2008年02月10日

●セコム3-10 ワールド○

080210_123007.jpg秩父宮ラグビー場

試合終了
●セコム3-10ワールド○
前半 3-7
後半 0-3

チャンスでトライを奪えなかった。
残念

来シーズンもイーストです。

雪で足元が悪いんだから、FWでゴリゴリ押した方が良かったんじゃねぇ?なにもバックスでボール回さなくてもという意見を持ちましたが、それ以前のゲーム内容です。無策すぎます。

開始早々のPGを長井が外したとき「『あのPGが決まっていれば』って試合になるんじゃねえの」と囁きあっていましたがそういう試合になってしまいました。

ゴール裏(神宮球場側)に陣取り応援。後半ロスタイム、セコム自陣からのプレイ。ラストチャンス、フィールドの左側にいる鈴木貴士に「貴士!お前が決めろ、お前しかいない」と叫んだ観戦仲間。貴士はバックスタンドの我々の方を向き、小さくうなづいた。「いける、このチームはまだ闘える」

バックスで展開、最後の最後。貴士にボールが渡る。しかし、トップスピードに乗る前、しかも対面に敵が待ち構えている状態では勝負できない。

タックルされてボールを奪われてしまう。そしてノーサイド。悔しい負け方。

正直、今日のワールでのデキなら勝って当然。こっちのデキが最悪だった。

来シーズンは三菱重工相模原、リコーが降格する。(IBMにも降格の可能性があります)今シーズンよりもライバルが多い。大丈夫か。

可能性がある以上、トップリーグにチャレンジし続ける。(試合後に現在東海大監督に転進した加藤尋久氏にもう一回監督をお願いしてはどうか?という意見が出た、自分はアパヌイに戻ってきて欲しい)
posted by 雷庵博人 at 13:57| Comment(4) | TrackBack(0) | ラガッツ・バックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
応援&観戦お疲れさまでした。セコムラガッツさん残念でした。あの雪の、おそらく足元はずるずるだろう悪コンディションの中、特にスクラムはよく頑張っていたように思いましたが…「どうしてあそこまで行ってトライに出来ないの?」と、同道したラ式生観戦二回目の女子の知人が何度も何度も不思議がっていました。来シーズンは女子の胸をときめかせる試合を是非是非期待致します。
近鉄の方は33年ぶり(!)の日本選手権出場まで決めてしまい「去年のあのしんどさトホホさ加減は一体どこへ」…でした。除雪車も無いのに結構飛ばす近鉄の快足電車が居たり。ただ、横河電機さんがかなり調子を落としていたように思い、浮かれた気分にはならなかったのが自分でも謎でした。
兎に角、悪コンディションの中、戦った4チーム全ての選手に拍手したいと思います。
みの拝
Posted by みの at 2008年02月11日 17:00
>>みのさま
お疲れ様です。
FW戦でこっちが押していただけに、もう少しどうにかならないものかと正直思います。

>>「どうしてあそこまで行ってトライに出来ないの?」
セコムはラグビー界のロッテ。
そうご説明頂ければ幸いです。

近鉄さん、日本選手権出場おめでとうございます。相手は慶応義塾さんですね。頑張って下さい。
専修大OBの方が近鉄の田中優介はいい選手だと仰っていました。
Posted by 雷庵博人 at 2008年02月11日 21:11
観戦お疲れ様でした。
1トライも奪えなかったのはラガッツにとって
痛かったですね。
ラグビーには疎いのですが、2部生活が長いと
選手の立ち振る舞いまで2部の選手の振る舞いに
なってしまうとサッカーの世界でもよく言われます。
ラガッツの選手たちには「2部体質」から脱して
来季こそはトップリーグ昇格を決めてもらいたいものですね。

Posted by knob at 2008年02月12日 22:22
>>knobさん
結果に関しては残念の一言です。

>>2部慣れ
練習試合でトップリーグの強豪とも試合をしているので、選手たちにそういった意識はないとは思うのですが、結果が伴わなければそう指摘されるのも仕方ないですね。

トップリーグは「プロ契約選手『も』出場できる」リーグです。つまり、全選手がプロではないのです。ラガッツは外国人を除き、全選手が「会社員」つまり練習よりも社業優先。しかし、アマチュアイズムが良しとされるラグビー界にあって、プロ契約選手がいないトップリーグのチームは九州電力ぐらい。あとはもう「プロ契約選手」ばかり。差がつくのは必然です。JFLのホンダFCのようにアマチュアイズムを貫くのか、それともプロ契約選手を容認するのか、それはもう株式会社セコム次第です。どうなっても山賀や貴士がいる限りは応援し続けます。
Posted by 雷庵博人 at 2008年02月13日 21:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/387813492
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック