2015年09月27日

DeNAは山本武白士選手を何位で指名するのか

先日「ロッテは山本武白志選手を何位で指名するのか?」という記事を執筆しましたが、ここに来て他球団も山本武白士選手を指名する動きが出てきました。

DeNA、山本功児Jr獲りへ 右の大砲 上位指名の可能性も(スポーツニッポン2015年9月26日)
DeNAが今秋ドラフトへ向けて九州国際大付・山本武白志(むさし)内野手(3年)をリストアップしていることが分かった。球団関係者は「球を遠くへ飛ばす能力が高校生離れしている。プロに入って技術を磨けば大成する素材」と評価。他球団の動向次第では上位指名の可能性もある。山本は1メートル88、89キロの恵まれた体格から繰り出す力強いフルスイングが持ち味で、高校通算24本塁打。今夏の甲子園では大阪偕星学園との2回戦での2打席連続アーチを含む3発を記録した。DeNAは右の長距離砲育成が急務になっている。主軸を担う梶谷、筒香はいずれも左打者。今季138試合を消化してチーム本塁打はリーグトップの105だが、日本人の右打者は白崎の6本塁打が最多と物足りない。父・功児氏(63)と中畑監督の結びつきも深い。75年ドラフトで巨人に同期入団。1軍での活躍を夢見て共に汗を流した。父がかつて監督を務めたロッテなども注目する中、「ハマっ子」の大型内野手を獲得できれば、大砲として育成していく構えだ。

 ◆山本 武白志(やまもと・むさし)1998年(平10)2月17日、神奈川県生まれの17歳。小3から元石川サンダーボルトで野球を始める。中学時代は都筑ジャイアンツボーイズで投手兼4番。九州国際大付では1年秋からレギュラー。今夏福岡大会では投手も務め、甲子園に出場して8強。1メートル88、89キロ。右投げ右打ち。
 中畑監督と山本功児さんは親友なんですよね。
続きを読む
posted by 雷庵博人 at 16:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 野球全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第61回オールカマーの予想と第63回神戸新聞杯の予想

第61回 オールカマー

◎ミトラ ○ヌーヴォレコルト ▲ロゴタイプ
△サトノノブレス・ショウナンパンドラ・マイネルミラノ

見解
オールカマーだけに、セン馬のミトラで勝負だ!オール!カマー!

略してオカマよ!

メイショウカドマツ逃げて、セキショウ、マイネルミラノ、ロゴタイプ、タマモベストプレイ、メイショウナルトが先行策。まずスローの瞬発力勝負にはならないわよ。折り合えば長くいい脚を使える馬で、仕掛けをワンテンポ遅らせ、直線で差しが届くと見たわよー。言うよねぇ。

1月のAJCC2着。オールカマーと同じ中山芝2200とコース実績があるわ。中山コース自体【1100】と得意にしており、鉄砲実績【2020】ならば休み明けでも心配ないさー。

「続きを読む」以降は第63回神戸新聞杯の予想


続きを読む
posted by 雷庵博人 at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

ロッテは山本武白志選手を何位で指名するのか?

今年のドラフトの最大の注目は、「ロッテは山本武白志選手を何位で指名するのか?」でしょう。おそらく他球団は指名しないはずです。なにせ、山本武白志選手は山本功児さんのご子息。山本功児さんといえば、巨人、ロッテで活躍した一塁手。現役引退後は、コーチや監督を歴任。ロッテの歴史に燦然と輝くレジェントなのです。まあ、山本マリーンズ5年間ですべてBクラスだった事には、目をつむりましょう。

ロッテ 九州国際大付・山本を今秋上位指名も 父は元監督(スポーツニッポン2015年8月18日)
夏の甲子園を視察した松本尚樹編成統括は「(指名候補の)リストに入っている」と話した上で「バッティングは高校生離れしたものを持っている」と評価した。ロッテは山本の父・功児氏が現役時代の84〜88年にプレー。99年から5年間は監督も務めた。林信平球団本部長は「縁もありますね」と話し、「甲子園で評価も上がり、(他球団の)指名順位も上がるだろうから当然、うちも上がってくる」と上位指名も視野に入れた。2世球児の話題性もあり、チームは井口、今江を後継する大型内野手に育成したい意向だ。
そう、武白志選手は甲子園で大きく育まれました。3本もホームランを放ったのです。「功児さんのご子息が、甲子園でホームランを3本も打った」。それだけで指名するには十分でしょう。

ロッテのドラフトは、4位指名選手が活躍する傾向が見られますので、2015年のドラフト、ロッテは山本武白志選手を4位で指名してください。
続きを読む
posted by 雷庵博人 at 18:21| Comment(6) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015 ロッテのドラフトを考える(その1)

今年は高校野球が面白かった。連日の熱戦。逆転に次ぐ逆転劇。改めて思います。甲子園球場は高校球児の肥料であり、水であり、光であり、土なのだと。日に日に成長する球児たちを見て、改めて実感します。

仙台育英の佐藤投手、平沢選手。試合を重ねるごとにたくましくなりました。来年は、クリムゾンンレッドのユニフォームを着ているのかな?

なにより「ツーレツ!」(小野塚康之)だったのは、関東一のオコエ瑠偉選手。もう、あの脚、あの守備を見たら「欲しい!」「ウチに来てくれ!」と思わずにはいられません。あとは木のバットで、プロの投げる球を打てるかどうかでしょう。ロッテの松本編成統括が「新庄(剛志)タイプ。スター性がある」とコメントとしていました。陽岱鋼選手と評するたかもいらっしゃいますが、やはりここはSHINJYOでしょう。いや、すごい選手がいたものです。

そして今年の夏はU−18のワールドカップがあり、甲子園のヒーローが日本代表として、世界と戦ったのです。水島新司で言えば、「大甲子園」を実写でやるようなものです。豪華!テレビ朝日で中継があったので、ご覧になった方も多いと思いますが、本当に日本代表はいいチームでした。堀内選手、船曳選手、篠原選手が特によく見えました。伊藤投手、ストレートに威力がありますね。伊藤投手は進学なのでまた4年後。

左腕の東海大相模・小笠原投手、右腕の県岐阜商・高橋投手はドラフト1位候補でしょう。個人的な好みを言えば高橋投手ですね。ロッテが速球派のサウスポーを育てられないからw。というのは冗談としても、高橋投手の無駄のない、きれいなフォーム。ストレート、変化球とも一級品。プロ野球でもエースになれる投手だと思います。1位で指名して、クジが当たったら最高ですね。
続きを読む
posted by 雷庵博人 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

第60回京成杯オータムハンデと第29回セントウルステークスの予想

中山11レース  第60回京成杯オータムハンデ

◎アルマディヴァン ○アルビアーノ ▲スマートオリオン
△シャイニープリンス・ダローネガ・レッドアリオン

見解
1600万下とはいえ、中山1600を上がり34.9の脚を使い差して快勝。その後は低迷したが、軽ハンデ52キロの中京記念で2着と穴を開けると、続き関屋記念は54キロで4着。折り合えば最後に確実に脚の使える馬。今回は53キロとハンデに恵まれた印象。1枠1番を引き、内々で脚をためて馬群をさばいて直線勝負。続きを読む
posted by 雷庵博人 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(3) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

第51回新潟記念の予想

新潟11レース 第51回新潟記念

◎ミュゼスルタン ○マジェスティハーツ ▲メドウラーク
△アヴニールマルシェ・マイネルミラノ

見解
新潟記念の1着賞金は400万円。この4000万円を喉から手が出るほどに欲しい馬主。それはミュゼの高橋仁さんだろう。

「ミュゼプラチナム」に経営不振報道(NETKEIBA.COM みんなのタレこみ)
ネタ元のURL:http://www.huffingtonpost.jp/foresight/jin-corporation_b_8035278.html

「ミュゼ」の冠名で中央・地方に競走馬を所有する高橋仁氏が代表取締役を務める株式会社ジンコーポレーション(脱毛サロン「ミュゼプラチナム」を経営)に経営不振から任意整理へ、という報道がされています。
現時点で会社側からの公式発表はありませんが、仮に報道が事実とした場合、高橋氏の経営責任が問われることは不可避であり、(法人と個人は別とはいえ)所有する競走馬についても譲渡を余儀なくされるのではないかと思われます。高橋氏の所有馬では、ミュゼスルタン(2014年新潟2歳S)が新潟記念に出走を予定しているなど、20頭以上の現役競走馬がいます。各馬の競走生活に悪影響が生じないことを祈ります。
競馬ファンはこの一件をよく知っている。なぜなら、前日発売の最終オッズ(午後5時30分現在)が5日発表され、単勝はミュゼスルタンが5・4倍で1番人気となったからだ。


ほかの馬とは本気度が違う。
posted by 雷庵博人 at 12:28| Comment(2) | TrackBack(1) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする