2006年02月21日

「競馬ファンの経験値」

以前、小馬太郎兵衛さん(小馬太郎兵衛@タコのイカ踊りぃっ!!絶賛運営中です)に「良かったらやってみませんか?」とお勧めして下さった事を今更ながら思い出しました。遅くなりまして申し訳ございません。早速取り掛かりたいと思います。
万馬券 ○
04年マイルCSの三連単を的中させました。

応援幕 ×
そこまで熱心ではありません。

ゴール前で紙吹雪×
競馬文化を冒涜する行為だと思います。

場所取り ×
定位置を決めず、パドッグやスタンドを徘徊するのが好きです。

開門ダッシュ ×
上がり3ハロン36.0で走ったものです。(ウソ)

徹夜 ×
布団で寝るのが私の唯一の趣味です。

大口払い戻し ×
漢のロマンですね。憧れます。

PAT ○
大好きです。

馬吉 ×
落語家さん?

ペーパーオーナー ○
以前、「ファンファーレ」でサニーブライアンを、「サラブレ」でネオユニヴァースとラントゥザフリーズを指名したことがあります。

共同オーナー ×
シチーは一口(共有)だから該当しないよね?

単独オーナー ×
くりげ君さんにこれまで以上に良い競馬が訪れる事を心よりお祈り申し上げます。

競馬場でオフ ×
友達と行くことはあるけど、オフはないなぁ。

競馬場で迷子 ×
東京競馬場が改修した時は、別の場所のようで、迷子になりそうな予感がありました。

競馬場でデート ×
鉄火場でデートをするほど恥知らずではありません。寺山修司で育ったものですから。

競馬場で運命の出会い ○
昔、東京競馬場の新馬戦のパドッグで、アサヒシーマという馬に一目惚れした事があります。しかも、その馬は見事に差し切り勝ち!しかし、いい事はいつまでも続きません。アサヒシーマ、勝ったのはたったの1回。つまり、最初で最後の勝利を見て一目惚れ。そりゃ、財布の中身も心もロンリーチャップリンだっちゅーの。

指定席 ○
東京競馬場のC指定。

牧場見学 ×
メジロライアンに会いたいです。

日本ダービー生観戦 ○
アイネスフウジンの時とタヤスツヨシの時にいました。アイネスフウジンの時、回りが「中野コール」する中「馬が驚いて放馬したらどうするんだ!」と怒っていました。

外国で競馬観戦 ×
香港は行ってみたいような気がする。

ばんえい競馬 ×
一度経験したいですね。馬と一緒にゴールを目指して歩く感覚を。

ウインズ ○
A−PAT加入前は毎週のように行っていました。
主戦場は立川です。
出身校は大原です。(ウソ)

競馬雑誌 ○
以前は「競馬王」を毎月購入していました。

ジョッキーにサインをもらう ×
別に欲しいと思わないんですよね。それよりも「サイン馬券」の方が・・・。

競馬関連グッズ ○
オグリキャップのぬいぐるみを購入したことがあります。

オケラ ×
さすがに電車賃は残しました。

ハンドルネームやペンネームが競馬関連 ○
「らいあんひろと」だもの。

ホームページやブログが競馬関連 △
競馬の記事も書くので×ではないし、競馬専門ではないので○でもないし。

ハルウララ 馬は○ 安西は×
いつ引退するのでしょうか?

スーパーオトメ △
実際には見たことは無いですが、新聞記事で読んだことがあります。

シンザン △
現役時代には生まれていない。ミホシンザンの現役当時は競馬ファンではない。しかし、マイシンザン現役当時は競馬ファンだった。マイシンザンの末脚、まさにナタの切れ味。シンザンの血統がこのまま途絶えてしまうのは勿体無いですね。

ディープインパクトの単勝馬券 ×
馬券をオークションにかけて、小遣い稼ぎというのはあまり好きではありません。馬券は払い戻してこそ、ギャンブラーの本懐。

オグリキャップ ◎
この馬がいたから競馬ファンになった。引退レースの単勝馬券は未だに宝物です。ちなみに、初めて競馬場で見たレースはオグリが6着に負けた天皇賞(秋)。マイルCS・ジャパンカップ・有馬記念。今見ても鳥肌が立ちます。

ライスシャワー ○
競馬の決まり手に初めて「マーク」を使いたくなった馬です。全盛期の井上茂徳・小橋正義レベル。

ナリタブライアン ◎
1頭だけ大外ぶん回しで勝ったダービーなんか、見ていて腹から笑ったよ。「何だこの馬」って感じで。京都新聞杯でスターマンに負けたのには驚いた。マヤノトップガンとの名勝負(阪神大賞典)も印象深いですね。

馬事公苑 ○
10年ぐらい前に行ったことがあります。

乗馬 ×
馬に馬鹿にされるのが怖いからヤダ。

ファン投票 ○
シチー軍団中心に投票しています。

トレセン ×
谷中助手が案内してくれるのなら行きたい。

(有料の)予想会社 ×
そこまでお金に余裕はありません。

ノミ行為(※違法です) ×
馬券は未成年でも競馬場・WINSで買いましょう(※違法です)

ジョッキー本 ○
本棚を漁ったら「フレッシュ!武豊こんにちは」(報知新聞社刊 報知グラフ’90−1 平成2年6月1日発行)というムックが出て来ました。ヤフオクに出したらいくらになるのだろう。物凄くユタカ騎手が若いです。

サイン馬券 ×
こないだのマッキーマックス買っていないしなぁ。
有馬のマンハッタンンカフェーアメリカンボスも買っていないし。終わってから気付くんじゃ遅いよね。

グリーンチャンネル ×
スカパーを持っていないので無理。

ダビスタ ○
昔はやっていました。「競馬王」も初期は「ダビスタ攻略本」だったし。亀谷の馬体重回転技だっけ?あのインチキ(正確にはソフトのバグをついた裏技)は酷かったな。その後亀谷が「血統ビーム」で血統評論家になるとは夢にも思わなかった。

ウイニングポスト ◎
愛しています!有馬桜子も宝塚菊夫も篠原広美も嵐三太夫も柿崎由紀も竹川雄一も。スーパーシュートもサードステージもメイジガルダンもユーエスエスケープもロシアンルーレットも。そして俺の馬に勝手に「ホニョー」とあだ名を付ける牧童も。

ファイナルハロン ×
何だそれは、関係ない!

メダルゲーム ○
高校・専門学校時代は良くやっていました。セガの馬のフィギュアが「キコキコ」動くゲーム。「大外からファイヤーダンス」(最終レースの本命馬)

着順変更で的中 ×
多分無いと思います。

着順変更ではずれ ○
マイヨジョンヌが函館記念を1着降着した時、外した。
posted by 雷庵博人 at 22:55| Comment(2) | TrackBack(1) | バトン一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご紹介頂いてまことに恐縮です。
「競馬場で運命の出会い」が、馬でOKならば、忘れもしないのが、97年8月の小倉遠征の新馬戦で出会ったアインブライドですかね。出遅れて一まくりでぶっちぎり。新馬なら少々の能力を持った馬だとよくあるケースで、「強い馬がいるなあ」という程度の認識だったのですが、まさかその年の暮れにGTを取る馬になっちゃうとは思いませんでしたねえ。テレビで「吉洋〜!!」と叫びまくっていたのを覚えています。馬券は買ってませんでしたが。
Posted by 小馬太郎兵衛 at 2006年02月22日 19:32
>小馬太郎兵衛さん
どうも、コメントありがとうございます!
こちらこそ、筆が遅くて申し訳ありませんでした。

アインブライドの新馬戦、非常にいいものをご覧になりましたね。重賞級の馬なら新馬戦でも素質の片鱗が伺えますからね。

「競馬は記憶のスポーツ」と言いますが、実際思い出すのは終わってからの方が圧倒的に多いですね。私も同じです。
Posted by 雷庵博人 at 2006年02月22日 21:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

腴狗Μ?????<?潟????薑???
Excerpt: ???腴狗Μ?????<?潟????薑???ゃ?????腱?????????c????????????ゃ??????帥?障???????? 腟??????????????????祉?祉?祉?
Weblog: ???????若?? ???????? ?????????????鴻????若?? (Weblog.Ver)
Tracked: 2006-02-23 01:10