2009年06月12日

雷庵博人vs通信カラオケ(2009年06月12日)

久し振りに「ひとりカラオケ」に行ってきました。
めい一杯歌い倒しました。


歌った曲リスト
さだまさし
風に立つライオン
天然色の化石(2006バージョン)
飛梅
遥かなるクリスマス
私は犬になりたい(¥490シングルバージョン)

中島みゆき
命のリレー
永遠の嘘をついてくれ
重き荷を負いて
ファイト!

吉田拓郎
唇をかみしめて
人生を語らず
落陽

BARBEE BOYS
C'm'on Let's go!

いきものがかり
ブルーバード

東京事変
スーパースター

つボイノリオ
燃えよドラゴンズ! 2007 日本一記念盤

MEGA STOPPER
SKY

松崎しげる
地平を駆ける獅子をみた

一青窈
影踏み
ハナミズキ

THE BLUE HEARTS
人にやさしく

渡辺美里
10years

wink
トゥインクル トゥインクル

電気グルーヴ
富士山

ビートたけし
浅草キッド

真心ブラザーズ
拝啓ジョン・レノン

泉谷しげる
春夏秋冬

RCサクセション
雨上がりの夜空に

谷村新司・加山雄三
サライ

エンディングはサライ。これは譲れないオレ流。

関連記事
渡辺美里の10yearsを聞くと思い出す事
posted by 雷庵博人 at 19:22| Comment(8) | TrackBack(0) | 博人の音楽は世界だ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も1度やったことがあります。一人カラオケ。
唄いながら次の曲のコードを探すのが面倒ですね。
人に聞かせる必要は無いことに気がついて途中からマイクを使うのを止めました。
エンディングのサライって選曲は最高っすね。

お邪魔かも知れないが私のも書いておきます。
三波春夫・・・元禄名槍譜俵星玄蕃(超難曲)
軍歌・・・燃ゆる大空
中島みゆき・・・旅人の歌
村田英雄・・・無法松の一生
応援歌・・・ビクトリーマーチ(BW時代のオリックス)
青江三奈・・・伊勢佐木町ブルース
坂本冬美・・・祝い酒

Posted by 代走飯島 at 2009年06月12日 20:31
>>代走飯島さん
なかなか個性的なラインアップですね。

>>元禄名槍譜俵星玄蕃
これ、メチャクチャ難しい曲ですよね。
Posted by 雷庵博人 at 2009年06月13日 08:21
雷庵さんもひとりカラオケ行かれるんですね。私も時々行きます。今回のカラオケの結果はいかがでしたか?
Posted by takabou at 2009年06月13日 16:34
>>takabouさん
採点機能を使わないので、結果は分からないです。
気が済むまで歌ったという事で。
Posted by 雷庵博人 at 2009年06月14日 08:02
いいですねぇ。

春夏秋冬。
はじめて聴いた時に、
一瞬にして好きになったうた。



1人カラオケってどうでした?
結構楽しいものかな?

最近は、料理してるときとか、
洗濯ものたたんでるときとか、
お風呂はいってるときぐらいしか、
歌わなくなっちゃいましたー。

Posted by ange at 2009年06月14日 19:38
>>angeさん
1人カラオケのメリットは「人の歌を聞かなくていい」ってことですw。

お解り頂けましたでしょうか?

>>>春夏秋冬
これはもう最高に名曲。
Posted by 雷庵博人 at 2009年06月14日 20:24
さだまさし編の選曲は、しっとり調なのに情熱的な曲ばかりですね。
「天然色の化石」もあえて「2006バージョン」を持ってくるあたりなど見事です。
「飛梅」は、まだ梅ヶ枝餅の熱さが残ってるかのようですね(笑)
僕もそろそろ「さだシバリひとりカラオケ」をやろうかと画策中。
Posted by いけP at 2009年06月16日 00:58
>>いけPさん
いけPさん、まいど!

>>さだまさし編の選曲は、しっとり調なのに情熱的な曲ばかりですね。
唄いたくなるのが、情熱系と言うか「呪い系」ばかりでw「遥かなるクリスマス」なんか、子供が聞いたら絶対にトラウマになる。

>>飛梅
「飛梅」を聞いて太宰府天満宮に行くとまさに、デジャブ。「これが『三つの赤い橋!』一つ目が過去で二つ目が今」みたいな。

結局、二人は別れたのに、サビが盛り上がるという「さだワールド」w。マリンバが特に盛り上がる。

>>さだしばりカラオケ
すごい消耗しそうですね。体力も精神力も。

♪でも味噌汁付かない〜
Posted by 雷庵博人 at 2009年06月17日 12:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック