2008年05月18日

大神雄子選手がWNBAデビュー

まさかロースターに残ると思わなかった。
シン(大神選手の愛称)には失礼だけど、田伏勇太ですらまるでダメだったからPGでは厳しいと思ったけど、シンは大したものだ。無論JOMOのバックアップがあっての快挙でしょうけど、本人も頑張ったと思います。

文字通り毎日がスペシャル。貴重な経験を積むシンの凱旋帰国(最初は北京五輪の予選でしょうか?)が今から楽しみです。

WNBAプレーヤーが柏市中央体育館船橋アリーナで普通にプレーすると思うと、いつもと替わらず、吉田救世主様亜沙美選手や田中二代目エース利佳選手とプレーすると思うと。wktk以外に言葉が見つかりません。

チーム券ではなく、有料でチケットを購入する人が増え、女子バスケブームが来ればと思います。

大神WNBAデビュー 開幕戦で4得点(スポニチ5月18日)

posted by 雷庵博人 at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 信じて走れ!Wリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大神選手、快挙ですね!
普段、バスケをあまり見ないのですが、
日本人がアメリカのプロバスケで活躍することが
いかに大変かということを考えると、
もっとマスコミは大きく取り上げてもいいと思います。
Posted by knob at 2008年05月18日 22:59
>>knobさん
ありがとうございます。おっしゃる通りサイズで見劣る日本人がバスケで活躍するのは本当に凄い事だと思いいます。

大神選手の凄さは生で見るとより実感できますよ。
Posted by 雷庵博人 at 2008年05月20日 21:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック