2007年09月17日

あなたは戦国武将でいうと誰?

今話題の「あなたは戦国武将でいうと誰?」にさっそく挑戦してみました。

「戦国武将でいうと誰?」(゚∀゚)人(゚∀゚)ナカーマ
やぁやぁ我こそはっ!!!!!!!!!(Ange。さんのブログ)
あなたは戦国武将でいうと誰?(ニュータイプの作り方)

●武力:65点 [よくできました]
あなたの武力です。この値が高いほどあなたは敵をなぎ倒していき、戦闘で能力を発揮できます。現在でも愛する人を怪しい人から守るなどの時に役立つことでしょう。
●知力:75点 [よくできました]
あなたの知力です。この値が高いほど頭がいいことになります。戦闘で仲間の損害を最小限に抑え、相手の損害を大きくすることができます。現在では、有名大学に入って、一流企業に入るもよし学者となって、後世にまで受け継がれるような研究を行っても良いことでしょう。
●魅力:65点 [よくできました]
あなたの性格の良さです。この値が高いほど、周りの人の喜びを常に考える性格のいい人であるということです。
●政治力:85点 [すばらしい]
あなたの政治力です。戦国の世でのし上がっていく為には、朝廷や他勢力といかに交渉するかも大事です。この値が高いほど、あなたは自分の会社などで勢力を持ち、出世していくことができることでしょう。
●才能:65点 [よくできました]
音楽ができるとか人を笑わせるとか、ちょっと個性的な才能。秀吉が天下をとることができたのも個性的な才能を十分発揮することができたからでしょう。
えらいパラメーターが高いなぁ。そして、戦国武将では誰なのかというと
あなたは北条氏康に似ています。北条氏康の戦略手法は、三国志の時代、呉の柱石と称された名将陸遜の戦略と酷似している。最初はへりくだって敵を油断させ、もしくは長陣に疲れさせて、突如急襲。滅してしまうのを手段とした。武略のみならず、民治に非凡な才能を発揮した点でも共通している。あるいは、中庸を好んだ人格者が、兵略に通暁した場合の一典型なのかもしれない。そうした氏康の資質は、家督後まもない一五四六年四月の河越夜戦で早くも開花した。一五四一年、北条氏網が死んで若い氏康が当主となると、反北条勢力は好機来るとばかりに大軍を催し、北条方の河越城を包囲した。配下の将が早期救援を叫ぶ中、氏康は「いっさん戦ってもかない難し。謀あるべし」と、和睦交渉に没頭。敵方の諸将も氏康がいつまでたっても歯向かってこず、和解ばかりせがむので「氏康恐るに足りず」の感を強くする。これぞ氏康の望むところであった風魔乱破の報告で、機は熟せりと見て取った氏康は、手勢を率いて河越に急行。電光石火の夜襲をしかけて、十倍の敵を滅した。待つべきは待ち、守るべきは守り、機に臨んで応変す。氏康戦法の真骨頂である
ミツウロコ・キタコレ!
いやー、小田原を本拠に関八州を統治した北条氏康なんて最高です。武蔵国を統治した北条家。その最も優れた武将です。

そういえば「信長の野望・武将風雲録」では北条氏康でプレイしてるんですよ。
posted by 雷庵博人 at 20:52| Comment(3) | TrackBack(1) | バトン一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
北条氏康かぁ・・・
すげーな、カコイイ♪

自分もやってみよっと。
Posted by Ange。 at 2007年09月20日 00:06
初めまして。1ststepと申します。
Ange。さんのところからお邪魔しました(^^)

私もやってみたのですが、あまりに良い結果に浮かれております♪
Posted by 1ststep at 2007年09月20日 13:05
>>Ange。さん
正直、自分も「すげーな、カコイイ♪」と思った。
大友宗麟って全盛期は「筑前・筑後・豊前・豊後・肥前・肥後の6カ国の守護職」で「日向・伊予のそpれぞれ半分を支配」したんだから「すげーな、カコイイ♪」と思った。

>>1ststepさん
初コメントありがとうございます。今後とも当ブログをご愛顧の程を!
半兵衛って「わが道を行くだけです。褒美とか領地とかどうでもいいです。 でも、浮世ばなれしたマニヤックさを理解してもらえれば、仕えます。美濃三人衆を手土産に」っていう姿勢が素晴らしいですね。
Posted by 雷庵博人 at 2007年09月20日 23:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/387813281
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

三日月に咆える。
Excerpt:  今日はお月様がお綺麗ですねぇ~とさりげなくなのか豪快になのか判らない事から書き始めてみましたが、昨晩の夜勤当直勤務の影響ってやはり大きくて、今日一日ぼんやりとした景色の中にまどろんでいた気が致します..
Weblog: うどんかそばか初芝か
Tracked: 2007-09-18 22:59