2010年05月27日

たちあがれ日本が女性候補者を擁立

フェミニズムのかけらもない、石原慎太郎閣下が発起人に名を列ねる「たちあがれ日本」が女性候補者を擁立しました。

たちあがれ日本という政党は「ジャパニーズ ジェントルマン スタンドアップ プリーズ」の「おじいちゃんのバイアグラ趣味」だと思っていたのですが、そうではないようです。

「ジャパニーズ レディ スタンドアップ プリーズ」

淑女も「たちあがれ」

拙ブログの「たちあがれ日本」ネタ
「たちあがれ日本」(2010年4月8日)
「たちあがれ日本」が候補者擁立。【中畑清氏を含む】(2010年5月9日)



参院選’10東京:たちあがれ日本、小倉氏を擁立 /東京(毎日新聞2010年5月27日)
新党「たちあがれ日本」(平沼赳夫代表)は26日、今夏の参院選で東京選挙区(改選数5)に弁護士の小倉麻子氏(31)を擁立すると発表した。党によると、小倉氏は都内出身、早稲田大卒で07年に司法試験に合格。現在は企業内弁護士として活動している。【真野森作】
参院選’10茨城:たちあがれ日本、元衆院議員秘書・吉田氏を擁立 /茨城(2010年5月27日)
新党「たちあがれ日本」は26日、参院選茨城選挙区(改選数2)に新人の元衆院議員秘書、吉田里江氏(44)を擁立すると発表した。毎日新聞の取材に吉田氏は「選挙のための政治ではなく、国民一人一人の声を大切にする政治を目指したい」と出馬への意気込みを述べた。吉田氏は名古屋市出身で筑波大卒。NPO「世界のこどもネット」代表などを経て、99年にNPO「世界の子どもにワクチンを日本委員会」事務局長に就任。06年に英国ウェールズ大大学院経営学修士課程を修了した。その後、政治活動に関心を持つようになり、昨夏の衆院選茨城6区では、落選した丹羽雄哉・前衆院議員を私設秘書として支えた。現在はつくば市に在住し、農業支援のコンサルタントなどを務めている。【大久保陽一】
 スネークマンショー 愛の嵐

そしてお約束の、あまりに憂国の士すぎて自民党に居場所のない保守系高齢者をサルベージする「たちあがれ日本」。
たちあがれ日本、片山虎之助氏ら3人を公認(朝日新聞2010年5月26日)
中山太郎氏:自民離党へ 参院選に新党から出馬か(毎日新聞5月24日)
自民党の中山太郎元外相(85)は24日、党本部で大島理森幹事長と会談し、25日にも離党する意向を伝えた。党が内規で定める国会議員の定年制撤廃を求めていたが、認められる見通しがないため決断した。会談後、中山氏は記者団に「高齢者のために最後のご奉公をしたい」と語った。今夏の参院選で新党からの立候補も視野に入れている。中山氏は昨年の衆院選大阪18区で落選。自民党は衆院選比例代表で「公認時73歳未満」の定年制があり重複立候補できなかったが、認められていれば惜敗率で復活当選も可能だった。党憲法改正推進本部常任顧問も退くため、同党は議論の推進役を失うことになる
ジャパニーズジェントルマン・スタンドアッププリーズ!(YMO)
posted by 雷庵博人 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/387814493
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック