2009年11月18日

週刊マリーンズ批評(2009年11月18日)

さて、シコースキー選手がロッテを退団する事になった。大変残念である。多くの読者の方もそう思っているに違いない。

8回表、一死1・3塁。こういう場面で投入できるのはシコースキーしかいない。高めの真っすぐで三振を奪い、チェンジアップで打ち取る。ピンチを防げるセットアッパーを失うのはあまりに痛い。

しかし、契約・年俸の話になると我々ファンは門外漢。黙って見ているしか術がない。そこが余計にもどかしい。

年俸大幅減にシコースキー ロッテ退団も(2009年10月29日)
ロッテの守護神シコースキーが、退団する可能性が出てきた。今季中盤から荻野に代わって抑えに定着。中継ぎ陣が崩壊する中、8勝5敗15セーブ、防御率2・19と来日最高の成績を残したが、終盤は救援失敗も目立った。最近4年間でBクラス3度もチームの総年俸は12球団4位。査定方法が見直され、既に提示している来季年俸は約33%の大幅ダウンとなる5000万円前後とみられ、シコースキー側は態度を保留している。週明けに代理人から返答がある予定だが、交渉難航は必至の情勢だ。
この成績で年俸ダウンじゃ退団もやむなし。

シコースキーがロッテと交渉決裂、退団へ(スポーツニッポン2009年11月17日)
ロッテのブライアン・シコースキー投手(35)の今季限りでの退団が17日、確実になった。ロッテが独占的に交渉できた期限の15日までに条件面で折り合わず、球団はこの日、交渉を打ち切ると発表した。シコースキーは来季、メジャー復帰も視野に入れているが、日本でのプレー続行が基本線。18日からは国内の他球団と交渉したい意向だ。今季のシコースキーは中継ぎと抑えをこなして55試合に登板し8勝5敗15セーブ、防御率2・19。日本での8シーズンの通算成績は376試合で35勝28敗25セーブ、防御率は3・15。今季の年俸は7500万円。(金額は推定)
これでシコースキーが横浜に入団したら、エラい事になる。

もしかして、小林雅・薮田ロッテ復帰フラグなのか?

セトヤマンと太いパイプを持つ石川副代表の考える事は、我々のような庶民には解りかねます。

逆に言えば庶民に解らないからロッテなんだけど。かといって「いいぞ、もっとやれ」とは決して口にできない。つくづくロッテは人を選ぶ球団だ。

「続きを読む」以降は「てぎゅてぎゅにしてやんよ」

日本球界をステップにメジャー移籍した選手って、サムソン・リーぐらいしかいないんだよね・・・。国民的打者さんも「生涯巨人軍宣言」をしたばかりですし・・・。高い目標を持って取り組むのは非常に素晴らしいと思います。
日本をステップに…金泰均さっそくメジャー志望(スポーツニッポン2009年11月17日)
ロッテが獲得したWBC韓国代表4番、金泰均(キム・テギュン)内野手(27)が16日、千葉市内のホテルで入団会見を行い、将来のメジャー挑戦を目標に掲げたると同時に、韓国時代からあこがれていたという井口資仁内野手(34)への“弟子入り”を志願した。「ダイエー時代から好きだった。当時から韓国の雑誌にも特集が載っていて、技術面、精神面を参考にしてきた。(来年は)早めに来日して合同自主トレをしたい」。前夜はその井口らと都内で寿司など日本食を堪能。野球談議にも花を咲かせた。今季チーム最多73試合で4番を務め、メジャーで世界一も経験している井口はあこがれの存在。ロッテとの契約にメジャー挑戦の特約条項はないが、井口とは来季クリーンアップを組むのが確実。4番の心得、メジャー挑戦の心得を吸収すべく、積極的にコミュニケーションを図りたい考えがあるのは当然だろう。
この記事を読む限り、金泰均は井口がロッテにいるから入団したと言っても過言ではないですね。さっそく、井口と食事会。

こちらでは自主トレの話も出たそうです。
金泰均がロッテ入団会見「井口に学ぶ」(日刊スポーツ2009年11月17日)
あこがれの人との対面は、15日夜に早くも実現した。都内のすし店で会食し「慌てずゆっくり準備すれば大丈夫、と言われた」と笑顔で話した。井口が毎年1月に沖縄・名護で行っている自主トレにも参加を熱望した。「井口さんから誘いがあったので、行く予定です。早めに日本に戻ってきたい」と、来春キャンプ前から一挙手一投足を吸収するつもりだ。井口も歓迎した。「メジャーに行ってもおかしくない選手。一緒にプレーするのが楽しみです」と話した。【鳥谷越直子】
とにかくやる気が伝わってきます。さて、スポニチにはこんな記事が。
<ファンにお願い、愛称つけて!>金泰均が愛称をファンから公募する。韓国時代は多くのニックネームがあり、お気に入りだったのが「金、疾走」を意味する「キム・チルチュ」。1メートル84、100キロの巨漢に似合わず俊敏な動きもアピールポイントだったそうだが「意外と速く走るから韓国ではいろいろな愛称で愛されたけど、こだわりはない。日本の、ロッテのファンがつけてくれれば、それが一番いい」と語った。
 愛称「てぎゅてぎゅにしてやんよ」

重光武雄オーナーは神(リアルに)
金獲得のウラに重光オーナーの怒号(東京スポーツ2009年11月17日より抜粋)
「韓国人選手を絶対に獲らなくてはいけない事情があった」(ロッテ関係者)。それは重光武雄オーナー(87)の存在。「実はここ数年、重光オーナーから球団の上層部に“何としても韓国の選手を獲れ!”という指令が出ていたんです」。ロッテは韓国で事業を展開しており、そうした韓国ロッテの営業面からも、韓国人選手を日本のロッテに入団させる必要があったという。しかし、タイミングなどもあって巨人に移籍したイ・スンヨプ内野手(33)以来、ここまで韓国人選手を獲得できずにいた。すると今年になって「重光オーナーが“なんで獲らないんだ!”と怒ったらしい」(同関係者)。そこからフロントが目の色を変えたことは想像に難くない。獲得の裏には、そんな事情もあったのだ。


金泰均は超モテモテ
女優ワン・ジヘ <千葉ロッテ>キム・テギュン選手と熱愛中(WoW!Korea2009年11月18日)
日本のプロ野球チーム<千葉ロッテマリーンズ>に入団したキム・テギュン選手(金泰均/27)と韓国ドラマ『チング〜愛と友情の絆〜』に出演した女優ワン・ジヘ(23)が交際中であることがわかった。ワン・ジヘの所属事務所<スターパークエンターテインメント>は18日、「2人が親しい間柄であることは事実。2人は昨夏、知人の紹介で出会い食事などを重ねてきた」と伝えた。今年3月、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で4番バッターとして活躍したキム・テギュン選手は最近、<千葉ロッテマリーンズ>と3年契約を結んだ。契約金1億円、年俸1億5000万円など5億5000万円で契約。オプション契約の協議中であるとされ、総額7億円を超える見通しだ。一方のワン・ジヘは、今年8月に終了した『チング〜愛と友情の絆〜』でヒロインを演じ注目を浴びた。また、16日にクランクアップした映画『食客2』にも出演している。


塀内は神(願望)
背番号変更のお知らせ(2009年11月16日)
塀内選手の背番号が「52」から「16」へ変更となりましたのでお知らせします。
塀内選手コメント
「いくつか候補がある中から選ばせてもらいました。特に理由はないですが、第一印象でこの番号がいいと思いました。背番号も若くなり、気分一新して来年は頑張りたいと思います。」
特に理由はないけど、「打撃の神様」川上哲治と同じ背番号。塀内は神になる。間違ってもも「ネタが降臨する神」ではないはず。(それはそれでシャーマンキングだが)
posted by 雷庵博人 at 17:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「特に理由はないですが」フイタwまあこれで塀内の憑き物が落ちてくれればと願っとります。
Posted by ふうけもん at 2009年11月18日 21:24
>>ふうけもんさん
字面だけ見るとエリカ様の「別に」「特にないです」と大差ないのですが、塀内が言うとなんともいえない味わいがあります。

塀内2010プロジェクト(いい意味で)がここから始まります。
Posted by 雷庵博人 at 2009年11月18日 21:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック