2020年05月29日

第87回日本ダービーの予想

2020年5月31日 東京11レース 第87回日本ダービー

◎コントレイル 〇サリオス ▲ヴェルトライゼンデ

見解
5月29日。東京の空にブルーインパルスが見事な飛行を見せた。医療重視者への敬意を示す飛行である。東京の青空に美しい飛行機雲が残された。まるで、コントレイル(馬名意味・飛行機雲)の優勝の前祝のように。こういうケントク会は以外に侮れない。と、言っても今回のメンバーではコントレイルの実力が抜けている。ここは素直に本命を打つ。相手はサリオス。皐月賞で正直、力の違いを感じるが、他の馬には先着を許さないだろう。一角崩しで狙いたいのは、ヴェルトライゼンデ。皐月賞で本命にした馬なので、改めて狙いたい。ホープフルSでコントレイルの0.2秒差2着に来ている。エンジン性能は遜色ないはず。コントレイルの単勝とヴェルトライゼンデの複勝。これを軸に今年のダービーを楽しみたい。
posted by 雷庵博人 at 17:10| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

第81回オークスの予想

2020年5月24日 東京11レース 第81回オークス

◎スマイルカナ 〇デアリングタクト ▲ミヤマサクラ
△クラヴァシュドール・デゼル・リリーピュアハート

見解
長距離戦は、単騎逃げ。穴を開けるとすればこのタイプ。ハナさえ切れば3戦3勝。スマイルカナは穴で買うのにうってつけだ。他にハナを切る馬はいない。柴田大知騎手が冷静にペースを刻めば、桜花賞で強い勝ち方をしたデアリングタクトを逆転できる。かつて、オークスではイソノルーブルが桜花賞5着からオークスを逃げ切っている。この再現があっても不思議じゃない。
posted by 雷庵博人 at 17:26| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

第15回ヴィクトリアマイルの予想

2020年5月17日 東京11レース 第15回ヴィクトリアマイル

◎ノームコア 〇アーモンドアイ ▲プリモシーン
△ラヴズオンリーユー・サウンドキアラ

見解
ノームコア、クロノジェネシスの姉妹には、馬券で大変にお世話になっている。昨年のこのレース。ノームコアを本命にして単複を取った。当然、今年もノームコアを本命にする。前走の高松宮記念杯は叩き台。着順は全く気にならない。昨年も中山牝馬S7着からの、ヴィクトリアマイル1着。叩き良化型なのだ。今年も単複を購入。
posted by 雷庵博人 at 16:52| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月08日

第25回NHKマイルCの予想

2020年5月10日 東京11レース 第25回NHKマイルC

◎ストーンリッジ 〇レシテンシア ▲サトノインプレッサ
△ルフトシュトローム・ウイングレイテスト・ラインペック

見解
風薫る五月の東京競馬場。鮮やかな緑の芝に「黒、青袖、黄鋸歯形」の勝負服がよく似合う。それもそのはず。金子真人HDの馬は、NHKマイルカップを実に3勝もしている。(クロフネ、キングカメハメハ、ピンクカメオ)。そして今年のNHKマイルカップには2頭の金子馬が出走する。父ディープインパクト、母アパパネの「金子・オブ・ザ・金子」血統の馬で、15着に終わった皐月賞からの巻き返しが期待できる。筆者はもう一頭の金子馬、ストーンリッジに注目する。父ディープインパクト、母クロウキャニオン。兄弟にボレアス、マウントロブソン、カミノタサハラがいる、老舗の金子ブランド。まず、新馬戦に世界のデットーリが騎乗している。それだけ期待の高い馬なのだろう。毎日杯6着が気になるが、これは勝負所の3〜4コーナーで、馬郡に包まれ、コーナーを回るたびにポジションを下げた。その影響だろう。昔の馬券戦術「奇跡のVライン」で言えば、【5・8・6】のポジション取りで、すんなり先行できれば、巻き返せる。あとは松田大作騎手の渾身の一撃を待つ。

関連記事
【NHKマイルC】レース歴代単独トップ3勝 金子真人オーナーのディープ産駒が怖い!皐月賞15着からの大逆転狙うラインベック、激走へ虎視眈々1勝馬ストーンリッジ(スポーツ報知2020年5月8日)
posted by 雷庵博人 at 08:17| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月01日

第161回天皇賞(春)の予想

2020年5月3日’(日) 京都11レース 第161回天皇賞(春)

◎ユーキャンスマイル 〇フィエールマン ▲モズベッロ
△キセキ・ミッキースワロー・ミライヘノツバサ

見解
充実期に入ったキングカメハメハ産駒(系)は勢いが止まる間買い続けろ。これは私の競馬格言だ。これに当てはまるのが、ユーキャンスマイル。昨年の新潟記念を目の覚めるような豪客で快勝すると、G1戦線でも善戦。休み明けの阪神大賞典を快勝。敵はフィエールマン1頭と言える、メンバー構成。代打の浜中騎手の、落ち着いた手綱さばきに期待したい。
posted by 雷庵博人 at 16:29| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする