2010年04月08日

「たちあがれ日本」

♪たちあがれ 国民
♪国家の為に
♪島国で生まれた 和製大砲
♪かっとばせ ひらぬま

たてよ!国民! ジーク・ニホン!

ガンダム世代にアピールする政党名ですね。わかります。

平沼氏、新党名は「たちあがれ日本」(日刊スポーツ2010年4月7日)


敬愛するkingcurtis兄さんのBirth of Bluesというブログにて、【エレクチオン党】平沼新党の党名案に日本国民ドン引きというすばらしいエントリーが記載されているので、拙ブログの「名もなき友愛市民」の皆様には是非ご覧頂きたい。

「たちあがれ日本」→じゃぱにーずじぇんとるまん すたんどあっぷぷりーず→YMOのTighten upの動画張り付け

完全に私の負けです。どうもありがとうございました。

posted by 雷庵博人 at 20:56| Comment(8) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ファイターズ時代の小笠原の応援歌を元にされるとは、上手いですね。

与謝野馨がいるので、「新党みだれ髪」とか「君死にたまうことなかれ日本」とかを、
私はさりげなく期待していたのですが・・・・・・
Posted by 高田晃一 at 2010年04月08日 21:10
>>高田晃一さん
お褒め頂きました、ありがとうございます。

命名者(ゴッドファーザー)が石原慎太郎閣下なので、与謝野関連ネタは却下なのではないかと。

太陽の季節のようにナニで障子を突き破る

たちあがれ日本!
ジャパニーズジェントルマン・スタンドアッププリーズ!
Posted by 雷庵博人 at 2010年04月08日 21:28
新人が当選したら字幕スーパーが↓のような表記に
ならないかなと勝手に妄想

当 新 勃起日本 ○○ △△氏


お爺ちゃん 何年ぶりかの フル勃起
歌○です
Posted by ゆたちん at 2010年04月09日 06:57
>>ゆたちんさん
新潮社の美人編集者の中瀬ゆかり嬢がラジオ番組で「『たちあがれ日本』?長いんじゃ。略して『たちポン』にせえ。『たちポン』に」と大変、素晴らしいご提案をなされていました。

たち日本 
タチ日本(ネコ日本)
T日本

形はどうあれ、話題になれば慎太郎閣下の勝ちですかね。
Posted by 雷庵博人 at 2010年04月09日 21:31
実は似たような事を考えつきましたが纏める能力の無い拙僧は本記事とコメのコール&レスポンスと我がブログの寂れ様を比べ無力感に打ちひしがれております!思い付いたのは田舎の文具屋の雑誌コーナーで婆さんが店番の時に平凡とか明星に紛れ込まして購入した『漫画エロトピア』連載のふくしま政美画伯の筋肉美溢れる『女犯坊』で若き血潮を無駄に散らした事くらいで御國に申し訳ない気持ちで一杯であります、上官殿!『Birth of Blues』新たなチェック先が増えました。ありがとうございました。
Posted by 我嘲“真言立川八王子流”禅師 at 2010年04月09日 22:21
>>我嘲“真言立川八王子流”禅師どの
家元・立川談志は「幸福の基準を決めよ」と仰っています。

>>女犯坊
そういう作品があるのですね。勉強になります。

>>Birth of Blues
毎日拝読しております。是非オススメです。
Posted by 雷庵博人 at 2010年04月10日 21:52
婦女子の分際でこんなネタ…なんですが、オバサンだしお許しを…
地元の飲み屋で聞いたヨタ話。某都知事は遂に少し前「男性の年齢制限」に達してしまったと。「だから歌舞伎町の浄化作戦とかやりやがったんだ!自分にはもう関係ねぇ、要らねぇってんでな」「あれで風俗店だけでなく普通の飲食店まで大打撃だ!かなり許せねぇ」「今度はエロマンガやアニメ、エロゲーまで規制しようとするしな」「もう障子も破れねぇってんでヤケクソか?こっちはいい迷惑だ!」(実際はもっと…だった為、脚色してありますw)
…で、そんなヨタ話を聞いた後でしたもので「たちあがれ日本」、いやもう、笑いました。都も国もアンタの私物じゃないから(笑)とか。必死なのはわかるけど多分無理(何が)(^^;。
みの拝
Posted by みの at 2010年04月11日 11:14
>>みのさん

>>都も国もアンタの私物じゃないから
新銀行東京とか東京オリンピックなんかは典型ですね。堤義明さんの長野オリンピックは資財を投じて開催したのに、慎太郎閣下は都民の税金ですからねぇ。そりゃ、誰も納得しません。

文学者が表現規制ってのは本末転倒です。

ジャパニーズジェントルマン
スタンドアッププリーズ
Posted by 雷庵博人 at 2010年04月12日 11:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック