2016年01月31日

第30回根岸ステークスと第21回シルクロードステークスの予想

東京11レース 第30回根岸ステークス

◎アンズチャン ○モーニン ▲レーザーバレット
△タガノトネール・サクラエール・プロトコル

見解
東京ダート1400はめっぽう走るアンズチャン。ここは単複で勝負。

「続きを読む」以降は第21回シルクロードステークスの予想。続きを読む
posted by 雷庵博人 at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

第57回AJCCと第33回東海ステークスの予想

中山11レース 第57回AJCC

◎ディサイファ ○ライズトゥフェイム ▲ヤマニンボワラクテ
△サトノラーゼン・ステラウインド・マイネルフロスト

見解
G2では能力が一枚上手の◎ディサイファを本命にします。小島太調教師はここを勝ってドバイ遠征を考えているとか。ディサイファのオーナーはドバイのシェイク・モハメド。ここは負けられない一戦ではないでしょうか。対抗は中山金杯で上り3ハロン32.6の瞬発力を見せたライズトゥフェイム。単穴は先行力のあるヤマニンボワラクテ。2着候補はサトノラーゼン、ステラウインド、マイネルフロスト。

個人的にはライズトゥフェイムとヤマニンボワラクテのワイド、2頭軸の3連複が面白いと思います。

「続きを読む」以降は第33回東海ステークスの予想。

続きを読む
posted by 雷庵博人 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

第56回京成杯と第63回日経新春杯の予想

中山11レース 第56回京成杯

◎プロフェット ○ユウチェンジ ▲メートルダール
△マイネルラフレシア・ウムブルフ・プランスシャルマン

見解
昨年の勝ち馬ペルーフは池江泰寿厩舎のハービンジャー産駒。今年も池江泰寿厩舎のハービンジャー産駒、プロフェットが出走する。札幌の新馬戦1着、札幌2歳S2着と力のいる洋芝で実績を残した。函館、札幌で実績を残した馬は中山でも走る。ハービンジャー産駒はコーナー4つの競馬向き。そう決め打ちして本命評価。

「続きを読む」以降は第63回日経新春杯の予想。続きを読む
posted by 雷庵博人 at 08:02| Comment(0) | TrackBack(2) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

第53回愛知杯の予想

中京11レース 第53回愛知杯

◎マキシマムドパリ ○シュンドルボン ▲リーサルウォポン
△アースライズ・ハピネスダンサー・レイヌドネージュ

見解
オークス8着、秋華賞3着とクラッシックで実績のあるマキシマムドパリ。前走1000万下勝ちでハンデ53キロは恵まれた。先行力があり自在に立ち回れるのは、強力な逃げ馬不在のこのメンバーではストロングポイントになる。
posted by 雷庵博人 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

第50回シンザン記念の予想

京都11レース 第50回シンザン記念

第50回シンザン記念

◎レオナルド ○ピースマインド ▲レインボーライン
△ジュエラー・ラルク・アストラルエンブレム

見解
POGで指名したレオナルドを本命に。ただ、スタートで出遅れるのが懸念材料…。終いは長くいい脚を使える。
posted by 雷庵博人 at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

ミカエルシチーが出走予定(2016年1月9日)

1口出資している愛馬、ミカエルシチーが出走予定です。

2016年1月9日 京都7レース 4歳上500万下 ダート1200
ミカエルシチー ルメール騎手

前走はスタートで出遅れ、直線追い込むも2着と惜敗。能力のある所は見せてくれました。ルメール騎手に手綱が戻ります。1着でゴールインして欲しいです。
posted by 雷庵博人 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 傷を舐め合え!シチー軍団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

第65回中山金杯の予想と第54回京都金杯の予想

読者の皆様。新年明けましておめでとうございます。本年も何卒宜しくお願い致します。拙ブログをご愛顧のほどを。

中山11レース 第65回中山金杯

◎ヤマカツエース ○フルーキー ▲スピリッツミノル
△マイネルフロスト・ペルーフ・バロンドゥフォール

見解
自在脚質で立ち回りの上手なヤマカツエースを評価する。トリッキーな中山コースでも対応可能。ハンデか軽かったとはいえ、函館記念3着、札幌記念4着、福島記念1着は芝2000に適性が高い証拠。ここも狙える。穴は単騎逃げのスピリッツミノル。

「続きを読む」以降は第54回京都金杯の予想。
続きを読む
posted by 雷庵博人 at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする