏は力也だ。3人目の「八重山商工の大嶺」がバット一本で4年ぶりの甲子園を目指す。
大嶺一族はネタの宝庫。実にロッテと相性がいい。特に突然野球を止め1年のブランクってのがいい。通常のモノサシでは計れない規格外な所がいい。

>>伊志嶺監督が「今まで見た子供たちの中で1番」とうなるほどの打撃センス
育成枠で指名しませんかね。ロッテ。

>>大嶺家は野球しかない。昔からお世話になってる監督を最後に胴上げして、自分もプロに入りたい
大嶺家はロッテしかない!昔からお世話になっている監督を胴上げして、いとこもプロに入れたい。

「続きを読む」以降は斉藤祐樹投手以外のドラフト候補情報。


ロッテ 大学日本代表バッテリー獲得を目指す(スポーツニッポン2010年6月17日)
ロッテが今秋ドラフトで青学大・小池翔大捕手(21)を指名する方針であることが16日、分かった。強肩強打で大学No・1捕手の小池は、7月30日開幕の世界大学野球選手権(神宮ほか)でも大学日本代表入りが確実な逸材。すでに球団が1位指名を公言している早大・斎藤とともに、日本代表での女房役との両獲りを狙う。大学入学直後からレギュラーの小池は、東都大学リーグ史上初の1年生デビュー戦満塁本塁打を記録。今春もパンチ力ある打撃など攻守で1部復帰に大きく貢献した。球団関係者は「実戦向きの選手で大学生ではトップクラス。当然リストアップしているし、マークを続けていく」と高く評価している。ロッテは34歳の正捕手・里崎が7日に国内FA権を取得。球団は引き留める方針だが、去就は流動的で、残留した場合でもポスト・里崎の育成は急務となっている。チームは西村監督の下、2年連続Bクラスから立て直しに成功し首位争いを展開中。さらなるチーム力の底上げにはバッテリーの補強は不可欠だけに、即戦力の大学日本代表バッテリー獲りを目指す。
賢明な選択だと思います。捕手の層を厚くするという考えは。里崎もどうなるかわからないしね。長いスパンで選手を指名するのはロッテのドラフトだからね。

秋は東都のリーグ戦を見に行きたいなぁ。

関連記事
2010ロッテのドラフトを考える(その1・2009年10月30日)
2010ロッテのドラフトを考える(その2・2010年1月15日)
posted by 雷庵博人 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック