2009年08月06日

サラリーマンナイト7(2009年8月6日)

090806_214453.jpg広岡先生、野球がしたいです。

2009年8月7日に西武ドームにて行われた「サラリーマンナイト7」の体験レポートをお送りいたします。

主役は広岡達郎先生
hirooka 3.jpg


開放された西武ドーム。サラリーマンナイトは大人向きのイベントなのだが、外野でキャッチボールをするのは大半が子供。

まずは広岡達郎先生による「正しいスナップスロー」講座が行われる。「スナップスローは手首を外側→内側とぐにゃぐにゃ動かすのではなく、手首を固定してピッとスナップを利かせる。ライオンズの中島君はまだこれができていません。(観客大爆笑)」そんな趣旨の話をされる。「上(実際にボールを投げる)、横
(実際にボールを投げる)、下(実際にボールを投げる)。これを何気ない時にも繰り返すと上達します」そんな趣旨の話をされる。

素人相手に「自称・77歳で孫が6人いるじいさん」が熱弁を奮う。

広岡氏の「プレイボール」でイベント開始。筆者はサラリーマンノックに参加。かなりの人気で長蛇の列。スーパーカラービジョンにはサラリーマンスピードガンコンテストの様子が映し出される。100キロ越えるボールを投げる人は、きれいなフォームでスムーズに投げる。物事には理由があるさ。

高木大成球団職員が大人にノックを打つ。無論、正面のイージーゴロだ。ボールをグラブに収め、ホームにいる球団職員に返球する。構えたミットにバチッと決まれば、高木大成球団職員や広岡先生から「ナイスプレー!」「ナイススロー!」と声がかかる。

ノックが終わった観客は広岡先生と握手を行う。その際、「スナップ上手だね」「ちょっと焦ったかな」などと声かけを行う。「こうやって投げるんですか?」と身振りで聞く観客に熱心にスナップスローを教授する広岡先生。素人相手に「自称・77歳で孫が6人いるじいさん」が熱弁を奮う。

さて、筆者の番だ。高木大成球団職員のノックを酒井忠晴のイメージで捕球。小坂誠のイメージで送球。あくまでイメージですw。

そして広岡先生と握手「ありがとうございます」と直接話しかけた。

すげー、夢みたい。

東尾シンパが広岡先生と握手するなんてw

「その時歴史が動いた」ぐらいの物凄いインパクト。

最後は広岡先生と高木大成球団職員を囲んで記念撮影。すばらしいイベントでした。


拝啓広岡達郎。
あなたがロッテから去り随分経ちますが
まだまだロッテは未熟な組織で
プロ野球ではありません
僕があなたを評価する時は
フリオ・フランコと同じように
あなたはロッテにいませんでしたね

広岡達郎 あのダサイおじさん
広岡達郎 バカな海軍主義者
広岡達郎 長髪認めてない人
広岡達郎 あの理想家だ

広岡達郎 
今見る気がしないとか言ってた三、四年前
管理野球を無視することで 何か新しいものを探そうとした

そして今ナツメロのように 聴くあなたの声はとても優しい
目の前から流れてくる あなたの声はとても優しい

拝啓、広岡達郎

そして、今ナツメロのように

目の前から流れてくる あなたの声はとても優しい

拝啓、広岡達郎

あなたの声はとても優しい

拝啓、広岡達郎

あなたの声はとても優しいよ

hirooka 1.jpghirooka 2.jpg

広岡語録
「髪の長い選手には天罰が下る」
「巨人を倒す為に勉強してきた」


posted by 雷庵博人 at 21:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 我等のパシフィックリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サラリーマンな日、楽しかったようで何よりです。そ〜かぁ…ヒローカさんかぁ…
…んー。実は実父がカッコで同じよーな年代でして、色々若い頃のハナシは聞いております。ついでに叔父がガッコで同期なのは近藤アキヒトさんで、これも色々ハナシを聞いております。
今度、所沢ででも、直でネタ進呈しに伺うでありますです〜
みの@インドネシア帰り拝
Posted by みの at 2009年08月08日 19:01
>>みのさん
ヒロオカ先生は若い頃から逸話の多い方だそうで・・・。

西武ドームでは「やきゅウーマンナイト」という女子限定イベントも面白いですよ。
Posted by 雷庵博人 at 2009年08月09日 08:59
カネやんやら、ボビーなんかに踊らされて、なんぼの無脊椎なチームですからね… 今はただの仲良しグループです… ベンチでは殴り合いをしかねない空気を孕んでいても、やかんに酒で象徴させるような、監督を敵役にしてでも、グラウンドではプロらしいまとまりを見せてくれるチームにならんですかね…
Posted by g.t. at 2009年08月09日 20:04
>>g.t.さん
そう考えると、ボビーがロッテに残した遺産って何でしょうね「野球を楽しめ」だけ?

だとしたら、淋しいですね。

>>監督を敵役にしてでも、グラウンドではプロらしいまとまりを見せてくれるチームにならんですかね
その秘訣はヒロオカ先生か森マチャアキ先生にしかw
Posted by 雷庵博人 at 2009年08月10日 21:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/387814129
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック