2009年10月22日

森本稀哲選手の結婚宣言

「うわあ…これは結婚宣言ですね。なんだこれは…たまげたなあ。」

「続きを読む」以降は性的描写が含まれるので18歳未未満の方のクリックはご遠慮下さい。

拙ブログは「ネタブログ」です。その事を踏まえたうえでクリックして下さい。

「お前初めてかここは? 力抜けよ」



東京スポーツ2009年10月22日発売より引用
ひちょりこの男と「結婚します」
パ・リーグのCS第2ステージ第一戦は、日本ハムが楽天に9-8でサヨナラ価値した。土壇場9回裏に飛び出したターメル・スレッジ外野手(32)の奇跡のサヨナラ満塁本塁打の裏には、あのお祭り男がプレーボール直前に披露した仰天パフォーマンスがあった。(中略)逆転サヨナラ満塁本塁打は日本シリーズ、プレーオフ、CSなどポストシーズンでは史上初の快挙。千葉記者は「球史に残るドラマチックな劇打は、生まれるべくして生まれたのかもしれない」とつぶやいた。試合開始直前にナインのムードを高揚させる出来事があったからだ。

 日本ハムのスタメン9人は守備位置につく前にマウンド後方に集合し、円陣を組んだ。緊張感が漂うが、ムードメーカーの森本稀哲外野手(28)がいきなり「12月に入籍するんです」と結婚宣言した。
 
 きょとんとするナインを横目に、森本はいたずら心たっぷりの笑みを浮かべながら「相手はこの人なんです」と1枚の写真を差し出す。その人物はなんと、過去に“二刀流”と誤解された事があるチームメイトの多田野数人投手(29)だった。

 このタブーぎりぎりのパフォーマンスでナインは一気にリラックス。田中賢介内野手(28)は「ひちょりさんが自虐的な下ネタっぽい話をしていたんです」と苦笑いしながら森本に脱帽。もちろん陰のヒーローとなった多田野に感謝しきりだった。
アッー!
posted by 雷庵博人 at 18:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヒチョリ,すばらしいね。組織の中のコミュニケーションってものがわかってる。某勝間より売れるビジネス書が書けますね。ジョークにしてもらえたら,多田野選手もようやく水に流せたって感じでしょうか。

レポ:以上,湾岸署前からでした。
アナ:さて,薬といえばナオコさんですが,研さんは今回の事件,どのようにお考えですか?

みたいなのはないですもんねぇ。


Posted by hontaka at 2009年10月22日 21:01
>>hontakaさん
ファイターズは北海道移籍元年にSHINJYO選手を獲得したのは大きいですね。SHINJYO選手の「エンジョイ」が今でも受け継がれています。特にひちょり選手にはエンターテイメントが強く引き継がれているようで。

現役プロ野球選手も2ちゃんねらーも発想は同じってのが今回は面白かったです。多田野=アッー!。

>>レポ:以上,湾岸署前からでした。
>>アナ:さて,薬といえばナオコさんですが,研さんは今回の事件,どのようにお考えですか?
清水健太郎も田代まさしもスタンバイを始めたようですwそして田原。
Posted by 雷庵博人 at 2009年10月24日 06:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/387814218
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック