2008年12月24日

今夜は伊武(2008年)

「いいか、このブログな、盗聴されてんだぞ!お前らそこにいると全員ヤバイんだよ!」

というわけで、こなさんみんばんわ。

毎年12月24日は伊武の日という事で、スネークマンショーや伊武雅刀さんをテーマに記述しておるのですが、今年はこの話題。


「いのちを大切にしよう」山梨県テレビCMオンエアします!
山梨県は多様な広報手段を効果的に用いて、県民の皆様にわかりやすく県政情報を提供するため、「テレビCMによる広報」を実施しています。今回は12月15日(月)から2週間、「いのちを大切にしよう」自殺防止の推進CMを放送します。思い悩んでいることも誰かに話すことで解決の糸口が見つかるかもしれません。ご家族や周りの方、または相談機関に話す勇気を持ってください。
自殺予防推進CM「いのちを大切にしよう」
平成20年度 山梨県テレビCM  メイキング情報 vol.1
さて、テレビCM制作にあたっては、企画コンペが行われ、参加企業から、さまざまな提案がなされました。その中から今回採用となったのは、書家 相田みつをさんの書と、タレント 伊武雅刀さんの語りというダブルネームで、目から、耳から伝えるメッセージCMです。ナレーションの収録は、先月東京某所にて行われました。伊武さんは、入念な打ち合わせ後、相田みつをさんの詩をじっくりと確かめ、収録に臨みました。そのやさしく、深みのある声に乗って相田さんの詩が語られます。
スネークマンから啓発CMまで。
ジェットストリームからジェットストリップまで
鵜飼教授からカノッサの屈辱まで

伊武雅刀はすごいよ。

つい20年前に「セモのホックル」「子供達をせめないで」をやっていた人とは思えない。

怪優という言葉が良く似合う。

参考文献
スネークマンショー ファンサイト
伊武雅刀オフィシャルサイト




posted by 雷庵博人 at 21:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 今夜は伊武雅刀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに。“なんきんにいったのです”“こゆくてかまるのです”(以下自粛)には顔筋と腹筋を随分と鍛えて戴いたものです。
もうやってくれないものか…。
まさに怪優ですね。
Posted by 中林20系 at 2008年12月25日 16:12
>>中林20系さん
スネークマンショーを超えるコントを書きたいのが私の夢なのですが、その夢はかなえられそうにないですね。スネークマンショーはもう神コントの連続で、クリスタルでありナイスミドルでもある、しかもクリスタルな雷庵博人でもスネークマンショーの前には「あいてて良かった」とひれ伏すのみです。

ジャンキー大山のあのシリーズは「きつに じもちがいい」ですね。

伊武さんは分野は違いますが、三輪明宏先生同様「怪物的」な表現力の持ち主だと私は思います。まさしく怪優。
Posted by 雷庵博人 at 2008年12月25日 21:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/387813840
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック